ルーリング 基本


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲームの基本、はじめに。

どういうあんだすたん?
―――――――――――――――――――――――――――――――
ここでは、実際にゲームの進行させるために必要となる、
前提となる基本的なルーリングをご説明させていただきます。

慣れない場合は大変難しい物に感じられるかもしれませんので、
『珍獣でも解るORECTCG』を読んだり、
『上級プレイヤーとのゲーム』等で、まずゲームを体験してみましょう。

ルーリング・ガイドは、一瞥しておけばゲームに慣れた人ならば
理解してしまうことが出来ますが、基本的には確認用として機能します。


大前提

はめつしれつわーくわくわくせい。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ORECTCGでは、カードの能力はルールより上位に位置します。
矛盾があったとしても、常にカード能力を優先してください。
ゲーム内の優先順位は「レギュレーション>カード能力>ルール」です。

例えば、ルール上はコストを支払わなければ、
カードを使うことは出来ませんが、そのカードに
「このカードはコストを支払わずにプレイ出来る」と書いてあった場合、
そのカードは、コストを支払わずにプレイすることが可能です。


基本用語

このくらいのことをしっておくこと。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ゲームを始める前に、いくつかの基本的な用語を覚えてしまうと
理解がしやすくなります。

ここでは、知っておくべき7つの基礎用語について説明します。

用語の意味付けは、ルーリングの一環ですので、
このゲームのプレイ中は、その用語はルールで指定された
意味を持つことになります。

全てを丸暗記しておく必要はありません。「大体どのように行うか」を
理解しておけば、カードを進める上でおのずと身について来るでしょう。
(TCGではプレイをするのが、もっとも効率的な理解の仕方です)

なお、専門用語の詳細については、左部メニュー欄の『用語集』にて、
纏めさせて頂いております。プレイ中に解らない単語が出てきたら、
有効にご活用下さい。

1.ターン

ORECTCGは、ターン製のゲームです。
ゲームの状態は常に『どちらかのターン』であり。
ターンを持たないプレイヤーは、能力の使用、イベントの使用、
エリアの使用、ブロックの指定、以外の行動権を持っていません。

ターンを持っているプレイヤーが攻め側、
持たないプレイヤーは受け側、と把握しておくと、
イメージしやすいでしょう。

2.タップ/アン・タップ

タップは、ORECTCGでカードが行動済みであることを示す方法です。

タップをするには、カードを右クリックして『Tap』を選択します。
カードに[Tap]の表示アイコンがつきますが、
これを『タップ状態』と呼びます。

タップ状態のカードは、一般的に戦闘行動や、能力の自発的な使用、
等を行う事ができません。シュミレーション・ゲームで云う
「E」の状態になります。

アン・タップは「UnTap」カードがタップされていないことを
示す方法です。

アンタップをするには、カードを右クリックして『UnTap』を
選択します。カードに[Tap]の表示アイコンがついている場合、
タップ状態が解除され、『アンタップ状態』であることを示します。

基本的に指示がない場合、カードはアン・タップ状態で場に出ます。
また、あなたのターンの開始時に、あなたがコントロールを持つ
全てのカードはアンタップされます。

アン・タップ状態のカードは、戦闘に参加したり、
能力を使用することが出来ます。

土地の使用や、キャラクターカードの動作等、
あらゆる状況で必要になる動作なので予め覚えておきましょう。
オフライン・セッションではカードを横向きにして表現します。

3.コスト

コストは、カードをプレイ(手札から場に出す)のに必要な、
運営資金のようなものです。多くの場合、
コストは『エリア・カードをTapする』ことで入手できます。

入手したコストは一時的に「コスト・プール」に蓄えられます。
(実際には表示されません、多くのTCGではこの方式です)

コストは、そのターンの区切りで、消失します。
通常のエリアは『大抵1のコストを生み出す能力』がありますので、
『使いたいカードのコストと同じ数のエリアをTapする』ことが
基本動作となるでしょう。

但しキャラクターカードだけは、同じカード色のコストを最低1以上
支払わなければ、プレイすることが出来ませんので気をつけましょう。
(イベント、バトル、アイテム等はプレイ出来ます)

"例:PG属性(青)の「麻生奏詠」を場に出したい場合、
青属性のコストを1消費する必要がある"

4.エクステンド

エクステンドは『それである』ことを示します。

例えばあなたは「自分の名前の存在」であると同時に
「人間」でもあるでしょう。

この要素は、多くの場合『対象である事を示す』場合に使われます。
例えば、「M・M」は、キャラクターカードを対象とする能力の
指定先となると同時に、「NEXT属性」や「女性」を対象とする
能力の指定先としても扱います。

カード・タイプや属性、ステータスの数字、等も一種の
エクステンドに含まれます。

5.パーマネント

場に存在している、キャラクターカード、アイテムカード、
エリアカードは、場に出た時に『パーマネント』の
エクステンド属性を持ちます。

これらのカードは何らかの理由で取り除かれない限り、
そのまま場に残ります。

(イベント、バトルカードは、解決時に墓地へ送られます)

6.対象

能力やイベントに『~を対象とする』等と書かれている場合、
そのカードのコントローラーは対象を選択する事が出来ます。

対象の選択先は、1体であったり、Ⅹ体であったりするでしょう。
(多くの場合カードの能力に書かれています)

例として
「キャラクター1体を対象とする、それに運動-1の修正を与える」

と書いてあった場合。

その能力を使用したカードのコントローラーは、
場のキャラクターカードから一枚を選び出して決め、
そのキャラクターカードは運動-1の修正を受けます。

対象数の指定がない場合、それは
『その要素に当てはまる全てのパーマネント』を指します。

例として「PG属性のキャラクターは学力+1の修正を受ける」と
書いてあった場合、場に在る全てのPG属性のキャラクターカードは
学力+1の修正を受けます。

7.コントローラー

そのパーマネントの「所有権」を持っているプレイヤーを示します。

通常、自分の手札や山札からプレイした、自分の場にあるカードは
自動的に所有権、コントロールが発生します。

コントロールを持っているカードは、基本的に自分の場から
離れることはありませんが、カードの能力で相手にコントロールが
移る場合もあります。

なお、コントローラーの移ったカードを墓地へ送る際は、
『どういう状況であっても持ち主の墓地へ送られます』


最低限覚えておくべき用語は以上の通りとなりますが、
ゲームを始めずにいきなり覚えてしまうのは困難でしょう。

予め初心者であることを断った上で、友達とプレイをしてみて、
解らない事があったら、調べたり、聞いてみたり
すれば良いのですから。





カードの処理/解決

じごしょりを、おねがいします。
―――――――――――――――――――――――――――――――
ORECTCGでは、あらゆる行動の解決は『スタック』と呼ばれる
方式で処理します。

あなたがあらゆるマニューバ(動作)を行った際、
その行動は「スタック」に置かれ、解決を待ちます。

その直後、相手プレイヤーに「優先権」と呼ばれる行動権利が発生します。
優先権を持っているプレイヤーは、そのスタックに別の
(そのプレイヤーがその状況で可能な)マニューバを乗せれます。

これもマニューバですから、次はまたあなたが「優先権」を持ち、
さらに能力を上に乗せていくことが可能です。
こうした優先権のやり取りは、両方がお互いに連続して
パスをしあうまで続けます。

お互いがパスをしたら、スタックに載せられた能力を
『上から』解決していきます。

上から、なので初めに動作した行動は、
後に出された能力の制約を受けます。

以下に例を載せますので、併せてご参照下さい。


-例-
あなたがプレイヤーに「麻生奏詠」で攻撃を宣言した際、
相手プレイヤーはアンタップ状態の「君嶋結城」をタップさせ、
「通常能力:エレクトロウィザード」
を攻撃スタックの上に乗せた。

「エレクトロウィザード」は場のキャラクターカードから
一枚を選び出しタップ状態にさせる能力がある。

あなたのキャラクターは『バトルに参加する前にタップ状態になった』
事になり、攻撃することが出来ない。

(バトルの参加条件は「アンタップ状態であることだから」です)



上記の例のエレクトロウィザードに対し、
あなたが同じ能力を持っているカードのコントロールを持っていたり、
同じ能力のイベントカードを持っているならば、
さらにそのスタックを上書きすることが可能です。

その場合、

「君嶋のタップ→君嶋アンタップからの麻生タップ
→アンタップ状態の麻生の攻撃」

となるため、
『スタンされている君嶋にエレクトロウィザードは使えない』という
状態が一番初めのマニューバで確定され、
タップされない麻生は攻撃を行う事が出来ます。

―――――――――――――――――――――――――――――――

この項目の説明は以上です。
慣れるまでは分りにくいかもしれませんが、
一度プレイするとすぐに覚える事が出来ます。

つまりは、切り札の出し合いゲームなのですから。

LOG

取得中です。