あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロのワタマン-01

ルイズが召還に成功したのはなんかくねくねした変態だったのでした。
「フフフ、何やら見知らぬところに召還されたようですが凄くイイ!」

「ちょ、なにあのくねくねした新生物」
「あれは関わらないほうが賢明だろう」

ぶっちゃけルイズも契約するのはとても嫌だったが
隙を見てブチューとしたのでした、ブチューと

「うがあああああああああああ」
どう見ても正気を失った基地外のようにくねくねしたのが、地面でびくんびくんしたかと思うと立ち上がりルイズに近寄る。

(なに、こいつ)

ばばつ
「フフフ、ハハハハハハ。イーヒッヒッヒッヒッ!ククク…。
その通り、私がこのゲームのラスボスです。さあ、カモン!カモン!」
取りあえずルイズは殴ってみた
壮絶に血を吐いて倒れた。動かなくなったのを見て貴族の子供達は怖くなって逃げ出した。
当のルイズも怖くなって「きゃあ」と可愛らしい叫び声を出すやいなや逃げ出す

「ちょっと、まともに反応してどうするんですか!そこはフフフ、やりますねとか言いなさい!」

ボーイミーツガールの冒険活劇がもはや原型をとどめていない、まさにむちゃくちゃである
シリアスもギャグで吹っ飛ばす岩田ワールド
岩田は上半身ひねり+ジャンプで後ろ向きに跳ねながらルイズを追いかけてくる、見るに見かねたコルベールが炎で軽く炙るとやっと止まった。

「これは珍しいルーンですね」
「この私を火達磨にするとはやりますね、ガクッ」

何はともあれ、ルイズの使い魔は召還の時点で伝説級だったのである。

つづく?



新着情報

取得中です。