※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは負けるたびに掛け金を倍額にする賭け方で、1回の当りでそれまでの負けをすべて取り戻し利益をあげる方法です。

リスク ハイリスク
リターン ローリターン
資金 かなりの余裕が必要
計算 簡単
時間 長期戦
回収率 100.1%程度
損切り 必要
勝ち逃げ 不要

利点

この賭け方では勝敗のバランスが負け側に偏っている状態でもある程度の利益があげられます。

弱点

どんなものにも必ず弱点はありますが、この攻略法の場合は弱点というより急所です。1撃で撃沈します。
負けが続くと延々と掛け金が増える、これが最大の弱点。すなわち急所です。

賭け方の例

この賭け方ではオッズが2倍の場所に賭けます
ルーレットでは赤/黒や奇数/偶数や1-18/19-36などです。
下の例は8連敗後に当たりが来た時のものです。

回転数 勝敗 掛け金 収支
1 × 1$ -1$
2 × 2$ -3$
3 × 4$ -7$
4 × 8$ -15$
5 × 16$ -31$
6 × 32$ -63$
7 × 64$ -127$
8 × 128$ -255$
9 256$ +1$

このようにいくら負けても最終的に当たりが出ればそれまでの損金を回収できます。しかし、表を見てわかると思いますが255$使って1$しか稼げないのです。
ハイリスク・ローリターンな攻略法なのです。

ただし、この攻略法は応用編で使いますので覚えてください。