※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 2290暦は英蘭フォヲメシオンで4位入賞した我がFCケルクホフ軍は、2291暦は伊太利亜へと回帰せり。T5.5期の大野がいかほど評価点を出せるかがテエマになりさふであつたが、予想通りの苦境。27節で11位とすわ降格といふ事態ではあつたのだが、軍は踏みとどまり
本A残留を8期とのばせり

将帥ブリッジス監督評価3.27 
戦術:攻撃的→バランス的(25節から) 13勝11敗6分け 得点46失点46

ベルフラワーA・ティーム順位:7位


ポジシヲン 名前 期数 試合数 得点数 得点補助数 黄紙 赤紙 評価点 備考
LFW エフチェンコ 4 30 13 3 1 0 3.07 あしなり
RFW バティス 4 30 6 7 2 0 2.63 よしなり
OH ロナウディーノ 2 30 19 10 1 0 3.13 来期はこれ以上を望まん
LWB エンヴェド 2 30 0 2 0 0 3.40 めでたしなり
LDH 大野真一郎 7 30 0 9 0 0 2.30 いたし方なきなり
RDH マテレレ 3 30 0 1 0 0 2.83 よしなり
RWB カヌー 5 30 3 3 1 0 2.43 ややあしなり
LCB カルロス 2 30 4 8 0 3 2.90 すさまじ得点力
CB キャブ 4 30 1 0 0 0 3.10 よしなり
RCB ロスタ 1 30 1 0 3 1 2.73 序盤は不振をかこつ
GK ゲアトルーヅ 8 30 0 0 1 0 3.00 よしなり


PKエフチェンコ、FKロナウディーノ、CKロナウディーノ