あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

双月の女神 第十一章2

ファイアーエムブレム外伝 ~双月の女神~

第一部 『ゼロの夜明け』

第十一章 『土塊の怪盗(ミカヤの章)』





「くっ・・・!」


黒ずくめの人物はルイズの援軍として現れたミカヤの姿に思わず呻いた。
過日のギーシュとの決闘騒ぎにおいて力の一端を垣間見ていたが、先程彼女が放った光槍は
その時に見せた魔法を上回る威力だった。
此方のゴーレムは再生させられるが、彼女相手にどれだけ足止めできるかは分からない。
さらには今までの戦闘で、魔法の炸裂音が学院中に響いた可能性がある。
黒ずくめの人物は決断を下し、詠唱。相手の注意を引くように立ち上がった。




「ミカヤお姉さま、あれ!」
「・・・・・。」

左にある壁の上に今まで息を潜めていた者が姿を現し、此方に注意を引くように立ち上がる。
それを発見して指差すルイズと、ゴーレムに注意を向けつつ横目で見るミカヤ。
黒ずくめのローブに身を包み、目深に被ったフードで素顔を隠す人物。恐らくあの人物がゴーレムの操者であろう
ことを状況から判断する。
戦闘に集中している時の彼女は心を読むことが出来ない為、その人物を特定することは出来なかったものの、
歴戦の英雄の勘で相手の意図を読み取る。
此方の注意を引きつつ、更にゴーレムを囮にして逃亡を図る。
それを証明するように、此方の視線を集めたのを認めると一転。身を翻して学院内に姿を暗ます。

(それに・・・・。)

同時にミカヤは思考する。自身が後ろに庇う、精神力を使い果たしたであろう戦闘不能のルイズを残して
黒ずくめの人物を追撃、捕縛することは不可能。
何よりここから動けば主であり『妹』である大切な彼女を狙われ、その命を危険にさらすことになる。
ならば、相手の意図に乗りつつも彼女を守るしかない。
ミカヤはゴーレムの破壊を優先し、詠唱を開始する。

《――――我は請う、眩き光を。我は請う、更なる力を――――》

先程の一撃で分かった、周囲に土がある限り無限に行われる再生。これによって此方を浪費させることも考えられる。
それを阻むには一撃で滅するべきか。その為に増幅詠唱を唱える。
聖杖で増幅の方陣を、時計回りに円を描きながら展開。精霊達がミカヤに応え、魔力が、光が杖へと収束されていく。

《――――光よ集え。一条の槍を我に。仇なす者への裁きの閃光となりて貫け――――》

続けて、光の上位精霊との契約の呪文を詠唱。
操者の手を離れたのか単調な動きになっているのを見て取るが、巨大な質量を持ったゴーレムが地鳴りを
させながら迫り来る。

「少し我慢して!」

右拳を振りかぶるのを捉え、ルイズにそう言うが早いか彼女を魔導書を持つ左腕で腰から抱え、右へと駆け出す。
彼女の体重が軽かったことが幸いし、難なく保持出来た。
そこから更に横跳びし、身体を捻って反時計回りにターンしながら距離を離す。
薄紅色をした巫女のマントが翻り、その横を―――抱えたルイズの正面からやや外れた位置にゴーレムの拳が空を切る。
風圧が身体を打ち、抱えられたルイズは短い悲鳴と共に目を瞑るが、鍛錬で戻り始めたミカヤの重心は揺るがない。
ゴーレムを正面から見据えて聖杖を向け、騎士の洗礼を受けた者の鎧を打ち崩す光の上位精霊魔法を再び唱えた。

「『セイニー』!」

ゴーレムの頭上に光点が現れ、周囲から光が集まってその巨体も一飲みに出来る程の光球へと膨れ上がる。
そして裁きの光槍となって打ち下ろされ、頭部から股先までを「浄化」していく。

「・・・・すごい・・・・。」

まさに必殺の一撃だった。抱えられたままのルイズはその威力に呆然と呟く。
自分も『古代語』を極めれば同じことが出来るだろうか。
やがて核たる身体が完全に消滅した為か、残った部位は土塊となって崩れ落ちた。

「・・・・・、大丈夫?」

危機が去った事を確認し、一息つくとルイズを優しく下ろして座らせるミカヤ。

「ありがとう、ミカヤお姉さま。お姉さまが来てくれなかったら、私・・・・・。」

感謝の言葉を言いつつも、しょんぼりとした表情になるルイズ。
自身の行動で危険を招き、迷惑をかけた事を反省していた。

「・・・?ミカヤお姉さま。」

ふとミカヤが屈み、とても心配したといった表情でルイズの右頬を右手で撫でる。

「魔法の練習も良いけれど、次は私に一言声をかけてね。こういう事もあるかも知れないんだから。」
「・・・ごめんなさい。」

『姉』には自分のやっていたことなどお見通しだった。頭を下げるルイズ。

「何事ですか!?」

丁度その時、数人の衛兵を連れて一人のメイジが息を切らしながら駆けつけて来た。
今日の当直員として待機していたシュヴルーズだった。

「まぁ、ミス・ミカヤにミス・ヴァリエール?一体何が?」
「学院の侵入者を撃退したところでした、ミセス・シュヴルーズ。」

魔法の炸裂音を聞きつけて、現場へと飛んで来たシュヴルーズに返すミカヤ。

「侵入者?本当ですか、ミス・ヴァリエール?」
「はい、ミセス・シュヴルーズ。先程私とミス・ミカヤが襲われたんです。」

成る程、とシュヴルーズは一しきり頷いた後、現場の周囲を確認し始める。

「しかしミス・ヴァリエール、ここは宝物庫の前ですよ?この夜分に貴女は何をしていたのです?
それに、この壁の罅は?」

恐らく自身の魔法、『エクスプロージョン』の余波で出来たであろう外壁の罅。
シュヴルーズの問いに、ルイズは一瞬返答に詰まる。

「私が傍について魔法の練習をしていたのですが、突如約30メイル程のゴーレムが出現し、襲われました。」

それに答えたのはミカヤだった。
驚いてルイズが此方の顔を見合わせるが軽く頷く。それは話を合わせるようにと暗に告げていた。

「なんと・・・。確かにこの土塊はゴーレムの残骸ですが・・・。」

周囲の土塊を見渡し、『土』のエキスパートであるシュヴルーズは一目で看破する。
状況と証言から暫し沈黙して考察し始めるが、考えるのは夜も更けた今ではないと思ったのか、ミカヤとルイズに
言い渡す。

「一先ずお二人共無事で何よりです。この事は明日の教職員会議で議題にしましょう。
明朝、ミス・ミカヤとミス・ヴァリエールには参考人として来ていただきます。いいですね?」
「はい、ミセス・シュヴルーズ。」
「分かりました。」

それに頷く二人。

「それではミス・ミカヤ、ミス・ヴァリエール。夜分遅いのでゆっくりとお休みなさい。
皆さん、行きますよ。」

シュヴルーズは衛兵達に声をかけてその場を後にした。
追求を回避出来て内心安堵するルイズと、明日の会議の事を考えるミカヤを残して。

「・・・ありがとう、ミカヤお姉さま。」
「いいのよ、ルイズ。取りあえず戻ったら治療するわ。」
「うん。」



―――――こうして真夜中の騒動は教職員会議に持ち越しとなり、次の日を迎える。

新着情報

取得中です。