※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 2263暦は、アイビーAリイグが25節まで7位から14位まで勝ち点2差内にひしめく大混戦となりき。我が「FCケルクホフ」軍もCBマルゲリータが評価点の下ムラを引きたれば、将帥フィルマーニの評価点も28節まで2.8台とあいなしなり。苦戦を強ひられたるも、最終3連勝を飾り22期連続残留とあいなりき。

将帥J・フィルマーニ監督評価3.00  戦術:攻撃的(25節まで)→守備的
12勝11敗7分け 得点40失点39

ティーム順位:8位
ポジシヲン 名前 期数 試合数 得点数 得点補助数 黄紙 赤紙 評価点 備考
LFW ロビー・ディーン 2 30 11 7 0 0 2.73 よしなり
RFW バティス 5 30 8 10 4 0 2.77 よしなり
OH ロナウディーノ 5 30 12 14 0 0 3.07 ややあしなり
LWB ルドルフ 2 30 2 0 1 1 2.73 軍功明らかなり
LDH ガルシア 2 30 1 5 2 1 2.93 彼ではアシストが物足らぬなり
RDH マテレレ 3 30 0 0 0 0 2.90 よしなり
RWB ガリアーノ 3 30 3 3 3 0 2.70 よしなり
LCB マンチーニ 4 24 3 1 4 1 2.75 よしなり
LCB パジェル 1 6 0 0 0 0 2.33 よしなり
CB マルゲリータ 2 24 0 1 2 0 2.33 今週のファツクユー大賞
RCB→CB ヒメネス 5 30 0 0 1 0 3.10
RCB ゴドフロア 1 5 0 0 0 0 2.50 よしなり
GK アルベルト 2 30 0 0 0 0 2.87 よしなり

※ヒメネスは24節までRCB、24 0 0 1 0 3.00です。