※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TOP


青春残酷物語

評価 ★★★ ジャンル 青春 / ドラマ
公開年 1960 製作国 日本
監督 大島渚
脚本 大島渚
原作 大島渚
出演 桑野みゆき / 川津祐介 / 久我美子 / 渡辺文雄
コメント あの時代だからこそセンセーショナルな内容になり得たが、現代では寓話にすらならないのが寂しい所でもある。ここで描かれるのは、いわゆる安保闘争以後に生まれてしまった社会全体の残酷性なのだと思う。若者は「夢などない」と語るが、それは「夢など持ち得ない社会」になってしまったということ。そして彼らの先天的な反抗は、セックスや暴力に向けられる。それだけのことだが、だからこそ生々しい物語になるのだろう。

青春デンデケデケデケ

評価 ★★★ ジャンル 青春 / ドラマ
公開年 1992 製作国 日本
監督 大林宣彦
脚本 石森史郎
原作 芦原すなお
出演 林泰文 / 大森嘉之 / 浅野忠信 / 永堀剛敏
コメント 無駄なナレーションや、奇を衒うような編集にはウンザリするが、エレキ・ギターと青春の絶妙なマッチングが、この映画に日本的なノスタルジーを与えている。主人公であるはずの林泰文は目立たず、坊主の息子役の大森嘉之は良い演技をしている。キャラクター描写と、物語の分量が良い。

青春の殺人者

評価 ★★★★★ ジャンル 青春 / ドラマ
公開年 1976 製作国 日本
監督 長谷川和彦
脚本 田村孟
原作 中上健次
出演 水谷豊 / 原田美枝子 / 市原悦子 / 内田良平
コメント 前半の一連のシーンは圧倒的。誰かが「市原悦子史上最高の演技」と言っていたが、映画史上においても、なかなかああいう演技にお目にかかれる機会はないんじゃないだろうか。もちろん水谷豊の人間的感情が欠落したような抑揚のない演技や、静と動を対比させるカメラ、画面上の音や色や空気感に物凄いリアリティがある。全体の構成が非常に上手く、決して救われないストーリーなのに、何故か観終わった後に爽快な気持ちになれる。

青春の夢いまいづこ

評価 ★★★ ジャンル ドラマ
公開年 1932 製作国 日本
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
原作 野田高梧
出演 江川宇礼雄 / 田中絹代 / 斎藤達雄 / 武田春郎
コメント 初期の小津作品はサイレントいうこともあって、コメディ色が強い。また大学生の日常や男女の恋愛を描いているのも意外に多かったりする。この作品においては前半がコメディで、後半はセンチメンタルなドラマになっている。「青春の夢」とは「学生時代の友情」のことであるが、決してそれは「夢」ではないと語っているのだ。

セーラー服と機関銃

評価 ★★★ ジャンル 青春 / 任侠
公開年 1981 製作国 日本
監督 相米慎二
脚本 田中陽造
原作 赤川次郎
出演 薬師丸ひろ子 / 渡瀬恒彦 / 風祭ゆき / 大門正明
コメント 「女子高生」と「ヤクザ」という対極なものを組み合わせるというアイデア勝ちな部分が大きいが、全体的なストーリーも良く纏まっており、ハードな描写もすんなりと飲み込める。アイドルとしての薬師丸ひろ子の起用だが、小慣れていない演技が逆に物語を「らしく」しているようにも見える。

世界の中心で、愛をさけぶ

評価 ジャンル ロマンス / ドラマ
公開年 2004 製作国 日本
監督 行定勲
脚本 坂元裕二 / 伊藤ちひろ / 行定勲
原作 片山恭一
出演 長澤まさみ / 森山未來 / 大沢たかお / 柴咲コウ
コメント 長澤まさみの自然体な演技は良いが、彼女のシリアスな描写にまで感動的なものを与え切れていない。日本的な美意識で映画を撮る行定勲には、この物語は荷が重すぎたか。それとも、そもそもの物語にどうしようもない欠陥があるのか。感情移入の余地を排するように、偶発性に頼ったストーリーでしかなく、こんなものにまで感動できる人間はとことん寂しい人種なんだと思う。

セックスと嘘とビデオテープ

原題 Sex, Lies And Videotape
評価 ★★★ ジャンル ドラマ
公開年 1989 製作国 アメリカ
監督 Steven Soderbergh
脚本 Steven Soderbergh
原作 Steven Soderbergh
出演 Andie MacDowell / James Spader / Peter Gallagher / Laura San Giacomo
コメント パルムドールをとったわりには、大した作品ではない。二人の男女にカメラが肉薄しないせいだと思う。タイトルから想像をかきたてるような危うさが欲しかった。

セブン

原題 Seven
評価 ★★★★ ジャンル サスペンス / ミステリー
公開年 1995 製作国 アメリカ
監督 David Fincher
脚本 Andrew Kevin Walker
原作 Andrew Kevin Walker
出演 Brad Pitt / Morgan Freeman / Kevin Spacey / Gwyneth Paltrow
コメント オープニングからセンスの良い映像が広がる。物語の緊張感、テーマの配置、グロテスクな描写によるリアリティといった、サスペンス映画における主な要素がきっちりと映し出されている。ラストでのブラッド・ピットの演技、全体を通して落ち着いた表情を持つモーガン・フリーマン、異常だが理知的な犯人を体現するケヴィン・スペイシーなど、主要キャストの存在感も物語の中心を支えている。

戦場にかける橋

原題 The Bridge On The River Kwai
評価 ★★ ジャンル 戦争 / ドラマ
公開年 1957 製作国 イギリス・アメリカ
監督 David Lean
脚本 Pierri Boulle / Carl Foreman / Michael Wilson / Calder Willingum
原作 Pierri Boulle
出演 Alec Guinness / William Holden / 早川雪洲 / Jack Hawkins
コメント 反戦映画なのはわかるが、今いちピンと来ない。構成に拘って、描写が少ないからか。英軍将校を演じるアレック・ギネスと、日本軍将校を演じる早川雪州の対比。そして橋の完成を祝う捕虜たちと、橋の破壊工作をする兵士の対比。この二つの対比が、作品のテーマを支えている。

戦場のピアニスト

原題 The Pianist
評価 ★★★ ジャンル ドラマ / 戦争
公開年 2002 製作国 フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス
監督 Roman Polanski
脚本 Ronald Harwood / Roman Polanski
原作 Wladyslaw Szpilman
出演 Adrien Brody / Emilia Fox / Thomas Kretschmann / Ed Stoppard
コメント ピアノの演奏シーンは良い。それ以外は大して中身のない作品ではないだろうか。戦争における爆撃や虐殺のシーンは、実話を元にしたストーリーということもあって、リアルで物悲しい。だが、主人公には誇りもなく、生きがいもなく、ただ流されるだけ流される。感情移入が全くできなくて、最後の演奏シーンにとてつもなく違和感がある。

戦場のメリークリスマス

原題 Merry Christmas Mr. Lawrence
評価 ★★★ ジャンル ドラマ / 戦争
公開年 1983 製作国 イギリス・日本
監督 大島渚
脚本 大島渚 / Paul Mayersberg
原作 Laurens Van Der Post
出演 David Bowie / 坂本龍一 / ビートたけし / Tom Conti
コメント 坂本龍一の演技は目も当てられないし、途中で挿入される回想シーンは全く意味を持たず(大島は変な所でロマンチシズムを付加させようとしたわけだが)、せっかくのテーマが物語と極端に離れてしまったように思う。ビートたけしの演技とラストシーン、坂本の音楽のおかげで、ようやく綺麗に纏まった感じ。

戦争のはらわた

原題 Cross Of Iron
評価 ★★★ ジャンル ドラマ / 戦争
公開年 1976 製作国 西ドイツ・イギリス
監督 Sam Peckinpah
脚本 Julius J. Epstein / Herbert Asmodi
原作 Willy Henrick
出演 James Coburn / Maximilian Schell / Senta Berger / James Mason
コメント 戦争映画について語るのは非常に難しい。リアルに描かれたものが良い作品だ、という評価は偽善になってしまうからだ。しかし、そこに正確な描写がないと映画として面白味がないのも事実だ。この作品においては、そういった映画としての両極端な要素を上手く均衡させている。冒頭やエンディングでは軽快な童謡をBGMに、凄惨なシーンが映し出される。そういった細かな構築によって、戦争における「狂気」が見事に表れている。

千と千尋の神隠し

評価 ★★★★★ ジャンル ファンタジー / アドベンチャー
公開年 2001 製作国 日本
監督 宮崎駿
脚本 宮崎駿
原作 宮崎駿
出演 柊瑠美 / 入野自由 / 夏木マリ / 神木隆之介
コメント どこにでもあるようなファンタジーではあるが、どこか現実的だったりする。コミュニケーションの重要性なども見えてくる。宮崎駿は日本の神話的なものに興味を抱いているのだろうか。この作品では人間的な視点から神という存在を見ている。宮崎駿作品の最大の魅力は、見ていても力が入らないところだろうか。ハラハラドキドキするような事件が起こっても最後は必ずハッピーエンドだ、という安心感を持って見られるからいい。

千年女優

評価 ★★ ジャンル サスペンス / ロマンス
公開年 2001 製作国 日本
監督 今敏
脚本 今敏 / 村井さだゆき
原作 今敏
出演 荘司美代子 / 小山芙美 / 折笠富美子 / 飯塚昭三
コメント かつて大女優と謳われた老女が自らの一代記を語っていくうちに、これまで演じた様々な役柄の記憶が錯綜し、回想は波瀾万丈になっていく。色彩が良く、次々と場面転換していくテンポもいいが、観客をフェイントするだけしておいて、ラストで余計な説明を入れてしまった脚本が悪い。実写ではできないことをアニメーションでやる、ということにおいて一つのエンターテイメントとしては成立しているか。


TOP



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

TOP


 
    
    
    
    
  ぬ  
    
    
      
  る  



全作品リスト
監督別リスト




トノモトショウ




DVDレンタル
GEOLAND
TUTAYA DISCAS
ぽすれん

その他
映画検定