※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本当にわからない人向け・その4

選手を配置してみる(イタリアの場合)


フォーメーションを決めたら選手を配置してみましょう。
このwikiは「イタリアメモ」という副題なので、イタリア2000のフォーメーションについて書きますね。イタリア2000はこういうフォーメーションです。



フォメを集めるのに3~5週間くらい掛かった場合、最初からいた選手達も4~6期となり、最初のころあんなに低かったパラメータもなかなか高くなっていると思います。

では、イタリアのフォメを使った場合、どういう選手をおけばいいのかを表にまとめてみます。

ポジション名 必要能力 必要適性 代表選手
LFW S 1列目左、1列目中央 ◎ロベルト エフチェンコ ロビー2~ ○ラミレス ▲ロビー1・7 リベリーノ ブランコ △オーフェン トット
RFW T 1列目中央、1列目右 ◎エイドリアーノ ピレリ バティス○ファンローイ ▲ピント アルフォンス ヨーンセン
OH T(+S) 2列目中央、1列目全般 ☆ロナウディーノ◎カラバッジォ3 ワイマール トット ○カラバッジォ2 ドラビッチ パサレラ リベリーノ▲ジノラ ゼ・コスタ
LWB S+P 3列目左、2列目左 ☆エンヴェド◎ターヒュッツ○ライムンド カルロス▲ディガラ ルドルフ 中野
LDH T 3列目中央、2列目中央 ☆ヒューズ◎ガルシア○大野4・6・8 カルデロン ブラグスタッド▲大野2・5・7ケズマン ビットマン レゲガンプ
RDH P+T 3列目中央 ◎ガルシア ヒューズ テルチ○ヒューズ1.9 マテレレ ドレイク ジュニオール ブラグスタッド ビットマン▲ターヒュッツ ガリアーノ ブラガ△ベルディーニ
RWB P(+S ) 3列目左、4列目左 ◎モンティ4.5 ガリアーノ3~6 カヌー~5 ヨルセン○サンダーP6 ▲ロカチェリ モンティ4・6 サンタクルス 上杉 藤枝5・7 バイゼ △ロドリーゴ 藤枝4
LCB P+S 4列目中央、4列目左 ◎マンチーニ カルロス○キャブ ロスタ パジェル リーマ▲ゴドフロア アルノー △ デュラン
CB T+P 4列目中央 ☆ヒメネス○キャブ ロスタ パジェル▲ゴドフロア クレメンス マルゲリータ ミサイルビッチ△ガンツ
RCB P 4列目中央 ◎ヒメネス ロスタ ゴドフロア ギード○パジェル▲カヌー △ガンツ
GK P ◎ルイージ ○ゲアトルーズ マリオ アルベルト▲それ以外のSSのGK


基準:☆タイトルの可能性がある ◎最高クラス ○鉄板 ▲穴埋め上 △ 穴埋め下

※なお、表は評価点のほかにアシスト数・得点数も考慮した小鳥遊視点の表ですので、他のサイトさんに載せてある表とは内容が異なる可能性もあります。
「必要エリア適性」は複数書いてあるものは1個目が優先。
「必要能力」の「+α」はあると明らかに働きが増す、「(+α)」はあるにこしたことはないという意味です。



なお、ルーマニアフォメを選んだ場合の表はコチラ


さて、こんな表を見せられて「OHはロナウディーノが最適なのでロナウディーノを獲ってください」と言われても急にはそのとおりにできないですよね。
ですので、今いるメンバーで可能な限り似た編成をしてみてください。
例えば、OHには最初からいるメンバーにチャベスやアンセルムがいた場合はこのイタリアでもエントリーリーグなら十分に活躍してくれます。ファン・ローイやロハスがいるなら黙ってRFWにすえることも出来ます。それ以外のポジションに関しても完全に合致する場合は多くないとは思います。それでも



こういう選手を選ぶ画面でなるべく適性が高く出て必要能力にあった選手を選んであげてください。
ちなみに適性が出ても能力にまったくあっていない場合は、その選手は活躍できません。それでも同じエントリーリーグの方々も似たような苦労は誰しも抱えているので、必要以上の心配はありません。「なるべく適している人材をおく」という程度で考えればOKです。

上位リーグにいけばそれでは通用しなくなりますが、本Aのチームですら穴のひとつくらいは抱えているのが普通です。
ですが、そのうち「ああ、LWBにはこういう選手を置けばいいんだな」とか「同じ3列目の選手でもこいつは左サイドが得意なのか」とわかってくるので心配はいりません。



◆今回のまとめ
  • まずは表とにらめっこして、選手を配置してみる
  • 最初は完璧な配置はどうせ無理なので、気楽にやる