用語集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用語集


ここでは OREC TCG で使われる専門用語について解説します。
不明や確認等、必要な際に、辞書としてご活用ください。

過不足や新たな用語が発生した場合、編集して頂けましたら幸いです。

なお、ゲーム中に解決不可能な問題が発生した場合、
左部メニュー内「OREC TCG BBS」内「質疑スレ」にて
億千万のとしあきにより検討することが可能です。

有効にご活用ください。


/ 数字・外来語・記号 / あ / か / さ / た / な / は / ま / や / ら / わ /





数字、外来語、記号

X

カードの記述にXが含まれている場合、
その値がゲームの状況によって変化する数字であることを表します。
カードの記述に従い、状況に併せて数値を確定してください。
-------------------------------------------



アップキープ・ステップ

開始フェイズの2番目のステップ。

パーマネント能力の使用、EVカードの使用が可能。

アンタップ・フェイズの直後にあり、
プレイヤーによる任意のマニューバが可能になる最初のステップです。
また「アップキープの開始時に~」と書かれている能力は、
このステップでスタックに置かれます。

互いのプレイヤーが能力の使用やEVの使用を選ばなくなったら、
ドロー・ステップに進みます。

割と忘れがちなので、気をつけましょう。
-------------------------------------------

後入れ先出し

MTGのプレイヤーがスタックの扱いを説明するときに使う用語、らしい。

ORECT TCG でもスタック方式を採用しており、
同スタック内ならば、後に出された行動が、先に出された行動よりも優先されます。

類義語として、あートイレ先だし、中入れ外出し、かつを本だし、等があれ。 
-------------------------------------------

あなた

カードに書かれている「あなた」は、そのカードのコントローラーを刺します。
相手のカードを読んだからといって、あなたではありません。

俺の嫁論争とも関係ありません。
-------------------------------------------

アンタップ

カードがタップ前であることを示す状態。
「Tap」のアイコンが置かれていないカードはこの状態です。

あなたのパーマネントは、あなたのターン開始時に行われるアンタップ・ステップにて、
特別な状態でない限りすべてアンタップされます。

また、効果の中にはカードをアンタップさせるものもあります。
アンタップ状態に復元されたカードは、タップを必要とする能力をもう一度使うこともできます。

ヤマザナドゥ。
-------------------------------------------



生贄に捧げる

場に出ているあなたがコントロールするパーマネントを選び出し、
病院へ送ること。そのときに病院送りによるライフ減産は適用されません。

このゲームではMTGと違い、破壊との区別はありません。

カードを「捨てる」(ディスカード)とは異なる動作なので、注意してください。
-------------------------------------------

イベント・カード(EV)

アンタップ、ドローフェイズを除き、互いのプレイヤーがいつでも使用できるタイプのカード。
対戦相手のターン中でもコストを支払い、プレイすることができます。

他のあらゆるマニューバに対応してプレイすることもできますし、
その場合はスタックのルールにしたがい先に効果を発揮します。

スタックの解決後は、特別な指示がない限り病院におくられます。
-------------------------------------------

このゲームでの色は、白、青、緑、赤、黒 の五色です。
呪文や能力により色を選択する場合、上記の中から選ばなければいけません。
クレイジー・ルールでない限り、土留色とか、反省の色、虹色幻想等は駄目です。

カードの色はカードの背景色で決まりますが、灰色の場合は「色をもたない」であり、
「無色」を色として扱うことはできません。 

また、MTGと異なりARカードは原則としてその色を持っています。



打ち消す

それより前にある対象のマニューバを無効にする記述です。
但し、「タップして~を支払う」等は使用条件であり、能力ではないため、
無効にはなりません。「手札から~枚捨て」「~を生贄に捧げ」も同様です。

なお、フェイズの進行、土地のプレイ、はマニューバではないので打ち消すことはできません。



エキスパンション

そのカードの元ネタのシリーズや、製作者による区分訳に活用される記述です。
「大エキスパンション」と「小エキスパンション」があり、
大は元ネタのシリーズを、小は製作者による区分を示します。

なお、大エキスパンションはエクステンドに成りえますが、
小エキスパンションはエクステンドとして扱わないので注意してください。
-------------------------------------------

エクステンド

そのカードが何であるかを示す要素です。
例えば「全自動そば打ち機"ローエングリン"」は、「ローエングリン」という固有存在であり、
「機械」であり、「そば打ち機」でもあります。

固有名詞も特徴も、全てエクステンドとして扱われます。

普遍論的には conceptualism の立場をとり、
また、あらゆる過去、上位世界、設定あき認定の別次元、での出来事も性質として扱います。

しかし「にわとりは卵」ではなく、「卵であった過去がある」として扱います。
さらに加えてで言えば、俺は原子です。但し亜鉛ではありません。


なんだかややこしいのですが、つまり今確定できる要素は、なんでもかんでもエクステンドです。


なお「どう見ても絵では茶色なのだが、設定上は黒」の場合、
設定が優先されます。絵画では光源の具合や演出によって色味が変わることもあるからです。

新たな要素がプレイ中に確定されたら、Wiki編集していただけると助かります。
また、あいまいな部分に関しては、質疑スレでの質疑をお願いします。
-------------------------------------------

エンチャント

エンチャントは、カードにカードを重ねている状態で表します。

装備や装着、同化、設置・・・等と同義であり、
ITMカードは基本的にエンチャントをするカードです。

また、エンチャントを「している側のカード」は「エンチャント」の
エクステンドを持ちます。

それに対し、対象となっている「パーマネント、土地、場」は「エンチャントされている」の
エクステンドを持ちます。
-------------------------------------------







カード

OREC TCGはカードゲーム(厳密にはTCGシミュレーター)であり、
ゲーム中で使われるカードのグラフィックを持ったものはカードのエクステンドを持ちます。

但し、トークンはパーマネントとして扱いますがカードではありません。
これはオフライン・セッションでカードをトークン代わりにしても同じです。
上記ルールは、エクステンドルールに勝ります。

ごはんですよは、ごはんではないですよ。
-------------------------------------------

カードを引く

セッション開始時にORECTCGで使用したデッキからカードを手札に加えること。

別に所持しているデッキからカードを引いたり、
ご自慢の財布からVISAを引いたりするのは駄目です。
駄目なものは駄目なのです。

特に指定がない場合は、「draw with deck」を選び上から順番に引きます。

なお、手札に加えるのではなく「デッキから場に直接プレイする」等の処理は、
カードを引くとは認識しません。
-------------------------------------------

解決

あらゆるマニューバは、宣言してからすぐに効果が出るものではありません。
初めに「スタック」と呼ばれる処理表に置かれ、効果がゲームに反映するのは、
その「スタック」を全て処理した後です。

効果が反映する瞬間を「解決した」と呼び、
一度解決したスタックにマニューバを乗せることはできません。
-------------------------------------------

開始フェイズ

ターンの最初のフェイズ。
開始フェイズは、アンタップ・ステップ、アップキープ・ステップ、
ドロー・ステップ、の3つのステップから成ります。
-------------------------------------------

カウンター

計測器 counter であり、4倍になるクロスカウンターではないので注意してください。
一部の能力の中には○○カウンターを使い、ゲームに効果を与えるものがあります。
-------------------------------------------

LOG

取得中です。