あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズと無重力巫女さん-02


ここは何処だろうか?真っ暗だ…
何にもわからないし、考えたくても頭が痛い。
確かなんだっけ?使い魔がなんたら神聖な儀式がこうだらで呼ばれて…

とりあえず一刻も早く幻想郷に帰らないと焦って…なんか一人で暴れてた様な気がするわね。
でも苦労して手に入れたお茶も飲みたいし、なにより私がいなくなった代わりにあの八雲紫が頑張っているだろう。
急いで帰らないと何を要求されるかわからない。
良くて酒宴、悪くて家の食べ物だ…
今家にはあまり食べ物がない、これ以上減らされたらお茶と水で生活しなければならない。

あぁでも、ここは何処だろう。
せめて光があればわかるのに。

「うくっ……ひくっ……………ひくっ……。」

ふと、何処からかすすり泣く声が聞こえてきて、前から光がさした。

私、博麗霊夢がこのハルケギニアで心を落ち着かせて見たものは、顔を埋めて寝ているボロボロの服を着た桃色の髪の女の子だった。



数時間前…
「五つの力を司るペンタゴン、この者に祝福を与え…我の使い魔となせ。」
あの後、ルイズは自身が召喚した気絶した少女に口づけをした後、少女の左手にルーンが刻まれて儀式は終了した。
これを静かに見届けていたコルベールはルイズを哀れんだ。

彼女は呪文はおろか練金も出来ない生徒であった。しかもあの名門ヴァリエール家の娘である、そこから来る精神的負担は多いだろう。
出来るかわからなかったサモン・サーヴァントで出てきたのは少女、しかもはっきりと契約を断っていた。

本当なら召喚が出来たなら契約をしなくても二年生に進級出来るのだが彼女はそれを断り、あの少女と契約した。
おそらく汚れている家名をさらに汚くしたくなかったのだろう…
あぁ始祖ブリミルよ、何故彼女はこうも報われないのか、彼女が何をした?

とりあえず後ろにいる生徒達が興味深そうに見ていたため私は彼らの方に向き直り解散の合図を告げた。
「さぁ皆さん!儀式が終わりましたので寮に戻りますよ!」
私がそういうと生徒達は『フライ』を唱え、寮の方へと戻っていった。
皆が行き去ったのを確認すると未だに気絶した少女の傍らで顔を埋めて泣いているルイズの傍へと向かった。
おそらく自分が召喚した少女が詠唱も無しに空を飛んだうえ、契約を断られたのが原因であろう。

先ほど彼女が行った契約は召喚した者の合意無しで契約したのだ、余程それがこたえたのだろう。
(しかし見たこともないルーンが刻まれているな…後で調べてみよう。)
私は少女の左手に刻まれて見たこともないルーンを素早くメモ帳にスケッチするとメモをしまった。
その後私はミス・ヴァリエールに声を掛けようと思ったが、後ろの方にいる生徒達に呼ばれたので私はその場を後にした。

その数時間後、起きあがった霊夢は泣き疲れて寝てしまったルイズを見ることになる。


「寝てるのかしら…?」

やがて日が沈んだ広場には寝ているルイズと先ほど起きあがったばかりの霊夢だけがいた。
(あんまり記憶にないけど、なんかこの子に悪いことしたかも…?)
霊夢はいきなり辺鄙なところに使い魔として呼び出されて混乱してしまい、早く幻想郷に戻りたいが故にあのような脅迫を行ってしまった事を思い出した。
(でもだからってあんな攻撃をしなくていいのに…アイテテ。)
霊夢は軋む体をパキポキ鳴らしながら空を仰ぎ見た。
いつも見ていた星座は見えず、空には二つの月が煌々と輝いていた。
「なんか変な場所に呼び出されたわね、私…。」
月が二つある時点で彼女はここが幻想郷とは全く別の世界であることを確信した。
とりあえずどうしようかと考えながら霊夢がグルグル歩き回っているとうっかり寝ているルイズの体を蹴ってしまった。
「…い、イッタイじゃないのぉぉぉ!………ってアレ?アンタ…」
蹴られたショックで怒鳴りながら起きあがったルイズと霊夢の目線がピッタリと合った。
「あ、こんばんは………。」
とりあえず霊夢は挨拶をした後、ルイズの出方を待った。
「……よ、よ、よ、……良かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
いきなり目から大粒の涙を出してルイズは霊夢に抱きついた。
「え、えぇ!?」
いきなり抱きつかれて驚いた霊夢はとりあえず離そうするがなかなか離そうとしない。
ルイズは泣きながらも霊夢にしっかりと抱きつきながら叫んだ。
「良かった良かったぁぁぁ!!死んだかと思ったけど生きていたのね!!」
とりあえず霊夢は自分を勝手に死なせたルイズの頭に拳を叩きつけた。

「イッタ!!何するのよ!!!」
頭を押さえながら転んだルイズは起きあがった物凄い剣幕で霊夢に怒鳴った。
「人を勝手に死なせたバツよ。」
霊夢はジト目でルイズの方を見た。



霊夢はもう一度空を見上げると目を瞑り、この世界で結界の力を感じられるか調べてみたが反応はなかった。
(これはもう自分の力でなんとか帰らないといけわね…。)
結界の力を感じられればなんとか帰れるのだがそれがなければ自力で帰る方法を探すしかないのだ。
霊夢は憂鬱になりながらも目を開けるともう一度ルイズの方を見てみた。ピンク色の髪と白い肌がなんとも似合っている。
「アンタの住んでる所は何処よ?そこまで送っていってあげるから。」
霊夢は左手をルイズの方に差し向け、顔を逸らした。
ルイズは頭を左手で押さえて呻きながらも右手で霊夢の手をつかんだ瞬間、二人の体がフワッと宙に浮いた。
「うっ…うわぁっ!わ、私が飛んでる!?」
ルイズは思わず手を離しそうになるが霊夢がその手を掴んだ。

「手を離さないで、離すと落ちるわよ。」
そのままふわふわと上昇し、ついには学院全体の光を眺められる高さにまで上昇した。
綺麗ね、と霊夢は思ったがルイズは歯をガチガチ鳴らしながら必死に霊夢の手を掴んでいた。
「アンタの住んでるところを指さして。」
「と、ととととととととりあえずあそそこに…」
霊夢がそっけなく言った後、ルイズは震える指を女子学生寮の方に向けた。
それを見た霊夢はルイズと一緒にふわふわとそこに降下していった。


とりあえずルイズは自分の部屋の窓の所まで来ると鍵を閉め忘れた窓を開けて自分の部屋に流れ込んだ。
足はガクガクしていて乱れた呼吸を直そうと深く息を吐いた。
ルイズをここまで運んた霊夢は空中をふわふわと浮きながらルイズの事を見ていた。
なんとか呼吸を整えたルイズは部屋に入らずふわふわと浮いている霊夢を入って良いと手招きした。
「部屋に入っても良いの?それじゃあ…」
霊夢は窓からルイズの部屋に入ると部屋をグルリと見回した、部屋の作りは紅魔館とほとんど同じである。
とりあえずルイズはこのボロボロの服を変えようとタンスを開けて替えの服を出した。
ふと霊夢がいるという事に気が付いたルイズは隠れようともせず平然とボロボロの服を脱いだ。
とりあえず霊夢は開けっ放しの窓から二つの月を見ることにした。

あまりにも霊夢が珍しいものを見るような目で月を見ていたため素早く着替えを終えたルイズが声を掛けた。


「…そんなに月が珍しいの?……えーっと名前なんだっけ?」
「なんでこの世界は月が二つあるのよ…?……確か名前はなんてったっけ?」


二人同時に名前を聞いてしまったためかなり複雑な空気になっていた。
「…………コホン、私の名前はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、ルイズで良いわ。」
「………私の名前は博麗霊夢よ。というかこのトリステイン魔法学院ってどんな所なのよ?」

「あんた、この魔法学院を知らないの!?」
霊夢の言葉を聞いたルイズは目を丸くした。この魔法学院はあちこちに知れ渡ってるほど有名だからである。
「アンタの常識と私の常識を一緒にしないでよ…。」
「まぁいいわ、この際説明しておくわ…ここはハルケギニア大陸にあるトリステイン国立魔法学院というところよ。」
その後ルイズは一気に説明し始めた。
ここは貴族達が一人前のメイジになるための学校の様な所であり、貴族のほぼ全員がメイジだという。
「でもメイジってただの魔法使いのことでしょう?」
「魔法使いじゃないわ、メイジよ。」
どうやらこだわりがあるようだ、と霊夢は思った。
「というかアンタはどこから来たのよ?見たことも無い服装ね…それに黒い髪なんてここでは珍しいわよ?」
この世界の説明を聞き終えた霊夢はルイズに分かり易く自分がいた世界の説明をし始めた。


  -=≡☆
-=≡☆
 ―=≡★

「つまり、アンタはこの世界とは違う「ゲンソーキョー」っていう月が一つしかない別の世界から来たって言うの?」
あの後霊夢はルイズに自分が別の世界から来たという事を話し、ルイズはそれを信じられないという目つきで見ていた。
「あたしだって信じられないわよ、こんな異世界。」
霊夢は大きくため息を吐きいた。
その後自分がいないとその世界が大変なことになるのを教えた後、ルイズに送り返して欲しいと言ったがルイズは無理と言った。
「別に良いじゃない。今日からあなたは私の使い魔としてここで生活することに……って痛っ!?」
この日、ルイズは霊夢から二度目の鉄拳制裁を喰らった。
「最初に会ったときに言ったでしょ、あたしは使い魔になる気はないわよ。それにアンタにとってはどうでもいいけど私はそうもいかないの。」
霊夢はそう言って開けっ放しの窓から飛んでいこうとしたのでルイズが足を掴んで止めた。

「ちょっとぉ!何処に行く気よ!?」
「何って?今から帰る方法を探しに行くのよ。」
「馬鹿言わないでよ!それにアンタの左手にルーンが刻まれてるでしょ?それが使い魔の証拠「そんなの何処にも無いけど?」…え?嘘、なんで!?」
ルイズは我が目を疑った。霊夢の左手に刻まれている筈のルーンが消えていたのだ。
おそらく博麗の巫女としての能力を持つ彼女の血が、使い魔のルーンをいつの間にか消してまったのであろう。


「ルーンが無いから私はアンタの使い魔じゃないんでしょ?それじゃあねぇ。」
霊夢は今度こそ飛んでいこうとするがさっきよりも凄い力で足を掴まれた。
「なによ、まだ何かあるの?」
霊夢は呆れた目で鬼気迫る顔で自分の足を掴んでいるルイズに聞いてみた。
「じゃあひとつ聞くわよ、アンタはこの世界の文字を知ってるのかしら!?」
ルイズの言葉に霊夢は今になって気づいた。
この世界には知り合い(正確に言えば妖怪や亡霊だが)が一人もいないうえ、文字もわからない。
それに食べ物だって何があるか分からないと思った時、霊夢のお腹がぐーっと鳴った。
とりあえず霊夢は部屋の中にもう一度はいると後ろ手で窓を閉めた。
「…とりあえず話だけでも聞くから何か食べるものない?あと、出来たらお茶も。」



その後、二人は遅めの夕食と紅茶をたまたま部屋の外を通りかかったメイドに部屋まで持ってこさせて食べていた。
ルイズはビーフシチューを食べながら霊夢に使い魔が何をするか教えていた。
「つまり、使い魔は主人の目となり耳となったりするって言ってるけど、なんか見える?」
霊夢は体を別の方に向けてティーカップに入っている紅茶を飲みながらルイズに聞いてみた。
ルイズは首を横に振ると説明を続けた。
「次に秘薬の材料を集める事……でもそれはいいわ…アンタ材料とかわからないでしょ?」
「そういうのは魔理沙が好んでやりそうね。」
「マリサ?」
ルイズは霊夢の口から出た聞いたことも無い名前(?)に首を傾げた後、使い魔として一番重要な事を話した。
「んで一番重要なのは主人を守る事と雑務……といってもアンタに出来そうなのは雑務くらいね。」
それを聞いた霊夢は一気に紅茶を飲みルイズの方に顔を向けた。
「………う~ん、今から言う私の約束を守ってくれればそれは聞いてあげるけど…。」
ルイズの話しを聞き終わった霊夢はティーカップを置くとルイズの目の前に指を三本出した。
とりあえずルイズは首を縦に振った後、霊夢はルイズに三つの約束事を言った。

一緒に元の世界に帰る方法を探すこと
ちゃんとお茶と食事は摂らせて欲しいこと、後ちゃんとした寝床
私の迎えが来るか元の世界に帰る方法を見つけたらすぐに帰らせて欲しいこと

「この三つを守ってくれたらアンタの護衛や雑務くらいはしてあげるけど…どうかしら?」
言い終わった霊夢はポットに入っている紅茶をティーカップに入れると味わいながら飲んでいる。
ルイズはこれを聞いて頭の中で考えた。

一つめはかなり難しいが二つめは認めよう。
身長は私より少し大きいが女の子を床で寝かせたり貧しい食事を取らせる趣味はない。
もしもただの平民の男だったら遠慮無く床で寝かせたり貧しい食事を取らせていたが…
三つ目は…もし彼女がここからいなくなれば再び召喚が可能になる。
二回目のサモン・サーヴァントを行う条件は使い魔や呼び出したものが死ぬ、または行方不明になることである。
彼女はルーンがいつの間にか消えていたから使い魔ではないが私の召喚で呼ばれた為、二度目の召喚は出来ない。
もし彼女が元の世界へ帰ってくれれば、私ルイズ・フランソワーズは二回目のサモン・サーヴァントが正式に出来るという事になる。

「わかったわ。その約束、ヴァリエールの名にかけて守ることを誓うわ。」
そのとき霊夢の左手が薄く光っているのを二人は気づかなかった。


新着情報

取得中です。