あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

S-O2 星の使い魔-22



「結婚するのよ、わたくし。ゲルマニアの皇帝に嫁ぐことになるでしょうね」
「ゲルマニア! あんな野蛮な成り上がりどもの国に!」
「ええ、そう。けれど仕方が無いの。
 トリステインとゲルマニアが同盟を結び、叛徒との戦争の備えねばならないのですから」
「そんな……ああ、アンリエッタ様……」
「いいえ、いいのよルイズ。物心ついた時から覚悟はしていました。
 私は王女。好きな殿方と結ばれるなど、夢物語にすぎぬのだと」

(……まるで歴史の教科書だな)
 なにやら芝居がかったやりとりを続けるルイズとアンリエッタとは対照的に、
 一方のクロードは意外なほど冷静に二人の話を聞いていた。
 二人の話から推測するに、トリステインとゲルマニアによる政略結婚によって軍事同盟が結ばれ、
 それにアルビオンでは反体制を旗印に反乱が起こっているらしい。
 下手をすれば、ここからハルケギニア全土に変革の嵐が吹き荒れるかもしれない。
 まさかこんなところで歴史の節目に、それも当事者として関わることになるなんて。

「……ん?」
 いつの間にか、シエスタに服の裾を掴まれていた。

「あっ……す、すいません!」
 クロードの視線に気付いたのか、ビクリとして手を引っ込める。
 まあ、いきなりこんな話を聞かされれば心細くなるのも無理はない。
 ましてや、彼女は世情や国家などとは縁の無い庶民なのだから。

「それで、わたくしが今日ここに来たのは───」
 はてさて、ようやく話が本題に入ったことで改めて一行が表情を引き締める。

「アルビオン王家のウェールズ皇太子から、手紙を受け取ってきて欲しいのです。
 もしもその存在が公になれば、この縁談は破談となってしまうでしょう」
「……手紙、ですか? それもアルビオンに?」
 首を傾げ、眉を寄せるクロード。

「いくらなんでも、危険すぎませんか?
 それに、向こうで処分してもらうわけにはいかないんですか?」
「ええっと、それは、その……」
 口篭るアンリエッタに対し、クロードの視線に避難がましいものが混じる。
 それを察したルイズがすかさずクロードに肘鉄を入れる。

「この馬鹿、空気読みなさいよ!」
「……うぐっ。でもさ、ルイズ。冷静に考えてくれ。
 紛争真っ只中の国に、特別な訓練を受けたわけでもない学生を向かわせるなんて……
 死んで来いって言ってるようなものじゃないか。こんなの、正気の沙汰じゃない」
「何よ、別に命なんて惜しくないわ!
 アンリエッタ様の期待に背けって言うの!?」
「犬死にに名誉も何もあったもんじゃないだろ。もう少し冷静に考えてくれよ」
「ああもう、うっさいわね! 使い魔は使い魔らしく、主人の言うことを聞いてればいいのよ!」
「その主人の身を心配してるから、こうして話してるんじゃないか!」
 いつもは割とすんなりと折れるクロードにしては珍しく、今回はなかなか引き下がらない。
 アンリエッタも口を挟めずにおろおろしている。

「あのう、ルイズ様、クロードさん……そ、そんなに興奮なさらずに……」
「悪いな、お嬢ちゃん。今回ばっかりはお前さんの出る幕じゃねえよ」
 仲裁に入ろうとしたシエスタに、デルフが冷たく言い放つ。
 思わぬところから入った横槍に、ルイズとクロードも口を挟めない。
 デルフの言葉は続く。淡々と。


「王女さんに娘っ子。悪いが、俺は全面的に相棒に同意させてもらうぜ。
 勇気と無謀は別モンだ。こいつぁ荷が重いとか軽いとかってレベルじゃねえ。
 せっかく出会えた相棒を、むざむざ野垂れ死にさせるような真似は御免蒙る」
 一息(?)にそこまで言い終え、デルフは言葉を切った。
 クロードもそれ以上何も言おうとしない。つまりは、そういうことなのだろう。
 ルイズは唇を噛む。デルフの言葉は正論以外の何物でもない。
 そして、間違っていないからこそ、気に食わない。

「……あぁそう、良いわよ! あんたなんかに頼まないから!」
「だから、人の話を聞けよ! 危険だって言ってるのが分からないのか!?」
「うっさい腰抜け! 死ぬのが怖いなら、ここで引き篭もってればいいのよ!」
「行けば死ぬと分かってる場所に、行かせられる訳が無いだろ!」
 お互いに苛立ってきたのか、しだいに声のトーンが大きくなる。
 ああ言えばこう言い、こう切り込めばそう切り返す。
 既に話し合いと言うより口論、或いはただの痴話喧嘩だ。
 すでに泥仕合の様相を呈し、蚊帳から放り出された二人は途方にくれるばかり。

 と、そこでバン!と扉を開けて部屋に飛び込む人影が一つ。
「話は聞かせてもらったよ! ここは僕に任せて───」
「「お前は引っ込んでろッ!!」」

 相変わらず空気の読めぬ男、ギーシュであった。





(……ダブル説教中につき、しばらくお待ちください……)


(……ダブル説教中につき、しばらくお待ちください……)


(……ダブル説教中につき、しばらくお待ちください……)





「ええっと……実は、この件については私の発案ではないのです。
 一度、とある信用の置ける方に依頼したのですけれど、
 その方から是非ルイズに助力を願いたい、との申し出があったのですよ」
 何はともあれ、空気が変わったことを流石のアンリエッタも感じ取り、
 そう言ったところでにっこりと笑う。

「私が……私の力が必要……?」
 そう言って頬を赤くするルイズ。
 自分のことを見てくれている人がいた。自分の力を認めてくれる人がいた。
 それだけでぐっと胸が熱くなる。何だってやれそうな気がしてくる。

 そんな主の様子を見て、クロードも諦めたように一つ息をつく。
 ちなみに、ギーシュはその横で心底羨ましそうに唇を尖らせている。正座したまま。

「……わかった。そういう事だったら、僕からこれ以上とやかく言ってもしょうがないな」
「ふん、解ればいいの。ちゃんと付いて来なさいよ」
 どうだ、と言わんばかりに胸を張るルイズ。
 ナチュラルにクロードを頭数として入れている辺り、彼女らしいと言うか何と言うか。
 デルフもこれ以上の説得は無駄だと考えているのか、何も言う気配が無い。


もっとも、それを自然に受け入れている自分も、人のことは言えないのだろう。
 これもコントラクト・サーヴァントの効果なのか、それとも自分自身の意思なのか。
 アルビオン行きを止めようとしていたことにしても、
 あくまで彼女の身を案じていたからであって、自分の都合は二の次だったような気がする。
 どちらにしても、今のクロードにこの状況を覆すだけの力は無い。
 何はともあれ、これは自分にとってもルイズにとっても一つの大きな経験になるはずだ。
 今はそう思っておくことにしよう。生きて返って来られたなら、という条件付きだが。
 とりあえずそこで一度考えを切って、半ば拗ねているギーシュに向き直る。

「それからギーシュ、君にも一緒に来て欲しい」
「なっ……!?」
「本当かい、クロード!?」
 思わぬ申し出にルイズが絶句し、ギーシュが立ち上がってクロードの手を取る。

(ちょっと、どういうつもりなのよ!)
(だって、学校で変に口を滑らせても困るじゃないか)
 興奮して両手を握り締めるギーシュの横で、こっそりとルイズに説明するルイズ。
 それを聞いて、ルイズも納得したようにポンと手を打つ。
 こういう任務にはルイズよりもギーシュの方が向いていると考えていたのは内緒だ。
 もっとも、他にもっと頼りになりそうな人物が両手に余るほど挙げられそうな気がしないでもないが。

「ありがとう、ありがとうクロード! 心の友よ!!」
 そんなやりとりを知る由も無く、クロードの手を握り締めてブンブンと上下に振り回すギーシュ。

「あだ、痛たたたた! お、落ち着けよギーシュ!」
「姫殿下の御前よ。自重しなさい」
「あ、ああ。すまない、ルイズ、クロード。僕としたことが……」
 そう言ってギーシュは大仰に咳払いをし、改めてアンリエッタの眼前に跪く。

「アンリエッタ王女殿下、どうぞこの私、ギーシュ・ド・グラモンに、
 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールと共にアルビオンへ赴く任を仰せつけなさいませ。
 未だ未熟な身ではございますが、この魔法が姫殿下のお役に立てるようであれば、これは望外の名誉にございます」
「グラモン? まさか、グラモン元帥の?」
「はい、息子でございます!」

 元帥の息子。
 その言葉にクロードの表情が微かに歪んだが、気付いた者はいなかった。

「それにしても、このような格好で申しわけありません。
 幼友達の前ならばともかく、元帥の子息の前でこのような服で……」
「何を仰せになります! 麗しき姫殿下のお召しになるものならば、例えいかな襤褸でも輝く錦となりましょう!
 それにそのメイド服も真にけしから……ゲフンゲフンッ! いえいえ、可憐であらせられます!
 慎ましやかな黒のロングスカートと純白のエプロンのコントラスト。
 其に身を包むはトリステインの秘宝、ハルケギニアに咲く一輪の花!
 そう! こんな素晴らしいものを目の前にしては、例え始祖ブリミルと言えども辛抱たまりませんともッ!!」
「……その辺にしとけ、ギーシュ。それ以上は色々とマズい気がする」
 鼻息も荒く、嫌な方向にトリップしかけたギーシュの肩を掴み、そそくさと横に退けるクロード。
 もっとも、アンリエッタはよく分かっていない様子でニコニコと笑っていたが。


「では、姫殿下。手紙をアルビオンのウェールズ皇太子殿下より受け取って来ればよいのですね?」
 改めて一歩前に出るルイズ。

「ええ、それから───」
 そう前置きをして、アンリエッタは一通の手紙をしたためる。
 始祖ブリミルよ、お許しを。そう呟いて封をしてルイズに手渡した。
 意を得た、とルイズも無言で一つ礼をし、懐へと忍ばせる。
 そして右手の薬指に填められた指輪をそっと抜き取り、ルイズの左手へと差し出す。

「母上から賜った『水のルビー』。これがきっと貴方たちを守ってくれるでしょう」
「姫殿下……!」
 感極まってルイズの瞳に涙が浮かぶ。
 後ろに立つギーシュも、表情をこれ以上ないほどに引き締めている。


「……正直どうよ、相棒?」
「……どうなんだろうな」
 感激に身を振るわせる貴族二人を尻目に、ぼやくデルフとそれに他人事のように答えるクロード。
 不安が無いといえば嘘になるが、あれこれ考えるには今晩は色々なことがありすぎた。
 あとはルイズを推薦したという人物の器量と、せいぜい始祖ブリミルの加護にでも期待しておこう。

 窓の外の空には、寄り添うように浮かぶ二つの月。
 月の光は人を狂わせる魔力があるのだという。
 ならば、この様に二つ月が並ぶ場合はどうなるのだろうか。
 狂気が更なる狂気を呼ぶのか、はたまた狂気が裏返って正気に返るのか。

(……どう転んでもマトモじゃない、か)
 そんな予感をひしひしと感じるクロードだった。








  • おまけ 描写の関係でボツにした部分

シエスタ「ちょ、姫殿下っ……ひゃぁっ! そ、そんなところを……ひんっ! や、やめっ」
アンリエッタ「あら? おかしいわね。この辺りに入れておいたと思ったのだけれど」

ギーシュ「……けしからんな」
クロード「……ああ、けしからんな」
ルイズ「……けしからんわね」



新着情報

取得中です。