あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

『使い魔くん千年王国』 第二十四章 開戦

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

翌朝、三人は荷物を背負い、魔女のホウキで『火竜の山』へ向かう。
昨夜出た蛙の目玉は、ぬるっとしてイクラに似た食感があり、意外と旨かった。
ミスタ・ポルナレフは気味悪いと言って遠慮していたが。…そんな名前だったかな? あの禿は。

しばらくして、シエスタが眼下に古い寺院のような遺跡を見つけた。『占い杖』が指すのもそこだ。
三人はゆっくりと、寺院の手前に舞い降りた。大きなドームと尖塔は、回教の寺院に似ている。
「ふむ、門には魔法で封印がしてありますな。いや、寺院全体にか…上からは入れませんし、ここを開けましょう」
ミスタ・カマンベールに開錠を任せるが、結構頑強な封印のようだ。…何か違うな。

ふと、門の脇の石碑に彫られている文字に気がついた。手のひらで埃を払う。
そして文字に、ゆっくりと視線を這わせる。…これは、失われた古代ヘブライ文字だ。
「……まさか、『創造(イェジラ)の書』…か!? なぜこれが、ここに」
悪魔召喚のために、悪魔自らが書き記したとも言われている禁断の魔術書。その断片だった。
「二人とも、開きましたぞ! さあ、入りましょう」

「……っきゃ、何これ!? 石像?」
門の中のホールにあったのは、一対の竜の石像。おそらく六十年前に封印された、二頭の火竜だ。
ファウスト博士とムラシゲルが、石化の魔法でも使ったのだろう。今にも動き出しそうな迫力だ。
ミスタ・コルホーズは熱心にあちこち触っている。…あ、近い。近くなってきたぞ。
「ふむ、石化か…固定化の魔法はここでもしっかりしたものらしいですな。
 ミスタ・マツシタの師匠は、いったいどれほどのメイジだったのか…」

「『占い杖』が、もっと奥に行きたがっている! 火竜の封印は後で解くとして、ひとまず奥に進もう」
扉をまた『開錠』して、奥の部屋に入る。螺旋階段があり、地下に続いている。
何十メイルか下ると、広い地下空間があり、湿った土に何かが描かれている…。
「……やはり……これは……!」


懐かしい、見覚えのある図形と数字。ずっと小さな頃から慣れ親しんできたもの。
「これは…『悪魔召喚』の魔法陣か……!!」
ファウスト博士の異世界における遺産。その一つが、この魔法陣だったのだ。
近くの石碑には博士の字で、火竜解放の合言葉も書いてあった。

せっかくだ、この際『悪魔召喚』を試してみようか。火竜もなかなか魅力的だが、
呼び出すからには火竜よりもずっと強力で、従順な奴が欲しい。
地獄の番犬ケルベロス? エジプトの聖蛇ウラエウス? それとも魔界の貴公子メフィストフェレス?
ソロモンの笛がないのが残念だが、これらのマジックアイテムでいくらか代用できるだろう。カネもある。

「ミスタ・コルベーリュ! シエスタ! 協力してくれ! ぼくはこれから、『悪魔』を召喚して戦力に加える!!」
「惜しい! 私の名前は、『コルベール』! 『炎蛇』のコルベールですぞ!!」
そんな些細なことはどうでもいい。この独身男性教師(42)め。


「『この麗しき日に、始祖の調べの光臨を願いつつ、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、
 畏れ多くも祝福の詔を詠みあげ奉る』……で、これから、次に火に対する感謝、水に対する感謝……、
 順に四大系統に対する感謝の辞を、詩的な言葉で韻を踏みつつ詠みあげるんだけど……」

一方、こちらはトリステイン魔法学院。
ルイズは、自室に篭って詔の作成に余念がない。王宮の文官などに草案の写しをもらったりはしたが、
やはり一世一代の晴れ舞台だ、歴史に残るものは自分の手で作ってみたい。

「……う~~~ん、火と聞くとキュルケの、水と聞くとモンモランシーの、土と聞くとギーシュの、
 風と聞くとワルド様やタバサの顔がちらつくわね……。
 いや、コルベール先生は火だし、姫様は水、シュヴルーズ先生やフーケは土、
 ウェールズ皇太子やギトー先生も風なんだけど……」
いまいち上手い文句が思いつかない。といいますか、こいつらの共通点ってなんだ。

マツシタがいても碌な事は言わないだろうし、オールド・オスマンは論外だ。
あと二週間で長ったらしい詔を作るのは、大変そうだ。
「はぁぁぁ、どこかにこうゆうのを作るのが得意な、麗しい貴公子様はおられないかしらねぇ…」
机に突っ伏し、ルイズは溜め息をつく。

大体、系統魔法どころかコモンマジックも碌に使えないルイズには、別に四大系統に感謝する気もない。
でも水なら姫様の系統だし、よく傷の治療で世話になるから、これから作ろうか。
「水…水…ミミズ…岩清水…う~んと、そうね…。
 『万物の根元は水なり、存在する全てのもの、それから生成し、それへと消滅す…。
 大地は水の上に浮かぶ。世界は水から成り、そして水に還る』…どっかで聞いたような句ね。
 ありがちかもしれないけど、いいじゃない!」

残念、それはイオニアの自然哲学者タレスの学説だ。
インドの『リグ・ヴェーダ』にも、そんな水についての考えがあったりもするが。


松下たちが『火竜の山』に飛んだ、その日の夜。空は暗雲に包まれている。

タルブの村の人々は不安に駆られていた。ラ・ロシェールの方角から爆音が聞こえてきたのだ。
しばらくすると、空からいくつも巨大なフネが降りてきて、タルブの草原に錨を下ろし、上空に停泊する。
その甲板から無数の火竜が飛び上がった! 新生アルビオンの空中戦艦だ。

「あああ、あれはアルビオンの艦隊じゃないか! 不可侵条約のお触れが出たばかりなのに…!」
「やっぱり奴ら、この国をも攻め取るつもりだったのか」
村人達は家に隠れていた。宣戦布告なしの奇襲だ。しかし、何があるわけでもないこのタルブに空襲とは。
火竜は竜騎士を乗せており、口から火炎を吐いて立ち並ぶ家々や森の木々を焼き払い始めた!
巨大な空中戦艦からは砲門が多数突き出し、そこから轟音と共に次々と砲弾が撃ち出される!

「い、いかん! 家にいると狙い撃ちにされるぞ、山に逃げろ!」
シエスタの父が先導し、家族は揃って家から飛び出す。他の家からも村人が逃げ出していた。
あの子供と娘、それに禿頭のメイジはどうしているだろうか?
村人の中には、逃げ遅れて炎のブレスを食らう者、砲弾の直撃を喰らいミンチになる者もいる。
闇夜の中で、阿鼻叫喚の地獄絵図が、描かれようとしていた。


《御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
 すると、多くの雷鳴と、諸々の声と、稲妻と、地震とが起こった。
 そこで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。
 第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血の混じった雹と火とが現れて、地上に降ってきた。
 そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、また、全ての青草も焼けてしまった》
  (新約聖書『ヨハネの黙示録』第八章より)


「ッははははは、容易いことだ! 人間どもがゴミのようだ!! 見ろ、あの脆さを!」
『魔眼のワルド』は戦艦『レキシントン号』の甲板から、タルブの村が滅ぼされる姿を見て嘲笑っていた。
ベリアル老からの連絡で、ガリアとゲルマニアが動かないことは分かっている。
港町ラ・ロシェールと、平原がある近郊のタルブの村を占領し、トリステイン侵攻の拠点とする作戦だ。
近在の領主はすでに洗脳・篭絡してある。あとは軍を集結させ、王都トリステインに攻め寄せるばかりだ。

「……私はあんまり、こういうのは好きじゃないね。戦争じゃない、ただの虐殺は、さ」
ワルドの隣にいた女、『土くれのフーケ』は呟いた。盗みは好きだが、殺しは好きではない。
「そうかね。だが、戦場では存分に働いてもらうよ、マチルダ」
奇襲作戦は大成功だ。新生アルビオン――いや貴族連合『レコン・キスタ』、
いや、『神聖アルビオン共和国』の軍勢は集結を開始する。
そして神聖皇帝ことクロムウェルも『レキシントン号』に乗り込んでいる。


「エロイムエッサイム、エロイムエッサイム、われわれは求め訴えたり」
「エロイムのエッサイム、エロイムのエッサイム…」

「ミスタ・レオパルドン、『われわれ』ではなく『我』でいい。
 それにシエスタ、呪文に『の』をいれちゃだめだよ」
「は、はい、申し訳ありませんメシア」
「グオゴゴゴ……」
魔法陣を発見してから丸一日ばかり。寺院に戻り、火竜を合言葉で解放して仲魔にすると、
松下は薄くなった線を書き直したり、数字の配置を検討したりと、悪魔召喚に向けて余念がない。
コルベールとシエスタは、弁当(人魂の天ぷら入り)を食べたりしながら、それを手伝った。
幸いに儀式用の道具一式も残してあったのだ。
そして、三人は遂に悪魔召喚の儀式に挑もうとしていた……。

「『大気の生霊』を呼び出すのは僕がやる。きみたちはここで魔法陣に向かい、
 一心不乱にさっきの呪文を唱え続けてくれ。途中で何があろうと、いいというまで中断しないでくれ」
「分かりました、メシア! たとえこの身が塵になろうとも!!」
「いや、しかし平民の彼女に『サモン・サーヴァント』は使えないのでは…」
「ミスタ・マンモスマン、これは『東方』の秘術です。彼女にも呪文を唱える口はある。
 『言霊』というのは、誰にでも備わっているもの。メイジはその力がやや強いだけに過ぎません」

松下が持論を披露し、コルベールの反論を封じる。いいから、いい加減本名で呼んでやれ。
結局、何体かの『悪魔』を同時召喚するというゴージャスな結論になっていた。
(何か分からんが、今のぼくは力が漲っている。明日は日蝕だというから、
 占星術的な霊力が魔法陣に影響して、面白い効果を発現させるかも知れないぞ)
松下は、不気味にほくそ笑む。

(つづく)

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。