あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズ伝-第一章

ハルケギニアの歴史は《始祖ブリミル》から始まり、その三人の御子と一人の弟子が王国を築いて、
現代に至ったと伝えられている。始祖ブリミルはまだ神話の霧に覆われているが、四王国の存在は確かである。
それらは六千年以上前、大陸の西方に起こり、現在も戦乱はあるが続いている。

豊富な記録……精巧な魔法技術の数々……そして何よりも、王国を支える貴族、メイジの存在が……
その強大な王国の権力を表している。


《第一章 ゼロのルイズは如何にして魔法学院で竜を召喚したか》


「始祖ブリミルよ、生ける神よ、貴方と同じく臣にかこまれ、奴婢をおき、杖を振って魔法を使わしめたまえ。
 我ら子孫に幸いを与え、祟りなすことなく、王国の繁栄を給わりたまえ。
 トリステイン魔法学院の生徒、ルイズが祈りまする。我に『使い魔』を授けたまえ………」

『使い魔』とは、メイジによって召喚される禽獣で、しばしば魔法によって捕らえられ、奴隷やペットにされていた。
この王立魔法学院では、二年生進級の神聖な儀式として、召喚を行うのだが…。

「まて! ちょっとまちなさい! ミス・ヴァリエール!」
桃色の髪の女子生徒、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールの魔法失敗は、
ただ魔法が完成しないだけでなく、結構な破壊力の《爆発》を引き起こすのだ。
見かねた教師のコルベールが、彼女を止めた。

「……九十九、百、百一……やっぱり無理だよダメルイズ! もう百一回目のプロポーズだぜ!」
「数えてたのか、暇な奴だなあ」
「呼び出せないと、学院の規定通り、彼女は留年せねばなりません!」
「も、申しわけありません。もう一度だけ……」
「コモンマジックも満足に使えんのか! やっぱり《ゼロ》だ! ワハハハハハ」
もはやルイズは、息も絶え絶えだ。顔は煤と涙と汗でドロドロになった。
周囲の嘲笑が悔しすぎる。唇を血が出るほど噛み締める。

「仕方ないですな……座学は優秀ですし。特例で明日から三日間、補習として猶予を与えます。
 それまでに使い魔が出なければ、ヴァリエール公爵家に連れ帰ってもらいなさい!」
絶え間ない上、狙いの定まらない爆発にビクビクしていた一同は、ホッと一息つく。
「ほらルイズ、帰ってゆっくり休んで。いいから、帰りましょう」
友人のキュルケの情けが、なけなしのプライドを引き裂く。もう言葉も出なかった。


夢の中、闇の中。ルイズは、青銅色の恐ろしい顔を持つ悪魔たちに追い回されていた。
人間の心を貪るような異常な造型と、魂をひねり潰すような嘲笑。口からは牙をむき出し、意地悪い視線で蔑む。
(食い殺される! 私が召喚してしまったの? それとも私の絶望と恐怖の産物?)
キュルケに、モンモランシーに、ギーシュに、コルベールに似たような、おぞましい顔、顔、顔、顔。
足を滑らせて倒れたルイズに、仮面をつけた半裸の男が顔のついた大斧を振りかぶって、差し出された頚をズンと刎ねる。

「いやっ……いや――――――――――っ!!」


「おはよう、ルイズ。だいぶ、魘されてたわね?」

いきなりキュルケの巨乳が目に入った。もう朝か。
勝手に《開錠》の魔法を使うのは校則違反だが、余程呻いていたのか。
「あ…はあ……夢を……悪魔たちが、私を食べようとして……」
「まあ、可哀想なルイズ! 夢の中でも気が休まらないなんて。でも大丈夫よ、私が応援してあげるから。
 けど、運がいいわね。本当は留年だったのに、コルベール先生も人がいいんだから……」
「ツェルプストーに応援されても、あんまり嬉しくないの」

一方、学院長室。学院長オールド・オスマンが、コルベールに成績証明書を見せてもらっている。
「今学年の生徒の出来も、まあまあじゃな。外国人留学生に二人、優秀なのがいるようじゃが……」
「はい、二年生進級も無事終わりそうですが……約一名」
「ヴァリエールのゼロ娘か……ま、これでダメなら諦めもつくじゃろ」
二人は揃ってため息をつく。国一番の大貴族で優秀なメイジの娘が、なぜこうなのか。

「ともあれ、有為な若者を育てる事は、国家のためでもあります。
 それは魔法に限りません。学芸、武勇、礼節、倫理、柔軟な発想なども、健全に育成せねば」
「そうじゃのう、近隣諸国との関係もこじれておるし……姫殿下があとを継がれても、これからが大変な時じゃ……
 わがトリステインにも、アンリエッタ王女を補佐するすぐれた人物がいればのう……
 いやいや、マザリーニ枢機卿はよくやっとるが、政治・軍事をはじめ、より天下のことに通じた知恵者が……
 さすればわが国も……」
ドカアアアアンという爆発音が、せっかくシリアスになっていたオスマンのセリフを遮った。ルイズだ。
「ええい、またかね。期限はもう明後日じゃろ? いい加減にしてくれんかのう」

だが、丸二日経ってもルイズは使い魔を召喚できなかった。黄色い朝日が昇る。
「(フラ…)使い魔を……今日中に使い魔を呼び出せないと……人生終了ね……」
ルイズは《ヴェストリの広場》に向かっていった。すぐ爆発音が響き始める。

そこへ、朝食に向かう前のギーシュたちが、音を聞きつけて通りかかる。
「見たまえ皆、あそこにルイズがいるよ。自分の爆発で倒れている。ああ、杖も手落として……」
「そういや、今日中に召喚できないと留年ね。退学かも」
「はああ、可哀想。玩具にするには最適の可愛い娘なのに」
「あんた、そっちだったのキュルケ……」
モンモランシーがスザッと引く。大体フェロモン過多なのだ、この成金ゲルマニア女は。

「まてまて、僕に面白い考えがある」
ギーシュが意地悪く笑うと、モグラの使い魔ヴェルダンデに命じて土を掘らせ、
ルイズの傍まで行かせてから戻って来させる。咥えているのは、ルイズの杖。
「ちょっとギーシュ、今何したの?」
「《錬金》で作った青銅製の偽物の杖と、密かに取り替えておいてやったのさ。
 どうせ魔法なんか使えないんだ、杖が偽物なら爆発も起きないし、かえって安全だろう?」

イジメ、かっこ悪い。二人はしらけ切ってそっぽを向く。
「貴族の誇りに何するのよ、馬鹿。付き合ってらんない、行きましょモンモランシー!」
「そうね、頑張ってる女の子に意地悪なんて、人として軸がぶれているわ。ちゃんと返してあげなさいよ」
「ま、待ちたまえ君たち! ああ、ルイズがビックリする顔が見物なのに」
ギーシュは引っ込みがつかず、広場の入り口でうろうろしている。


やがてヨロヨロとルイズが立ち上がり、朦朧とした頭で意識を保つ。体が生命の危機を知らせている。
「もう三日三晩寝てないし、何も食べてない……。
 使い魔が来てくれればいいけれど、もし来なければ……このまま……」
悲壮な覚悟で、青銅の偽杖を振り上げる。だがもう、精神力も底を尽いた。しゃがみこんでしまい、動けない。
「ご先祖さま……始祖ブリミルさま……どうかルイズに、使い魔を一体、お与えください……
 ああ、気が遠くなってきたなあ……もし神さまがいるのなら……使い魔を………」

「ゼロのルイズ、どうですか?」
ハッ、とルイズが振り向く。声は聞いたことがあるような、ないような。
傍に立っていたのは、六十歳過ぎぐらいの小柄な老貴婦人。杖を持ちマントを羽織って、ルイズを見下ろしている。
学院の先生か、非常勤講師だろうか。そう考えるのが一番自然だった。
「あ……貴女は? なぜ私の名を…?」
「ほら、何かいるわよ」
地面に銀色の鏡が現れ、それが水面のように波立って、ザバッと猿のような獣が現れる。その顔は人間の老人にそっくりだ。
「きゃあ!!」
バシャンとしぶきを上げ、怪物は鏡面に沈む。尻尾がちらりと見えた。

「ふっふっふ、せっかくの獲物を逃してしまったわねえ」
「い…今のは…?」
「気にすることはないの。だいいち、その杖では使い魔は呼べないわ。貴女自身の杖でなければ……」
よくよく手元の杖を見れば、私の杖ではない。誰が取り替えたのだろうか、イジメかっこ悪い。
「心配しないで。私がもっといい場所を教えてあげる。その杖を持ってついておいで」
「あ…あの……? 貴女はこの学院の先生、ですか?」
「いいえ、もっと凄いものよ」

スタスタと先を歩く、余裕綽々たる老貴婦人に、ルイズはピンと閃く。
「貴女はもしや……私の呼び出した使い魔では……?」
「ばかをいわないで、私を使い魔などといっしょにするなんて。
 さっき貴女が呼び出しそこなったのは、水中に棲む猿に似た精怪。大したものではないわ」


ズンズン進む彼女に、ルイズは遅れないように着いていく。足も立たないはずだったが。
いつしか二人は学院を離れ、深い山奥へと迷い込む。
「近くにこんな所あったかしら……? いつ霧が……?
 それに、さっきまでは動くのもおっくうだったのに、今はやけに体が軽い……」
急にガラッと足元の地面が崩れる。あわてて下を見ると、なんと切り立った崖の上だ。
しかも眼前には、洋々たる大海が広がっている。

「こ…これは…? いつの間にこんな所に………」

「ここは《東方》の海の果て」
いつの間にか、老貴婦人は再びルイズの背後にいる。その髪は赤金色に輝き、顔はまるで磨いた銅のようだ。
「と…《東方》…!? しかし、そんな……も…もしや貴女さまは、始祖ブリミルさまですか!?」
「おっと、それは違うわ。まあいいから、そこから使い魔を呼んでみて。貴女は使い魔が欲しいのでしょう」
「で、でもこの杖は……」
「いいからとにかく、私のいう通りやってごらんなさい」


千載一遇のチャンスだ。高貴で強力なメイジが、私の手助けをして下さるとは。
藁をも掴む思いで、ルイズは前向きに気持ちを切り替え、杖を構えた。

「気を抜いてはダメよ。たとえ偽物の杖でも、全身全霊をこめて集中すれば、竜でも召喚することができるのよ!」
「りゅ…竜でも!?」
「そうよ、杖の先、舌の先に全身の魔力を集めるの。
 技術も力もいりはしない、ただ召喚をするという、ただそれだけのことを……
 純粋に……強く……念をこらすの」

言われるまま、ルイズは残った魔力を集中する。老貴婦人の鳶色の瞳は、なぜか四角い。
「貴女は、私が始祖ブリミルではないか、と言ったわね?
 そうじゃない、でも私は、時によってはそれ以上のもの。
 私は、貴女の純粋に《生きたい》という気持ち、使い魔を求める心に応じて現れた。
 一点の濁りのない、純粋な心で私を求めるなら、私は時には天をも動かす。
 けれど、少しでも心に濁りがあるなら、どれほど高位高官の者であろうとも、
 始祖ブリミルであろうとも、私にまみえることすらできない」

大海がドオオオオオと大波を立て、崖が震える。しかしルイズの精神は、小揺るぎもしない。
「純粋に……心を純粋にするのよ。一切の邪心も恐れも疑いもすべて捨てて、この大自然の中に身を投ずるの。
 どう、海の中が見えてきたでしょう? 杖の先に宇宙を感じるでしょう!
 さあ、呼んでみて、竜を!」


きた。


逆巻く海面が銀色に光り輝き、その中から巨大な、ワニのような頭部が姿を顕す。
頭には枝分かれした二本の角が、頚には鬣が、牙の並ぶ大きな口の周りには髯が生え、
鼻先に二本の長い鬚がある。眉毛の濃い突き出た眉間の下には爛々と輝く眼があり、
体は蛇のように長く、大きな青金色の鱗に覆われていて、力強い四肢には五本の爪があった。
全長は、何百メイルにも及ぶだろう。まさに竜(ドラゴン)。その神々しい姿に、ルイズは見惚れる。

「そうよ! よく竜を呼んだわ! もし貴女がこの気持ちを忘れず、もう一度私と会うことができるなら、
 いずれもっと大きな竜を呼ぶことができるでしょう!」

老貴婦人が嬉しそうに叫び、ルイズの周囲が光に包まれた。


その日の夕方、《ヴェストリの広場》の入り口に、今朝の三人が集まっている。
「なんですって、あのルイズ、まだやってるの?」
「ああ、もう夕方になるっていうのに、あの時のままずーっと杖をかまえて、使い魔を待っているんだ」
「あれから何時間経つと思っているの? 貴方が授業にもこないから、ルイズと浮気しているんじゃないかと思って、
 わざわざ様子を見にきたのよ。感謝しなさい!」
モンモランシーが頬を染めてツンデレする。しかし、その間の皆のスルーっぷりが悲しすぎるではないか。
キュルケも肩をすくめ、ため息をついた。

「流石に、杖が偽物なのに気づいたんじゃない?」
「気づいてないよ。呪文をブツブツ唱えながら、気絶したみたいに硬直しているんだもの。
 僕はずっと見ていたから知っている。可哀想な娘だね」
「「可哀想なのはあんたよ」」
ハモッてジト眼で二人が睨む。なんという馬鹿だ。

「あ…杖を振るわよ!?」
モンモランシーが動きに気づき、二人もルイズを注目する。
ぼんやりと地面が銀色に光り、鏡となった。三人は予想外の展開に、身を乗り出す。
「何か出てくる!?」「まさか!」「ああっ!!」


鏡面が水のように波立ち、杖を振り上げたルイズの手元に、一抱えもある大きな《鯉》が召喚された。
三人はあっと驚く。とうとうあのルイズが、《使い魔》を召喚したのだ。しかも、自分の杖ではない偽物の杖で。
使い魔が魚ということは、彼女の系統は《水》なのだろうか?
倒れこむルイズをキュルケが駆け寄って支え、ギーシュが大きな金ダライを作り、モンモランシーが水を張る。
《鯉》は青金色の鱗を煌かせ、悠々とタライの中を泳ぎ出した。


このルイズ、魔法成功率の低さから、皆に《ゼロのルイズ》と呼ばれた少女こそ、後の《虚無のルイズ》である。
ルイズは四十五年後、このトリステイン魔法学院で、再び竜を召喚するのである。

(つづく)

新着情報

取得中です。