あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

サイボーグ 0009-01



サイボーグ 0009

「僕を離せ!君だけなら助かる!」
事態はもう、二人とも助かる見込みは無い状態だった。
宇宙空間の中、宇宙服を着ずとも生存しているのは、このサイボーグの身体のお陰だった。
だがここから大気圏に突入する事を考えれば、もはやこれまでといった様相である。
それでも彼に離せと言ったのは、万が一にも、彼だけでも生き残れる確率の高い方を選んで欲しかったからだ。
だが、
「出来るわけ無いだろ。仲間なんだからよ。」
そうやって彼は笑った。
大気圏に突入し、身体がオレンジ色の炎に包まれた。
すると彼は眼下に広がる母なる台地を見下ろし、言った。
「ジョー、君はどこに落ちたい?」

二人の身体が流星のように落ちていく。
やがて彼の親友であり仲間である、ジェット・リンクの身体が紙を燃やすように消えていった。
最後に見た表情は満足そうに笑っていた。
僕の身体が未だ燃え尽きずに残っているのは、彼よりも後期に製造されたからであり、
強固な装甲を持ち合わせているだけだ。
ただ、それは死ぬまでの時間稼ぎなだけであって、このままいけば確実に燃え尽きて消える。
だが、僕も彼のように笑えるだろう。そう思った。

世界を脅かした悪の元凶・ブラックゴーストは完全に滅んだ。
人々の心の悪こそがブラックゴーストだと言っても、これほどの規模の組織が復活するとは考えにくい。
思えば長い戦いだった。

イワン
ジェット
フランソワーズ
アルベルト
ジェロニモ
張大人
グレート
ピュンマ

良い仲間を持った。僕の人生は、戦いの連続だった。
不幸なものだったかも知れないが、幸せであったとも言えるだろう。
フランソワーズは泣くだろうか?どうか泣かないで欲しい。
願わくばもう一度だけ逢いたかった。
そして思いを伝えたかった。
「愛している」と。
そして…

彼の意識が途切れる直前、その行く先を遮るかのように一枚の鏡が現れた。
そして彼を吸い込むと、何事も無かったかのように消えた。
まるで流星が燃え尽きたかのように。
トリステイン魔法学園では、今年二年生に上がった生徒達による、使い魔召還の儀式が行われていた。
サラマンダーを召還した、燃えるような紅い髪をした少女。
風竜を召還した、青い髪をした少女。
など、様々な生徒が様々な使い魔を召還していた。

これは三年生に進級する為に必須の課題であり、毎年つつがなく終了するこの儀式ではあるが、
今年は例年通りとは行かなかった。
その原因となっているのは一人の小柄な生徒だった。

桃色のブロンドを振り乱し、コントラクト・サーヴァントを唱え続ける少女。
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、これで何度目か分からない失敗魔法を詠唱し続けていた。
それを見ている生徒は、最初こそ「ゼロのルイズが成功するものか」とはやし立てていたが、
いつまでも続く失敗に辟易し、興味を失っていた。

だが、当の本人は必死である。
ヴァリエール公爵家と言えば、トリステインでも屈指の大貴族である。
その娘が進級出来なかったとあっては公爵家の恥。
人一倍貴族としての意識の高い彼女にとって、それは死刑宣告を受けるに等しいものだ。

「ミス・ヴァリエール。今回はここらへんで終わりにしましょう。
 また後日召還の儀式を行う機会を作りますので。」
彼女たちを監督する教師、コルベールもさすがに見ていられなくなり、儀式を打ち切ろうとする。
だが、
「やらせてください!後一度、一度だけでいいんです!」
と彼女は懇願する。
「分かりました。次で最後ですよ」
とコルベールは伝えるが、いよいよもって彼女には死刑宣告が告げられたようなものである。

彼女は気合を入れなおし、丁寧に力強く最後の詠唱に入った。
「宇宙の果てのどこかにいる私の下僕よ!」
答えて。
「神聖で美しく、強力な使い魔よ!」
私の声に。
「我は心より求め、訴える!」
お願い。
「私の導きに、答えなさい!」
届いて! 

直後、爆発が起こった。
砂煙を撒き散らし、生徒達のマントを突風がはためかす。
今までの失敗魔法の比ではないその爆発に、興味を失った生徒達も何事かと見やる。

砂煙が晴れてくると、そこには何者かの影があった。
「成功…した…?」
彼女は全身の力が抜けていくのを感じた。
信じられない。という思いがあった。
何しろ今の今まで、ただの一度も魔法が成功した事は無かったのである。
それでも魔法学院の生徒としてやっていけたのは、想像以上の努力が必要だったであろう。

彼女は大きな期待を持ってその影を見つめる。
だが、煙が完全に晴れることは無かった。
何故ならそこにいたのは一人の平民と思われる青年であり、
その身体はひどく焼け焦げ、煙を発していたからである。
生きているのかさえ疑問に思えたが、一応呼吸はしているようである。

「ミス・ヴァリエール!急ぎコントラクト・サーヴァントの儀式を!」
コルベールが慌てた様子で急き立てる。
「コルベール先生、サモンサーヴァントのやり直しを…」
「急ぎなさい。ミス・ヴァリエール。せっかく召還した使い魔を死なせたいのですか!?」

コルベールの言う通り、この青年は早く手当てをしなければ死んでしまうように見えた。
平民だろうと貴族だろうと、自分が召還したものだ。
初めて成功した魔法、貴族としての誇り、それらを考えるに、
ここでコントラクト・サーヴァントをする事が自分の責任に思えた。
この使い魔を死なせてはいけない。

「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我の使い魔となせ」
顔を近づけると、青年が端正な顔立ちをしている事に気づいた。
軽く口付けすると、ずいぶんと熱の篭った唇の感触が伝わってきて、
彼女のほほも同じように熱くなっていくように感じ、
きっと数分前は焼けるように熱かっただろう唇を離した。
すると青年は少しうめき、かすかに目を開けた。
「…フランソ…ワーズ…?」
青年がそう口にしたので彼女は驚いた。何故私を知っている?
「あんた、何で私の名前を知っているの?それよりアンタ大丈夫なの?」

青年にとっては意識が朦朧とした中でかつての恋人と呼べる人と見間違えただけだが、
彼女にとっては理解の範疇の外である。
そして彼がもう一度意識を失うと、彼女たちは大慌てで彼の手当てに動き出したのだった。


目を覚ますと、そこは知らない天井だった。
身体には念入りに手当てした痕があり、あれほどの大やけどを負ったにもかかわらず、
痛みはある程度のレベルまで引いていた。
それは彼がサイボーグだからという理由もあるのだが、それにしても早い治癒である。

そういえば夢の中でフランソワーズに会った気がした。
少しいつもの彼女よりもヒステリックな気がしたけれど、
こうやって生きているならばもう一度会える。
ジェットには感謝しても感謝しきれない思いだ。
「フランソワーズ…」
そう言って身体を起こそうとすると、見知らぬ少女がそこにいた。

「アンタ、何者?なんでアンタみたいな平民が私の名前を知っているの?」
まだ覚醒しきらない頭を回転させて考えてみる。
どうやら目の前の少女はフランソワーズというらしい。
そして状況から考えるに、この手当ては彼女、もしくは彼女達がしてくれたらしい。
「君が手当てをしてくれたのかい?ありがとう。助かったよ。」
「質問に質問で返すわけ?まぁいいわ。見ての通り私がアンタを手当てした。
 それでアンタは一体なんなわけ?」
「僕はジョー。島村ジョー。何者かと言われても答えにくいんだけどね。
 ちょっと大怪我をした日本人という事ではいけないかい?」
少女は目をぱちくりしながら僕の答えを聞いていた。
「シマムラ・ジョー?変な名前ね。それにニホン人って言った?どこの国よそれ?」
「はは、日本は誰でも知ってるっていうのは僕の思い上がりだったみたいだね。」
「知らないわよそんな国。東方から呼び出したのかしら?」
少女は何か思案を巡らせているようだった。
とにかく、この少女にはしっかりと礼を言わなければならない。

「改めて、本当にありがとう。君のおかげで命拾いをしたよ。
 君の名前を教えてもらえないだろうか?」
「ふん、平民に名乗る名前は無いんだけれど、まぁいいわ。
 私はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 ヴァリエール公爵家の三女よ。
 アンタが知ってるかどうか分からないけれど。」

フランソワーズ?目の前の少女もフランソワーズというらしい。
もしや、夢の中でヒステリックに喚いていたのはこの子なのか?などと思ったが、
事実彼女が心配して誰彼かまわず喚き、誰よりも手厚く看病していたので間違ってはいなかった。

「ルイズ・フランソワーズさんか。何か君にお礼をしたいのだけれど。」
「お礼?そんな事考える必要はないわ。
 アンタは私の使い魔になったんだから、自分の使い魔を看病するのは当然でしょ?」
「使い魔?」
「そうよ、左手に使い魔のルーンが刻まれてるでしょ?
 だからアンタは私の使い魔なの。光栄に思いなさい。平民にはこんな栄誉な事は無いんだから。」

どうやら僕とルイズ・フランソワーズの間には何か根本的なズレがあるように思えた。
「その使い魔?というのをすればいいのかい?それは一体なんなんだい?」
「本来なら今すぐ色々やってもらうんだけれど、今日はもういいわ。
 アンタの怪我が治ったら徹底的にやってもらうから。
 今日はもう休みなさい。」

そう言ってニコリともせずに、彼女は退室していった。
何か分からないが、どうやら何かが違うように感じる。
それも大幅に何かがズレているような。
そういえば窓から差し込む光は、夜であることを告げている。
ここはどの辺りなのだろう?とカーテンを開けると、驚愕する光景が目に映った。
「月が…二つある…?」
ここは一体どこなのだろうか…?
何かがおかしい。これは異常事態なのではないか?
脳内トランシーバーで仲間に呼びかける。
(みんな、聞こえるか?)
(…)
反応がない。地球上であればどこでも通じるはずなのだが。
大気圏突入で壊れたのであろう可能性を考慮し、装備の確認をする。
装備は脇の机の上に並べられていた。
スーパーガンは奇跡的にも無事だった。
防護服はもう諦めるしかなさそうだった。

一番の問題は、奥歯に仕掛けられた装置である。
奥歯を噛む事によって装置が作動し、最大加速マッハ5で移動する事のできる、「加速装置」だ。
これが無ければ彼は他のサイボーグ戦士達と、ほぼ変わらぬ性能になってしまう。

「加速装置!」カチッ!
…これも問題なく作動している。
一応念入りに、多段式加速のテストもしてみるが、やはり問題はないようだ。

これで装備はほぼ全てになる。
あとは肉体が思うとおりに動いてくれるかだが、これは体力の回復を待たねばならない。
仲間と連絡が取れぬ今、出来ることは情報収集だけだった。
しかしそれをすべき相手は先ほど退出したところだ。
とりあえずは八方塞だった。

ベッドに仰向けに寝転び、思案を巡らせると、ドアをノックする音がした。
「どうぞ」と声を掛けると、頭頂部の寂しい中年の男性が入ってきた。

丁度情報が欲しかった所だ。
とこのコルベールと名乗る中年と話をしていると、
何やら自分は思いもしない事態に巻き込まれてしまったのだと気づかされた。



新着情報

取得中です。