※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

脳内フォヲメエシヲン


其の壱 ゼ・ロスタ2007


    ○ ○ ○     ←  LWG CFW RWG
  ○       ○   ←LWH        RWH
  ○       ○   ←LWB        RWG
  ○       ○   ←LSB        RSB
      ○       ←     CB
      ○       ←     GK


「王様サッカーの極地」


 絶対的パワーでゴールを死守し、天才的パスセンスやドリブルテクニックでアシストを連発するセンターバックのゼ・ロスタにチームの命運をすべてゆだねたフォーメーション。
 がら空きになった中盤は、ゼ・ロスタのワールドクラスのパスを通りやすくするために都合が良い。そのため両WH・両WB・両SBは、ゼ・ロスタの邪魔にならないように、中盤に入れないほどのスピードの遅い選手をおくことが望ましい。また、3人のFWには、ゼ・ロスタが通したパスを、命を賭けてでもゴールゲットすることが求められる。



キー・ポジション1 センターバック

 このフォーメーションには、ゲームコントロールや起点と言った概念はない。
 とにかくセンターバックが体を張ったパワーで守備をし、自らドリブルして敵陣を突破して得点をアシストすることが重要だ。適任選手はゼ・ロスタが望ましいだろう。


キー・ポジション2 両WH・両WB・両SB

 彼らの仕事はただひとつ、「ゼ・ロスタの邪魔をしないこと」である。
 決してフィールドの真ん中に入ってきて、彼のゲームメークをぶち壊すようなことをしてはならない。ここはサイドにかじりつけるスピード0.5の選手を是が非でも6人揃えたいところだ。


キー・ポジション3 ゴールキーパー

 なにしろ守備はセンターバックとゴールキーパーに掛かっている。そのためゴールキーパーには、判断力・身体能力・テクニックなどほぼ万能と言って良い要素が求められる。
 ゲアトルイージが適任か?





理解度○の監督

イエキニーガー