•豆太郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


出た案はこちらにまとめると楽かもしれません。


豆太郎    豆太郎
おじいさん  くめじろう
おばあさん  ニートダーネ500円 サガフロでカーチャンやってたので
犬      ロウ クーンやってたので
猿      pilier いつも楽しそうなので
雉      もる子 雉は女性
鬼      粘らっぱ~ 低い声ができる人
ナレーター  香柳 正統派な声でナレーションできる人




================================================================

『豆太郎』

(BGM:じょぬ/Angel's Fear 日本昔話風アレンジ)

ナレ「むかしむかし、あるところに、ビール好きのおじいさんと、ニートなおばあさんが住んでいました。」

おじいさん「あー、うめぇ。
      やっぱ酒はビールだな。まー俄然麦芽100%以外は認めんとしてだな。
      え?何飲んでるかって?最近はアレだ、えと、キリンのハートランド!
      軽やかであちるつもコクがあり、さらにコクがありつつも重すぎず
      なおもしっかりとした苦味があり、ホップの香りも主張しすぎない…いやー、結構結構」

おばあさん「おじいさん!
      何を昼間っからビール通ぶってんのさ。通はぷよぷよだけで間に合ってるよ
      芝でもすけとうだらでもいいからかってきておくれ。」

おじいさん「なんだばあさん。すけとうだらって…
      それに芝刈りとかそんなんじゃ仕事になんねーんだよイマドキ。
      ばあさんこそ、洗濯しに行く時間じゃないのか?もう換えのフンドシねーんだよなあ」

おばあさん「上流のドマ城に毒巻いたサイコがいて洗濯は無理よ。
      芝狩りが嫌なら山で不法投棄された東芝の洗濯機拾ってきておくれ。」

おじいさん「おいおい贅沢言うんじゃねーよ!てか時代設定考えろや!!洗濯機なんてものはねーんだよ!」


おばあさん「おや元気じゃないかい、そんなに元気なら、きのこの山に行ってタケノコ掘ってきな!
      ついでに光る竹あったら切ってきな!」

おじいさん「どこの竹取の翁だっつーの。昔話じゃあるめえし・・・。ったく、すこしは老人を労るとかだな」

おばあさん「レディーに重労働させんのかい?」

おじいさん「レ、レディって・・・まあいいや、とりあえず行ってクルルア」

おばあさん「あいよ、いっといで」



ナレ「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。」


(SE:G-01:川-ループ)


おばあさん「まーったく千早の胸みたいモンで洗濯なんて面倒臭いねー。」

ナレ「おばあさんが川で洗濯をしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな豆が流れてきました。」

おばあさん「お、なんだいなんだい、こりゃ、豆が流れてくるなんて世も末さね。
      まぁ、じいさんに持ってったらケツを叩いて喜びそうだから…ヨッコラショーンコネリー。」

ナレ「おばあさんは大きな豆を拾いあげて、家に持ち帰りました。」


(SE:G-01:川-ループ終わり)


おばあさん「もどったよ、ほら汚染された川で拾った宇宙の法則が乱れてる豆だヨ」

おじいさん「なんだこのデッカイ豆…
      大きいから大豆…ってわけじゃあない…よなあ・・・
      酔ってるのか…俺?」

おばあさん「アル中乙、さっさと主人公出したいから とっとと食べましょうおじいさん。」

ナレ「そして、おじいさんとおばあさんが豆を食べようと包丁で切ってみると、 
(おばあさん「逆風の太刀!」)
(SE:G-02:斬撃)(ロダにあげときます。)
(BGM変える)
(BGM:pilier_bro_music/ppr2/romt)

なんと、中から元気の良い男のあかさn・・・ いや、赤ちゃんが飛び出してきたのです。」

おじいさん「な・・・豆の中から赤子が…
      流石に飲み過ぎたか…」

おばあさん「あらまあお爺さんや、こんな小さくなっちゃって。玉手箱で若返ったのかい? 」

おじいさん「お前・・・若返るとか何だよそのリバース玉手箱みたいな設定はよ!!大体相対性理論的に時間は戻らねーんだよ!」

おばあさん「あら、そこにいたのかい?じゃあ‥この淫乱ベイビーは
      豆の中から出てきたのかい!?」

おじいさん「えええええええええええ!?」

ナレ「子供のいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びです。」

おばあさん「ねんがんのむすこを手に入れたぞ!!」

おじいさん「何言ってんだよばあさん、あんたにもムスコはついてんだろ」

おばあさん「だまらっしゃい」

おじいさん「そりゃ俺らの間に子どもができる訳ねーよな
       性別の法則が乱れる!」

ナレ「豆から産まれた男の子、ということで、おじいさんとおばあさんは「豆太郎」と名付けました。」

(BGM変える)

(BGM:じょぬ/Angel's Fear 日本昔話風アレンジ)

ナレ「豆太郎はすくすく育って、やがて強い男の子になりました。そしてある日、豆太郎が言いました。」

豆太郎「ねぇ、僕、ニコニコ動画にフルボイス聖剣3を上げたいんだけど」

おじいさん「な…なんだと?!」

おばあさん「そうかそうか、豆太郎もついにフルボイス動画に興味を示す年頃になったか…」

豆太郎「うん!いいでしょ?」

おじいさん「しかし、残念な事に、数年前から動画を荒らす鬼が暴れ回っておるからな…」

豆太郎「そんな酷い事をするやつがいるの?!そんな奴、僕がやっつけてきてやるよ!」

おじいさん「マジかよ?そりゃ助かるな、これで俺らもまた安心して動画を上げられるってもんだぜ」

豆太郎「夕飯までには片付けてくるね」

おばあさん「じゃあ、ずんだ餅作ったから持っておいき、3時のおやつにするんだよ」

豆太郎「ありがとう!いってきまーす!」

ナレ「そして、おばあさんにずんだ餅をもらうと、鬼が住むという鬼ヶ島へでかけました。」

(BGMフェードアウト)
(BGM/えくす/フォルダ2/09 少年は荒野を目指す)

ナレ「鬼ヶ島へ向かう途中で、豆太郎は犬に出会いました。」

犬「ねぇねぇ、どこへ行くの?」

豆太郎「?!い…犬が喋った!!!」

犬「犬じゃないやい、クーンだよ。」

豆太郎「美味しいずんだ餅たくさんあげるからあっちへおいき。」

犬「何この緑色したの。食べられるの?」

豆太郎「失礼な!豆をバカにするなよ!」

犬「じゃあ今もらったばかりのずんだ餅をあげるから、ついてってもいい?」

豆太郎「え!ずんだ餅くれんの?!やったー!大好物なんだよね!よし、じゃあ、しょうがないからついてきてもいいよ」

犬「やったー!」

ナレ「豆太郎はずんだ餅を貰ったお礼に、犬をお供につれていく事にしました。」

(BGM変える)
(BGMえくす/フォルダ1/15 MEGAROMANIA (LIVE A LIVE))

ナレ「そして、今度は猿に出会いました。」


猿「おい!そこの緑色の奴と犬!どこいくんだ?」

豆太郎「緑色じゃねーし!豆色だし!」

犬「犬じゃないやい。クーンだよ。」

猿「ここを通りたかったら、俺の出す問題に答えるんだな!」

豆太郎「だが断る!」

犬「そんな暇ないやい!」

猿「それを華麗にスルーして俺は問題をだすぜ!もんだーい!!
(SE:G-03:ババン!)
  【バナナはおやつにはいりますか?】」

豆太郎「残念だったな、そもそもバナナなんて食べた事ないね!」

猿「なん…だと?!」

犬「そんな事よりずんだ餅食べなよ」

猿「何だこの緑色した気持ち悪い物体は…こんなのいらねぇからお前にやるよ」

豆太郎「え!ずんだ餅くれんの?!お前良い猿だなぁ!」

猿「なんだよ、だったらこの犬に好きなだけ貰えよ」

犬「これ僕のじゃないし」

猿「じゃあ誰のだよ」

犬「あの人の」

猿「お…おい、まさかあいつ、自分のずんだ餅つき返されて喜んでんのか?」

犬「僕は少しでもコレを減らそうと思って」

猿「お前ら…ちょっと心配だから俺がついてってやるよ」

ナレ「猿は2人を不憫に思い、ついていく事にしました。」

(BGM変える)
(BGM/えくす/フォルダ2/20 Can You Fly Sister_)

ナレ「そして、今度は雉に出会いました。」


雉「あらあら、そんなにお供を引き連れてどこへ行くの?」

豆太郎「今からアキハバラデパートにキジ丼を食べに行くんだ」

雉「ひっ!酷い!!!」

猿「安心しな、アキハバラデパートはもう存在しない」

雉「ほ…。本当はどこへ行くの?」

犬「実は僕たちも知らないんだ」

雉「そうなの?暇人の集まりなのね?じゃあ私も暇だからついていくわ」

豆太郎「豆鉄砲をくらわしてやろうか」

雉「私は鳩じゃなくて雉よ雉!」

豆太郎「これ以上動物について来られてたまるか!うちはペット禁止なんだ!」

犬「そんな事よりずんだ餅食べなよ」

雉「あら美味しそう!私豆大好きなの!」

豆太郎「入隊を許す!」

(BGMフェードアウト)


ナレ「こうして、犬、猿、雉をお供にし、豆太郎はついに鬼ヶ島へやってきました。
   鬼ヶ島では、鬼が1人でニコニコ動画を見ている真っ最中でした。」


(BGM:えくす/ふぉるだ2/14 暗黒星)

鬼「ふむふむ…なに…?こんな動画が1万再生だと…?
  生意気な…!!こんな動画はこうしてくれるっ!!」

ナレ「嫉妬に狂った鬼は、心にもないコメントを水色の大文字で打ち続けました。」

豆太郎「待てっ!!」

鬼「なんだっ!お前たちは!」

豆太郎「お前こそなんなんだっ!人が動画あげようって時に荒らしなんかしやがって!
    公共コメント委員会に訴えるぞ!!」

鬼「ふんっ!俺がどんなコメントをしようと勝手だろう?
  人、ひとりの意見を言っているまでだ!」

雉「何?もしかして荒らしをこらしめに来たの?」

猿「そうみたいだな」

犬「公共コメント委員会ってなーにー?」

(BGMフェードアウト)

豆太郎「人の痛みを知らぬ者め!奥義!ニコニコ生放送!!!」

(SE:G-03:ババン!)
(BGM:pilier_bro_music/ff/ff7_jeno)

鬼「なっ!い…今この状況が生配信されている…だと?!」

(SE:G-04:キーボード打つ音:カタカタカタカタ)← (もる子さんの案の、『タイプ音_ザ・マッチメイカァズ』に変更しました)
猿「うーわっ!こいつマジきめぇ!主に角がきめぇ!!!」

(SE:G-05:グサッ!)

鬼「ぐわぁ!み…見た目の事を言うなぁ!」

(SE:G-04:キーボード打つ音:カタカタカタカタ)
雉「いやー!声聞いてるだけでイライラしてくるー!さっさとやめちゃえー!」

(SE:G-06:グサッ×2)

鬼「ぐおぉぉ!!そ…そんな酷い言葉を言うなぁあっ!!!」

(SE:G-04:キーボード打つ音:カタカタカタカタ)
犬「消えてください^^」

(SE:G-07:ザクバキグシャ!!!)

鬼「ぬわーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

(BGMフェードアウト)
(BGM:えくす/フォルダ1/鳥児在天空飛翔 魚児在河里遊泳)

豆太郎「どうだ、人っていうのは言葉で簡単に傷つくものなんだよ。
    コメントだって、形が違うけれど、言葉なんだ。」

鬼「…お、俺が、俺が悪かった…!!
  ううぅ…!!」

猿「げ…ちょっとやりすぎたか?!」

雉「あらあら、泣いちゃった」

犬「そんな事よりずんだ餅食べなよ」

鬼「うぅ…ありがとうな……ってなんだこれ…?
  なんだこの緑の気持ち悪い塊は!
  こんなもんいらん!!」

(SE:G-08:ペチッ!)

犬「あーっ!」

ナレ「鬼は犬のあげたずんだ餅を投げ捨ててしまいました。」

(BGMフェードアウト)

豆太郎「…お前…今なにをした…?」

鬼「え?緑の気持ち悪い物体を捨てただけだが…?」

(BGM:えくす/ファルダ2/19 Nuclear Fusion)
豆太郎「豆を粗末にするとはいい度胸だな……」

(SE:G-09:武器を取り出す音)

鬼「え、なに、ちょ、いやその…」

猿「…おい、ここは「おいらずんだ餅大好きだぜ☆やっほーい!」って言っといた方が身の為だぜ」

鬼「そ…そうなのか?」

雉「これが本当の「鬼隠し」ってなっても知らないわよ?」

鬼「えぇ?!」

犬「500両になります」

鬼「う…うわーーーん!!!」

ナレ「こうして鬼は、豆太郎に小一時間、豆について語られて、
   さらにはずんだ餅を大量に買わされたのでした。」

(BGMフェードアウト)

豆太郎「またくるからねー。」

鬼「2度とくんじゃねえぇ!!(泣」


(BGM:じょぬ/Angel's Fear 日本昔話風アレンジ)


ナレ「豆太郎は約束通り、夕食前には帰ってきました。」

おじいさん「おかえり、豆太郎!
      無事だったか?」

豆太郎「うん!鬼も改心したみたい。
    それにね、おばあさんのずんだ餅をいっぱい買ってくれたんだ。」

おばあさん「おやまあ、世の中にはゲテモノ好きが居るもんだねぇ」

豆太郎「はい、これが稼ぎだよ!
    このお金で、みんなでプレミアム会員になろう。」

おじいさん「豆太郎や、そのプレミアム会員を我慢してプレミアムモルツを買うってのは…」

おばあさん「飲んでばかりいないで、ハローワークにでも飛んできなっ!」

おじいさん「お前が言うことか?」


ナレ「言い合いの多いおじいさんとおばあさんでしたが、
   豆太郎と3人で、いつまでも、ニコニコしながら過ごしましたとさ。
   めでたしめでたし。」


鬼「うぅ…どうしてこんな事に…荒らしなんかしなきゃ良かった…
  視聴者のみなさん!どうか俺に愛のコメントを!
  そしてこのずんだ餅、だれかいりませんか…?」

ナレ「めでたしめでたし…」

鬼「めでたくないっ!!」



(BGMフェードアウト)