※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】アーチャー
【出典】Fate/stay night
【種族】サーヴァント(英霊)
【性別】男
【声優】諏訪部順一
【口調】一人称:私、オレ(激昂した場合)
二人称・三人称:君
【性格】
皮肉屋で徹底した現実主義者。だが薄情ではなく彼なりの助言も送る。
正義の味方といった在り方を否定してるが本人もそれを捨て切れていない。
【能力】
得意とする魔術は「投影魔術」。視認した刀剣類他を魔力で構成する魔術。アーチャーの投影は本来のそれとはかけ離れており、宝具の投影、本来の使い手の技量まで模倣できる。

切り札は、己の心象風景を具象化させる禁呪、固有結界「無限の剣製(アンリミテッドブレイドワークス)」。
外界と隔絶されたアーチャーだけの空間であり今まで記録した剣が墓標のように突き刺さっている。

弓兵の名に違わず超長距離からの狙撃が得意だが本人はもっぱら双剣干将・莫耶(かんしょう・ばくや)を用いた接近戦が主流。
サーヴァントとしての戦闘力は高くなく、経験と投影による戦術で切り抜ける。
あくまで比較であり人間では到底太刀打ちできない高次の存在。

その他、衛宮士郎に出来ることは同様以上に出来ると見ていいと思われる。

【備考】
過去の英雄の現象、サーヴァントの弓兵(アーチャー)のクラス。だがこのアーチャーは例外的な未来からの英雄。
本編の主人公、衛宮士郎の英雄化した姿である。
正義の味方として世界を回り続けていたがやがて一人の力の限界を知り、「世界」との契約により己の死後を売り渡す代償に力を手に入れた姿。
代償行為を求めずただ人々を救っていく姿は周囲に不気味に移り決して理解されないまま、最後は助けた誰かに争いの主犯として仕立て上げられ生涯を終える。
死後も人を恨むことなく、今度は世界の「守護者」としてより多くの人を救えることに期待すらしていたが、
守護者の役割が人を滅ぼす要因を「なかったこと」にするべくその場の人を殺し尽くす、事後処理の「掃除屋」であったことに絶望。
死後を売り渡した時点で自由意思はなく、機械的に殺し続け人の醜さを延々と見せつけられた結果、過去の己の行い、存在が誤りだったと確信。
それが何の意味もない八つ当たりであることを自覚しながら、過去の己を殺す機会という天文学的な確率の望みを持つようになる。
にもかかわらず本編のどのルートにおいても衛宮士郎に助言を送り、時に命を助ける行為を取るあたり、やはり根っこは同じなのだと思い知らされる。

ちなみに生前執事のバイトをしていたためか、家事全般が異様に上手い。本人は否定しているが。



以下、ジャスティスバトルロワイアルにおけるネタバレを含む


+ 開示する







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー