るしにゃん王国wiki るしにゃんスパイスカレー

部品構造


  • 大部品: るしにゃんスパイスカレー RD:16 評価値:6
    • 大部品: 材料 RD:2 評価値:1
      • 部品: ブレンドスパイス
      • 部品: 普通のカレーの材料
    • 大部品: 味わい RD:5 評価値:3
      • 部品: 癖になる味
      • 部品: スパイスの波状攻撃
      • 部品: どんな穀物にもあう
      • 部品: 薬膳としてのカレー
      • 部品: 一晩寝かすとさらに美味しい
    • 大部品: 歴史 RD:6 評価値:4
      • 部品: ハーブを用いた伝統料理
      • 部品: 宮廷料理人ウォーレン
      • 部品: ウォーレンのスパイス研究ノート作り
      • 部品: 使用するスパイスの選定とノートの完成
      • 部品: 長きに渡る研究
      • 部品: 民間への普及
    • 大部品: 料理のポイント RD:3 評価値:2
      • 部品: 2回に分けて入れるスパイス
      • 部品: 挽き立てのスパイス
      • 部品: 普通のカレーの作り方



部品定義


部品: ブレンドスパイス

クミン、カイエンペッパー、カルダモン、コリアンダーなど、12種類以上のスパイスを用いる。
料理する人の好みによって使用する比率が大きく変わる。ベーシックな比率はクミンシードとコリアンダーが等量ずつ、カイエンペッパーはその半分、それ以外はさらにその半分以下。

部品: 普通のカレーの材料

玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモに、肉や魚のたんぱく質、油はオリーヴオイルを用いるのがスパイスカレーの正式なレシピらしい。

部品: 癖になる味

適度な野菜の甘みとペッパーメインの辛さに、コクを生む隠し味とスパイスの苦味。自分の好みにあう味であればついおかわりしてしまう。

部品: スパイスの波状攻撃

2回に分けて入れるスパイスと若干粗挽きなスパイスがおりなす波状攻撃。けして味がバラバラなのではなく、スパイスの風味が次から次へと口の中を駆け抜けていく。


部品: どんな穀物にもあう

カレーの魅力的な点の一つは、うどん、そば、パスタ、ごはん、パン、ナンなど、あらゆる主食とあうことである。

部品: 薬膳としてのカレー

カレーに用いられるスパイスの殆どはなんらかの薬効があるとして処方されるものばかり。しかしいずれも直接的かつ即座に病気を治療できるほど強力なものではなく、カレーとして食べても感じられるのは体調を整える程度の効果である。

部品: 一晩寝かすとさらに美味しい

一晩カレーを冷暗所に保管することで、味がなじみ、違った味わいでさらに楽しむことができるという。家庭では多めに作って翌日も食べることがよくある。


部品: ハーブを用いた伝統料理

るしにゃん王国におけるカレーの原型は、森の中に自生する多種多様なハーブをスパイスとして用いた伝統的な煮込み料理であった。

部品: 宮廷料理人ウォーレン

伝統的な料理で使われるスパイスの種類は多くても一品あたり2種類程度であり、さらに家庭によって使われるスパイスやその比率は全く異なり味はバラバラであった。一説によると、そこからカレーという形を考案したのが、王宮の宮廷料理人であったウォーレンという男だという。

部品: ウォーレンのスパイス研究ノート作り

ウォーレンは宮廷料理の研究のため、国内の家庭を回り、それぞれが煮込み料理に使っている薬草の使い方と味を教わり、それをノートに纏めていった。

部品: 使用するスパイスの選定とノートの完成

ウォーレンは最後に王立医学院を尋ね、ノートにまとめたスパイスのうち、毒性や薬効の強さから大量摂取してはいけないものを確認して排除した。こうしてスパイスの情報を整理したノートは、るしにゃん王国の料理に用いる標準的なスパイスの教科書として後の世では広く民間に普及することになる

部品: 長きに渡る研究

ウォーレンがいわゆるカレーといえる味を作るようになるまでにはさほど時間がかからなかったが、宮廷料理人として納得する味を見つけ出すには数年の時を要したという。


部品: 民間への普及

ウォーレンを召抱えていた当時の藩王は、完成したスパイスカレーに舌鼓を打ち、使用人や知り合いにも振舞うよう命じた。併せて基本的なスパイスの比率も知られるところとなり、カレーのレシピは民間に普及することとなったといわれている。

部品: 2回に分けて入れるスパイス

最初に大半のスパイスは油で炒めてから野菜を投入していためていく。残るスパイスは全ての素材を煮込み終え、調味をする直前に。火が通る前と後の違いが風味の豊かさを生む。

部品: 挽き立てのスパイス

用意されたスパイスを薬研・乳鉢・石臼などを用いて挽く。完全な粉末にせず、少し粒が残る程度にするのがポイント。

部品: 普通のカレーの作り方

スパイスの用い方を除けば、普通のカレーの作り方と一緒である。なので、たんぱく質を抜いた野菜カレー、スクランブルエッグをいれるエッグカレーなど、いろいろなバリエーションがある。



提出書式


 大部品: るしにゃんスパイスカレー RD:16 評価値:6
 -大部品: 材料 RD:2 評価値:1
 --部品: ブレンドスパイス
 --部品: 普通のカレーの材料
 -大部品: 味わい RD:5 評価値:3
 --部品: 癖になる味
 --部品: スパイスの波状攻撃
 --部品: どんな穀物にもあう
 --部品: 薬膳としてのカレー
 --部品: 一晩寝かすとさらに美味しい
 -大部品: 歴史 RD:6 評価値:4
 --部品: ハーブを用いた伝統料理 
 --部品: 宮廷料理人ウォーレン
 --部品: ウォーレンのスパイス研究ノート作り 
 --部品: 使用するスパイスの選定とノートの完成 
 --部品: 長きに渡る研究 
 --部品: 民間への普及
 -大部品: 料理のポイント RD:3 評価値:2
 --部品: 2回に分けて入れるスパイス
 --部品: 挽き立てのスパイス
 --部品: 普通のカレーの作り方
 
 
 部品: ブレンドスパイス
 クミン、カイエンペッパー、カルダモン、コリアンダーなど、12種類以上のスパイスを用いる。
 料理する人の好みによって使用する比率が大きく変わる。ベーシックな比率はクミンシードとコリアンダーが等量ずつ、カイエンペッパーはその半分、それ以外はさらにその半分以下。
 
 部品: 普通のカレーの材料
 玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモに、肉や魚のたんぱく質、油はオリーヴオイルを用いるのがスパイスカレーの正式なレシピらしい。
 
 部品: 癖になる味
 適度な野菜の甘みとペッパーメインの辛さに、コクを生む隠し味とスパイスの苦味。自分の好みにあう味であればついおかわりしてしまう。
 
 部品: スパイスの波状攻撃
 2回に分けて入れるスパイスと若干粗挽きなスパイスがおりなす波状攻撃。けして味がバラバラなのではなく、スパイスの風味が次から次へと口の中を駆け抜けていく。
 
 
 部品: どんな穀物にもあう
 カレーの魅力的な点の一つは、うどん、そば、パスタ、ごはん、パン、ナンなど、あらゆる主食とあうことである。
 
 部品: 薬膳としてのカレー
 カレーに用いられるスパイスの殆どはなんらかの薬効があるとして処方されるものばかり。しかしいずれも直接的かつ即座に病気を治療できるほど強力なものではなく、カレーとして食べても感じられるのは体調を整える程度の効果である。
 
 部品: 一晩寝かすとさらに美味しい
 一晩カレーを冷暗所に保管することで、味がなじみ、違った味わいでさらに楽しむことができるという。家庭では多めに作って翌日も食べることがよくある。
 
 
 部品: ハーブを用いた伝統料理 
 るしにゃん王国におけるカレーの原型は、森の中に自生する多種多様なハーブをスパイスとして用いた伝統的な煮込み料理であった。
 
 部品: 宮廷料理人ウォーレン
 伝統的な料理で使われるスパイスの種類は多くても一品あたり2種類程度であり、さらに家庭によって使われるスパイスやその比率は全く異なり味はバラバラであった。一説によると、そこからカレーという形を考案したのが、王宮の宮廷料理人であったウォーレンという男だという。
 
 部品: ウォーレンのスパイス研究ノート作り 
 ウォーレンは宮廷料理の研究のため、国内の家庭を回り、それぞれが煮込み料理に使っている薬草の使い方と味を教わり、それをノートに纏めていった。
 
 部品: 使用するスパイスの選定とノートの完成 
 ウォーレンは最後に王立医学院を尋ね、ノートにまとめたスパイスのうち、毒性や薬効の強さから大量摂取してはいけないものを確認して排除した。こうしてスパイスの情報を整理したノートは、るしにゃん王国の料理に用いる標準的なスパイスの教科書として後の世では広く民間に普及することになる
 
 部品: 長きに渡る研究 
 ウォーレンがいわゆるカレーといえる味を作るようになるまでにはさほど時間がかからなかったが、宮廷料理人として納得する味を見つけ出すには数年の時を要したという。
 
 
 部品: 民間への普及
 ウォーレンを召抱えていた当時の藩王は、完成したスパイスカレーに舌鼓を打ち、使用人や知り合いにも振舞うよう命じた。併せて基本的なスパイスの比率も知られるところとなり、カレーのレシピは民間に普及することとなったといわれている。
 
 部品: 2回に分けて入れるスパイス
 最初に大半のスパイスは油で炒めてから野菜を投入していためていく。残るスパイスは全ての素材を煮込み終え、調味をする直前に。火が通る前と後の違いが風味の豊かさを生む。
 
 部品: 挽き立てのスパイス
 用意されたスパイスを薬研・乳鉢・石臼などを用いて挽く。完全な粉末にせず、少し粒が残る程度にするのがポイント。
 
 部品: 普通のカレーの作り方
 スパイスの用い方を除けば、普通のカレーの作り方と一緒である。なので、たんぱく質を抜いた野菜カレー、スクランブルエッグをいれるエッグカレーなど、いろいろなバリエーションがある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "るしにゃんスパイスカレー",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "材料",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ブレンドスパイス",
             "description": "クミン、カイエンペッパー、カルダモン、コリアンダーなど、12種類以上のスパイスを用いる。\n料理する人の好みによって使用する比率が大きく変わる。ベーシックな比率はクミンシードとコリアンダーが等量ずつ、カイエンペッパーはその半分、それ以外はさらにその半分以下。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "普通のカレーの材料",
             "description": "玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモに、肉や魚のたんぱく質、油はオリーヴオイルを用いるのがスパイスカレーの正式なレシピらしい。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "味わい",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "癖になる味",
             "description": "適度な野菜の甘みとペッパーメインの辛さに、コクを生む隠し味とスパイスの苦味。自分の好みにあう味であればついおかわりしてしまう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "スパイスの波状攻撃",
             "description": "2回に分けて入れるスパイスと若干粗挽きなスパイスがおりなす波状攻撃。けして味がバラバラなのではなく、スパイスの風味が次から次へと口の中を駆け抜けていく。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "どんな穀物にもあう",
             "description": "カレーの魅力的な点の一つは、うどん、そば、パスタ、ごはん、パン、ナンなど、あらゆる主食とあうことである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "薬膳としてのカレー",
             "description": "カレーに用いられるスパイスの殆どはなんらかの薬効があるとして処方されるものばかり。しかしいずれも直接的かつ即座に病気を治療できるほど強力なものではなく、カレーとして食べても感じられるのは体調を整える程度の効果である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "一晩寝かすとさらに美味しい",
             "description": "一晩カレーを冷暗所に保管することで、味がなじみ、違った味わいでさらに楽しむことができるという。家庭では多めに作って翌日も食べることがよくある。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "歴史",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "ハーブを用いた伝統料理 ",
             "description": "るしにゃん王国におけるカレーの原型は、森の中に自生する多種多様なハーブをスパイスとして用いた伝統的な煮込み料理であった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "宮廷料理人ウォーレン",
             "description": "伝統的な料理で使われるスパイスの種類は多くても一品あたり2種類程度であり、さらに家庭によって使われるスパイスやその比率は全く異なり味はバラバラであった。一説によると、そこからカレーという形を考案したのが、王宮の宮廷料理人であったウォーレンという男だという。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ウォーレンのスパイス研究ノート作り ",
             "description": "ウォーレンは宮廷料理の研究のため、国内の家庭を回り、それぞれが煮込み料理に使っている薬草の使い方と味を教わり、それをノートに纏めていった。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "使用するスパイスの選定とノートの完成 ",
             "description": "ウォーレンは最後に王立医学院を尋ね、ノートにまとめたスパイスのうち、毒性や薬効の強さから大量摂取してはいけないものを確認して排除した。こうしてスパイスの情報を整理したノートは、るしにゃん王国の料理に用いる標準的なスパイスの教科書として後の世では広く民間に普及することになる",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長きに渡る研究 ",
             "description": "ウォーレンがいわゆるカレーといえる味を作るようになるまでにはさほど時間がかからなかったが、宮廷料理人として納得する味を見つけ出すには数年の時を要したという。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "民間への普及",
             "description": "ウォーレンを召抱えていた当時の藩王は、完成したスパイスカレーに舌鼓を打ち、使用人や知り合いにも振舞うよう命じた。併せて基本的なスパイスの比率も知られるところとなり、カレーのレシピは民間に普及することとなったといわれている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "料理のポイント",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "2回に分けて入れるスパイス",
             "description": "最初に大半のスパイスは油で炒めてから野菜を投入していためていく。残るスパイスは全ての素材を煮込み終え、調味をする直前に。火が通る前と後の違いが風味の豊かさを生む。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "挽き立てのスパイス",
             "description": "用意されたスパイスを薬研・乳鉢・石臼などを用いて挽く。完全な粉末にせず、少し粒が残る程度にするのがポイント。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "普通のカレーの作り方",
             "description": "スパイスの用い方を除けば、普通のカレーの作り方と一緒である。なので、たんぱく質を抜いた野菜カレー、スクランブルエッグをいれるエッグカレーなど、いろいろなバリエーションがある。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|