※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 2296暦の我がFCケルクホフ軍は、「今週まではよひだらふ」という布陣なりき。RWBの後継の獲得の失敗のしたるに続き、2297暦にはLFWとCBに穴を開け、RDHも北という、げに怪しき様相たり。くわえて、ポイントの獲得といふ観点からも2週続けて最終戦でCC出場権を逃したのはいたかつたなり

将帥ブリッジス監督評価3.43 
戦術:攻撃ス的 15勝10敗5分け 得点53失点39

ベルフラワーA・ティーム順位:3位


ポジシヲン 名前 期数 試合数 得点数 得点補助数 黄紙 赤紙 評価点 備考
LFW ロベルト 4 30 12 6 2 0 2.47 あしなり
RFW ファン・ローイ 4 30 13 15 1 0 2.63 よしなり
OH ワイマール 2 30 12 17 1 0 3.07 よしなり
LWB ターヒュッツ 4 30 3 1 0 0 3.13 めでたしたり
LDH グローデス 8 30 1 4 5 0 2.37 あしなり
RDH ヒューズ 1 30 5 2 1 0 2.73 よしなり
RWB ヨルセン 9 30 3 2 2 0 2.90 よしなり
LCB マンチーニ 3 30 2 3 1 1 2.83 よしなり
CB ロスタ 5 30 1 0 2 0 2.73 いたし方なきなり
RCB ゴドフロア 3 30 1 0 2 0 3.17 めでたしなり
GK ルイージ 6 30 0 0 0 0 2.90 よしなり

PKロベルト、FKワイマール、CKワイマール