※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TOP


軽蔑

原題 Le Mepris
評価 ★★★ ジャンル ロマンス
公開年 1963 製作国 フランス・イタリア・アメリカ
監督 Jean Luc Godard
脚本 Jean Luc Godard
原作 Alberto Moravia
出演 Michel Piccoli / Brigitte Bardot / Jack Palance / Fritz Lang
コメント 映像的にはゴダールだが、ゴダールから離れた場所にある映画のように思う。赤と青を強調した色彩や、メタ映画としての映像展開といった「ゴダールらしさ」がブリジット・バルドーの存在によって異質なものに変化するのだ。なぜ女は男を軽蔑するのか、その答えは用意されていない。男はもちろん、女も分かっていないからだ。オイディプスの話は要素でしかなく、それがそのまま男と女に当て嵌まるわけでもない。理由ではなく、結果なのかも知れない。

刑務所の中

評価 ★★★★ ジャンル コメディ
公開年 2002 製作国 日本
監督 崔洋一
脚本 崔洋一 / 鄭義信 / 中村義洋
原作 花輪和一
出演 山崎努 / 香川照之 / 田口トモロヲ / 松重豊
コメント かなり原作に忠実に作られていて、刑務所内がとことんコミカルに描かれている。山崎努がかなり良い。淡々としていて、なおかつ惚けたモノローグ。シニカルで微妙な表情。全体を流れる脱力感が観る方にも伝わって、ニヤリとしてしまう面白さがある。

ゲゲゲの鬼太郎

評価 ジャンル アドベンチャー / ホラー
公開年 2007 製作国 日本
監督 本木克英
脚本 羽原大介
原作 水木しげる
出演 ウエンツ瑛士 / 井上真央 / 大泉洋 / 田中麗奈
コメント とにかくストーリーが無茶苦茶だ。子供にも楽しめるような構成を目指したのだろうが、だからこそ手を抜くべきではない。おなじみの妖怪が画面に躍る様は楽しいが、鬼太郎役のウエンツ瑛士の演技が下手過ぎる。ねずみ男役の大泉洋の絶妙な演技を除けば、後はほとんどギャグだ。

ゲド戦記

評価 ★★★ ジャンル ファンタジー / ドラマ
公開年 2006 製作国 日本
監督 宮崎吾朗
脚本 宮崎吾朗 / 丹羽圭子
原作 Ursula K. Le Guin / 宮崎駿
出演 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太 / 田中裕子
コメント ジブリ、あるいは宮崎駿という大きなプレッシャーの中で、宮崎吾朗は「よくやった」と思う。むしろ、そういった重圧があったからこそ、この物語の形が規定されてくる。作画のクオリティの低さ、構成・演出の実力不足はやはり目に付いてしまうが、全体的にイキイキとしているし、とにかく素直に作られている。技術至上主義的な現代アニメーションの流れを遡り、余計なものをとことん削ぎ落としているように感じられる。そこにアニメーションの真髄が見えてもくる。

けものがれ、俺らの猿と

評価 ★★★ ジャンル コメディ / ドラマ
公開年 2001 製作国 日本
監督 須永秀明
脚本 木田紀生 / 久保直樹
原作 町田康
出演 永瀬正敏 / 鳥肌実 / 小松方正 / 車だん吉
コメント アヴァンギャルドとまでは言わないが、現代の日本映画に欠けている独特なセンスがある。異常な人間ばかりが登場する中で、主人公だけは正常を保とうと考える(もちろん彼も異常の枠内にいるのだが)。そこに不条理が生まれ、突飛な物語性に自然な「流れ」を与えている。最後には主人公の破綻が待っているのだが、そのハジケっぷりが面白い。鳥肌実の存在感が目立ち、それを観るだけでも大きな価値があると思う。


TOP



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

TOP


 
    
    
    
    
  ぬ  
    
    
      
  る  



全作品リスト
監督別リスト




トノモトショウ




DVDレンタル
GEOLAND
TUTAYA DISCAS
ぽすれん

その他
映画検定