123番地・パッチー邸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここがへんだよぱっちー一家

パッチー

人物暦
姓は派津 名は血意。字は褌。幼名は黍団子。出没年不明。現在齢は弐拾台
そこら辺の長閑な農村に生を受け、毎日のように農作業に精を出す若者を見て育つ。
盗賊団の首領の従兄弟の嫁の弟の幼馴染で、村の駐在兵士を勤めるほどの父に剣を師事し、齢10の頃には近隣諸村に並ぶもの無きコーラ好きとして名を上げる。

齢15の頃。「俺よりコーラが好きな奴に会いに行く」と書置きを残し出奔。
各地で固尾羅の達人たちと名勝負を繰り広げるも、100年に一度聖地で開催される大驚倒固尾羅祭で伝説を残して後行方不明。
現在も彼の七転八一気を超える飲法は存在しない。
うそです!
ここからは普通に。

朝色の町
齢17の頃。週間ビッグコーラに朝色の町の特集記事が掲載。まさに都市(の)伝説のような内容のゴシップ記事であったが、この記事に惹かれるように彼は数ヵ月後、朝色の町の門戸(結界)を叩く事となる。
現住所は123番地(荒野)。以前は123番地(町内)に住んでいたが、マイ○ル裁判の時の弁護団ばりの活躍をした次男(空に浮かぶあれ)が法の盲点や隅をつついて現住所に家ごと移動し、以降荒野に居を構えている。
住居はいつもどこかしらが壊れている。

職業
本来は盗賊系・狂戦士。なんちゃって歌舞伎系を志し興戦士を名乗る。
興は一興。一興は一驚。面白いものや驚きを最優先する事を名に冠し、シリアスに走らないよう自らを戒めている。

嗜好
コーラが好きで酸の抜けたコーラは微妙。甘いものと美味しい物は正義。

性格
幹竹を縦に割ろうとしたら横に裂けたような性格。面白いか楽しいか微妙か怖いの4択で物事を判断する。

戦闘スタイル
戦闘はパワーだぜ!

口調
一人称は「俺」「自分」、二人称は「~さん・くん」
基本的に丁寧型若者言葉

所属団体
新撰組99番隊隊長。総隊長よっしーより朝色の町近隣の支部を預かり、日々厳しい戦闘訓練を云々。
同僚に98番隊隊長のイソレナがおり、常日頃から切磋琢磨し殺しあっている。

所属龍
ダニ(ダニルウ♂ 温厚)
パッチー家龍の長兄。
性格:冷静沈着(ただし陸地に限る)
服装:その日の気分による(ただし陸地に略)
口調:丁寧(ただし陸ry)
最も長くパッチーの相棒を勤め、最も長く財布の紐を握っている龍。
龍・人型共に非常に大きくがっしりとした体格をしており、非常に厳つい顔つきである事から「料理好きなターミネーター」と主に呼ばれている。
料理時には「きるゆー」と台詞を言ううさぎが描かれたエプロンを好んで着用している。

太陽(ガーウェイン♂ 攻撃的)
らんらんるー(別枠の意)

執事(ゾア・カオス♀ 温厚)
性格:一言で言うなら「神出鬼没な近所のおせっかいおばさん」
服装:常に燕尾服を身に着けている。が、一緒に寝た事のある闇龍曰く「すっごく可愛いパジャマで寝るんだよ」
口調:敬語。
呼べば出てくる執事。本名が執事。
かつてドラゴンエンペラーに使えていたが当時メティー君と出会いはっちゃけていたエレと交戦、敗れる。
その後ドラゴンエンペラーの許可を受けパッチー家に奉公する事になり、エレを「お姉様」と呼び慕う。
シスコン・ブラコンの気があるが同性愛者ではない。鼻からたまに忠誠心があふれ出す。
金髪・碧眼。スタイルは見たことのある闇龍曰く「執事ちゃん、完璧すぎ」
エレの忘れ形見である火乃影、その息子であるルート、柚希の娘つくえなどの子供たちを陰日なたから常に(ここ重要)見守っている。







日なたから常に(ここ重要)見守っている。