※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

逆マーチンゲール法

マーチンゲール法とは逆で勝ったときに掛け金を上げていく方法です。

リスク ローリスク
リターン ハイリターン
資金 小額から可能
計算 簡単
時間 長期戦
回収率
損切り 不要
勝ち逃げ 必要

利点

小額から大きく膨らませることが可能です。場合によっては1$を1000$にすることも可能

弱点

この賭け方の最大の弱点はどんなに勝ちが続いてもどこかで終わらせなければ必ず損失になるという点です。
この点ではマーチンゲール法より的確な判断が求められます。

賭け方の例

この賭け方ではオッズが2倍の場所に賭けます
ルーレットでは赤/黒や奇数/偶数や1-18/19-36などです。
下の例は3連敗後に6連勝して終わった場合のものです。

回転数 勝敗 掛け金 収支
1 × 1$ -1$
2 × 1$ -2$
3 × 1$ -3$
4 1$ -2$
5 2$ +2$
6 4$ +6$
7 8$ +14$
8 16$ +30$
9 32$ +62$

負けのときのダメージは少ないですが、連続して勝てないとコツコツと資金を削られていきます。判断の難しい攻略法です。

ただし、この攻略法は応用編で使いますので覚えてください。