あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

るろうに使い魔-18



「お前たちには、ここで死んでもらおう」
 男はそう言うと、杖を向け、ルーンを唱え始める。刹那、轟音のようなうねりを持つ風が、辺りを包み込んだ。
 剣心とタバサは、咄嗟の反応でそれを躱した。その後ろを男は取った。
「もらった!!」
 杖を槍のように纏わせる『エア・ニードル』が、剣心の背中を貫こうとしたとき、それより早く風の槌『エア・ハンマー』が男に襲いかかった。
 男は距離を取り、間を開ける。
「かたじけないでござる」
 剣心は、そう言ってタバサの方を見た。彼女は、頷く仕草でそれに応える。
 この男、出来る――剣心はそう思った。だが、どこか疑問が残る。この動き、どこかで見たような…。
 タバサも、腑に落ちないような目で男を見やる。しかし、男のその表情は仮面に隠されていて全く悟らせない。
「――行くぞ」
 そう呟き、男は杖を構えた。



     第十八幕 『願望』



「『ウィンド・ブレイク』!!」
 再び、巨大な突風を作り出して剣心達に襲わせる。
 しかし、同じ手は二度も食わない。剣心は風の発生を的確に見切ると、それを避け、一瞬で攻撃に転じた。
 男は、それに応えるように杖で受け止める。ガキィンと、金属音が響いた。
 つかの間の鍔迫り合い。やがて男が先に杖を弾くと、そのままバックステップで距離を取る。
 今度は、男とタバサが同時に杖を向け、そして叫んだ。
「「『エア・ハンマー』!!!」」
 杖の先から生み出される風の塊が、正面から大きく衝突した。
 魔法による風の奔流は、暫く綯い交ぜになってせめぎ合っていると、バァンと相殺されるような音を出して掻き消えた。
 だが男の魔法の方が強かったのか、タバサは風に煽られ、その小さな体を吹き飛ばされてしまう。
 男はすかさず杖を構えて、転がったタバサに狙いを定めようとして、ここで剣心がいないことに気付く。
(――――下か!?)
 男は、仮面の下で目を見張った。懐を見れば、屈んで刀を突き出すように構える剣心の姿があったからだ。咄嗟に杖を振るおうとしたが、もう遅い。

「飛天御剣流 ―龍翔閃―!!」

 突き上げるように刀の腹で、仮面を被っている顔面の上から叩き込まれた男は、そのまま宙に浮き、そして吹っ飛ばされた。
 仮面は粉々に砕け散り、その素顔が晒されようとした瞬間、男の姿が急に消えた。
「成程…『あの方』の言うとおりだった…貴様は手強い…」
 何の比喩もない、文字通りの消失の中、声だけは不気味に漂う。
「間違いなく貴様は…我らが組織の…一番の障害…になるだろう…」
 この事態に驚いた剣心は、すかさず辺りを見回したが、声以外には気配すら感じられなかった。
「このままでは済まさん…いずれ…必ず…」
 それを最後に、声自体も聞こえなくなった。
「…今のは、一体?」
 狐につままれた顔をしながら、剣心は忽然と消えた男を探していた。しかし、やはりどこにも姿はない。
 そして、刀を持つ手を見る。あの時、顔を直撃したはずなのに感触がどこかおかしかった。まるで空気の塊を叩いたような、そんな感じだったのだ。
「風の偏在(ユビキタス)」
 隣にいるタバサが、一連の光景を見てそう答える。
「偏在…?」
「風で作られた分身」
 偏在、それは風使いに許された魔法の一種で、ひとえに『風』が四系統最強と謳われる所以でもあった。
 風は偏在する――風の吹くところ何処となくさ迷い現れ、その距離は意思の力に比例すると言われている。
 剣心は、改めて気配を探った。しかしもう男も、それを操った術者の気配も感じることはなかった。
 周りに敵意がないことを確認した剣心は、改めてタバサに尋ねた。
「余計な時間を喰ってしまったけど、大丈夫でござるか?」
「大丈夫、問題無い」
 タバサは上空を指差す。そこには風竜と思しき影がこちらに向かってグングン大きくなっていった。
 やがて、シルフィードが優雅に着地すると、タバサは二言三言、何やら命令して背中に乗った。シルフィードも分かったように頷いて、未だ小さくも見える船の影を向いた。
 剣心も、背中に乗ろうとしたとき、ボゴボゴと地面から音がするのが聞こえた。何だと思って見やると、段々地面が盛り上がっていく。
 剣心達が警戒する中、地面から出てきたのは―――――。
「…これは?」
「確か、ギーシュの…使い魔?」
 それは前の日に見せてもらった、ギーシュのモグラ、ウェルダンデだった。恐らく主人の後を密かに追ってきたのだろう。
 ウェルダンデはキョロキョロと辺りを見回して、主人が居ないのを確認して少しうなだれた様子だったが、次いでシルフィードを見つけると、口先をもぐもぐさせて話すような仕草をしだした。
 しばらく使い魔同士話し合っていると、今度はタバサに伝え、意味が分かったタバサが剣心に伝える。
「この子も一緒に行くらしい、いい?」
「まあ、拙者は構わないでござるが…」
 大丈夫だろうか? と思いながら嬉しそうに手を上げるウェルダンデを見る。どことなく気障っぽく見える当たり、流石ギーシュの使い魔だ。
 シルフィードは、ウェルダンデを口にくわえ、(少し嫌そうだったが、我慢したようだ)剣心とタバサが乗ったことを確認すると、翼を広げて大空へと飛び出した。




 澄み渡る夜空の中、ふとタバサが気付いたように、後ろにいる剣心に手を差し出した。
「貸して」
 一言、そう言ってタバサは目線を逆刃刀へと向ける。
 何だろう、と思いながらも断る理由がないため、剣心は鞘ごと逆刃刀を取り出して手渡した。
 タバサは、鞘を抜いて逆刃刀の刀身を晒した。月の光の影響を受けて、普段より輝かしく写り出す。
「――業物」
 タバサも、思わずそう漏らしてしまう程、逆刃刀の美しさに魅了されていた。この刀の前では、世に蔓延る名剣全てが、等しく鉄屑に見えてしまうだろう。それほど製作者の『魂』が、この刀には打ち込まれていた。
惜しむらくは、この刀が人を斬るに不向きというぐらいか。
 それにしても良かった。そうタバサは思う。この名刀がただの『錬金』でボロ屑になってしまっては、余りにももったいない。
隣ではデルフが「はいはいどうせ俺は錆びものですよ」と拗ねたような口を開いた。

「ちょっと待ってて」
 そう言うと、タバサはルーンを紡ぎ出した。慣れない系統を扱うためか、慎重に呪文を唱える。
 そうした後に、コツコツと逆刃刀の刀身を杖にあて、ついでに鞘の方にもあてる。そして刀身を鞘に戻して、再び剣心に返した。
「『固定化』の呪文をかけた」
 返ってきた逆刃刀を受取りながら、剣心はタバサの説明を聞いた。
簡単に言えば、『錬金』対策だ。
 これから先、メイジと戦うにあたって、フーケのような策に出る輩がいないとも限らない。その負担を減らすための借用処置とのことらしい。
 タバサは、実力的にいえば『トライアングル』クラスのメイジ。つまり、彼女以上の使い手でなければ『錬金』の呪文くらいは簡単に弾くだろう。
 だが油断は禁物である。タバサは本来『風』主流のメイジであり、『固定化』は本来『土』系統。
反応を見るに一応成功はしたようだが、『土』系統相手にどこまで通用するかは分からない為、あくまで借用措置に過ぎない。
 だがそれでも、ずっと裸身を晒している今の状態よりかは、遥かにマシになったため、剣心は素直にありがたかった。
「重ね重ね、かたじけない」
 剣心はお礼を述べながら思った。気付けば、彼女には結構借りを作っている。何か返せるものは無いかな…と考えていると、それに感づいたのか、タバサがこっちを見つめた。
「別にいい、そのかわり…一つ」
 何物も映さないような無機質な瞳を、一瞬だけ期待で輝かせながら、上目遣いで剣心を見る。

「私にも、飛天御剣流を教えて欲しい」

「…何故?」
 ギーシュの時見たく、頭ごなしに拒否するのではなく、やんわりといった感じで剣心は聞いた。
 彼女の目には、ギーシュのとは違う…明確な意思と強さを秘めていたからだ。
「もっと、強くなりたい」
 この一言に、全てを集約させるようにタバサが言った。本気だった。
 迷いなく、ただ強さを求めるような瞳。だけど同時に、どこか道を踏み外しそうな危うさを持っている、儚い眼でもあった。
「……誰かの仇討ちでござるか?」
「――――!?」
 剣心のその言葉を聞いて、タバサの眼が、ほんの一瞬だけ素に戻っていた。
 剣心だって、タバサのその、見た目の年齢に合わない実力を持っているのを見て、彼女がその身に合わぬ苦労をしていることが分かっていた。
 しかし…だからこそきっぱりと言わなくてはならない。
「飛天御剣流は、その理を守る剣であって、復讐のために使うことは出来ないでござるよ」
「……詭弁」
 あんなに強いのに…タバサは納得できなかった。
「そうだな…だが、拙者には命を賭けるに足る詭弁でござるよ―――だから」
 そう言って、剣心はニッコリと微笑んでタバサに向き直った。
「もし困ったことがあったら、拙者を頼って欲しい。御剣流は教えられないけれども、力にはなってあげられるでござるよ」
 それを聞いて、タバサは少し悲しそうな嬉しそうな、複雑な表情をしていたが、やがていつもの無表情に戻ると、「分かった」と小さく呟いた。
 そんな風に飛んでいると、急に突然、剣心の目に突然不可思議な映像が見え出した。



「…よ…な……で!…」
 そして耳にも、変なノイズが聞こえ始める。剣心は慌てて片目を手で覆ったが、それとは逆にどんどん映像が写し出されていく。
(これは…ルイズ殿の…視点…?)
 今、剣心の目の前には盗賊らしき者たちによって、囲まれていた。隣にはワルドやキュルケ、ギーシュらしき姿も見える。
「下がりな…さい…下郎!」
「驚いた…下郎と…来たもんだ…!」
 次第に声もはっきりと聞こえ始め、まるで自分もその場にいるような一体感を、剣心は感じ始めた。この様子を見たタバサが、不思議そうに尋ねる。
「どうしたの?」
「いや…何か…ルイズ殿の視界が見え――」
 とここで、剣心はハッとした。そう言えば、前にルイズが言っていたことを思い出したのだ。
『使い魔にはね…主人の目となり耳となる能力が与えられるのよ』
 そうか…ルイズ達がピンチに陥って今、この能力が発現したのか。剣心はルイズの視点を見てそう思った。
 だが、状況を見る限りどうやら捕まってしまったらしい。
 杖を取り上げられ、どこかに閉じ込められたような所を確認したとき、剣心の視界は元に戻った。
「あれ」
 そんな時、ふとタバサが指を指した。剣心は、多分今までここで見てきた事以上に、それに驚いた。
 ―――陸が、浮いている。
 自分達や船が、蟻か何かと見違えるほどに巨大なその大陸は、『白の国』と呼ぶにふさわしい、下半分が雲のような霧によって覆われている、壮大さと華麗さとを併せ持っていた。
 そしてそこには、先程まで追っていた船とは別の、もうひとまわり大きな軍船があった。
 しばらくの間、二つの船はくっつくように止まっていたが、やがておもむろに動き出し、軍艦の方はアルビオンの方へと進み出した。
 だがしかし、これはチャンスでもあった。暫く停船してくれたおかげで、距離を縮めることができたのだから。
 タバサはシルフィードに命じて、全速力で飛ばすと、一気に軍艦まで近付いた。
 どうやら突撃した余韻で、まだ周囲に偵察員と思しき連中はいないようだ。シルフィードは上空へと一旦上がり、空の闇を利用してゆっくり近づいていった。
 程よい距離まで到着すると、その背中から影が二つ、ひっそりと飛び降りた。
「ん……?」
「何だ―――」
 見張り達の言葉は、そこで途切れた。



「大使としての扱いを要求するわ!!」
 場所は変わり、軍船の船長室。
 賊に囲まれ、絶体絶命の中でも、ルイズの毅然とした声が響いた。その目の前には、テーブルを挟んで船長と思しき男がいた。
 周りは皆反乱軍の一派らしかったが、それでも気丈に王党派と言い切ったため、嘲りの声の中でもルイズは頑張っていた。
「王党派と言ったな、一体何しに行くんだい? あいつらなんて明日にでも消えてしまうよ」
「どうしてそんな事言えるのよ!! まだ決まったわけじゃないじゃないの!!」
「ル、ルイズ…お願いだからもう少しだな…」
 ギーシュが冷や汗を流しながら、懇願するようにルイズに頼み込むが、それでもルイズは譲らない。
 でも、本音を言えば怖かった。なぜなら、いつも頼りにしていたあの使い魔が、今は居ない。今になって、こんなにも彼に依存していたことにルイズは気付いた。
 体を強ばらせ、手を震わせながらも、それを敵に悟られないように必死で耐えているのだ。
「だから…っ! 私は…」
 しかし、声が段々か細くなっていく。心は不安で満たされていく。
 こんな時に何やってんのよ、早く来なさいよ、主人が危ないのよ。
 そんな、助けを求めるかのように頭の中で、彼の事を思い浮かべていた、その時である。
「せ…船長!!」
 バタンと、賊の一人が慌ただしく扉を開けて入ってきた。船長の男は不思議そうに目を向けたが、特段動揺したりせずに聞いた。
「何だ、騒々しいなあ」
「し、しかし――――」
 声はそこで消えて、賊は後ろから吹っ飛ばされていった。代わりに扉に立っている人物を見て、ルイズは思わず喜色の表情を浮かべた。
「――ケンシン!!」
「な…何者だ貴様!!」
「見張りたちは何をしている!!」
「出会え、出会え!!」
 辺りが騒ぎ立てる中、剣心の声がシンと響いた。
「呼んでも来ぬよ、どうしても入れてくれぬのでな、失礼ながら眠ってもらった」
 そう伝える剣心の後ろから、ひょっこりとタバサも現れる。
 キュルケやギーシュが安堵の笑を浮かべる中、船長の男だけは冷静に剣心を見据えた。
「ほう…中々やるな、君も王党派の一味かい?」
「拙者は流浪人――と言いたいところでござるが、今はルイズ殿の使い魔をやらせてもらっている。今は急ぎの用なのでな、ルイズ殿達は返してもらおう」
 使い魔? と聞いて、男はルイズを見やり、再び視線を剣心に戻すと、どこか可笑しそうにしながら立ち上がり、そして剣心と向かい合った。
「そう言われて、はい返します。と僕が言うとでも?」
「ならば力づくでも返してもらおう」
 剣心の瞳が鋭く光り、男を睨みつける。しかし、そんな状況にも関わらず男は不敵の笑みを浮かべていた。
 時間にして約数秒、しばらくそうして佇んでいると……。おもむろに一瞬、男が杖を抜いて―――。

「……ッ!!!」
 いつの間にか間合いを詰めた剣心の逆刃刀が首筋に、男の杖が数サント前に額に、それぞれ突きつけられていた。
 男も含めて、反応できなかった周囲が唖然として、二人を見守っていると、ふと急に男は笑いながら質問をぶつけた。
「何故振り切らなかったんだい、君の速さなら間に合った筈だろう?」
「ならばお主こそ。敵意がまるで感じられなかったでござるよ」
 それを聞いて、面白そうな笑みを崩さずに男は杖をしまうと、改めてルイズ達に向き直った。
「いやあ、試すようなことをして悪かった。何せこっちも必死だったもんでね」
 そう言って、男は懐から指輪のようなものを取り出し、それをルイズ達に見せるように向けた。
 それは、アルビオンの王家のみが着用を許される、『風のルビー』。それをルイズがアンリエッタから貰った『水のルビー』に近付けると、共鳴するように光りあい、虹の橋をかけた。
 偽物の類では無い、見間違える事の無い本物に、ルイズ達は驚きで目を見張る。
「あ…貴方は一体…」
「失礼、貴族に名乗らせるなら、こちらから名乗らなくてはな」
 そう言うと、男は改めて姿勢を正して挨拶する。それは野蛮な空賊には決してできない、貴族を思わせるような凛とした振る舞いだった。
「アルビオン皇太子、ウェールズ・テューダーだ」


新着情報

取得中です。