※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下のリストは、システムエラーの「0」から「-261」に関して、その
内容についてご説明するものです。なおこの記事は、Mac OS 9 および
それ以前のバージョンに適用されます。

注記
1.[カッコ]中の項目は古い結果コードを意味します。
2.「????」この情報は入手できなかったものです。

入出力システムエラー
  • 17 controlErr ドライバが Control コールに応答しない
  • 18 statusErr ドライバが Status コールに応答しない
  • 19 readErr ドライバが Read コールに応答しない
  • 20 writErr ドライバが Write コールに応答しない
  • 21 badUnitErr ドライバ参照番号がユニットテーブルと一致しない
  • 22 unitEmptyErr ドライバ参照番号がユニットテーブルの NIL ハンドルを指定する
  • 23 openErr 要求される読み/書きアクセス許可がドライバのオープンパーミションと一致しない、または RAM シリアルドライバをオープンするのに失敗
  • 24 closErr クローズに失敗、MPP ドライバをクローズするためのパーミションが拒否された
  • 25 dRemovErr 使用中のドライバを削除しようとした
  • 26 dInstErr DrvrInstall がリソース中にドライバを見つけられなかった
  • 27 abortErr 入出力コールが KillIO によってアボート、パブリッシャーは新しいエディションを書いていた *または*
  • 27 iIOAbortErr 入出力アボートエラー(プリントマネージャ)
  • 28 notOpenErr ドライバがオープンしないため rd/rw/ctl/sts ができなかった
  • 29 unitTblFullErr ユニットテーブルのエントリオーバー
  • 30 dceExtErr dce 拡張エラー

File System Errors
  • 33 dirFulErr ディレクトリ容量オーバー
  • 34 dskFulErr ディスク容量オーバー
  • 35 nsvErr ボリュームが存在しない、ボリュームが見つからない
  • 36 ioErr 入出力エラー(bummers)
  • 37 bdNamErr ファイル名が不正、最終バージョンのシステムには不正な名前は存在しないでしょう!
  • 38 fnOpnErr ファイルが開いていない
  • 39 eofErr ファイルの最後、このフォーマットにはデータを追加できない
  • 40 posErr ファイルの先頭より前に移動しようとした(r/w)
  • 41 mFulErr メモリ容量オーバー(オープン)またはファイルに納まらない(ロード)
  • 42 tmfoErr ファイルを開きすぎている
  • 43 fnfErr ファイルが見つからない、フォルダが見つからない、エディションコンテナが見つからない、ターゲットが見つからない
  • 44 wPrErr ディスクが書込み禁止、ボリュームがハードウェアでロックされている
  • 45 fLckdErr ファイルがロックされている
  • 45 fLckedErr パブリッシャーはこのエディションを書いている
  • 46 vLckdErr ボリュームがソフトウェアでロックされている
  • 47 fBsyErr ファイル使用中(削除)、セクション入出力中
  • 48 dupFNErr ファイル名の重複(リネーム)、フォルダの代わりにファイルがみつかった
  • 49 opWrErr ファイルが既に書き込みモードで開かれている
  • 50 paramErr ユーザ引数リストでのエラー
  • 51 rfNumErr 参照番号が無効
  • 52 gfpErr ファイル位置獲得エラー
  • 53 volOffLinErr ボリュームは接続されていない
  • 54 permErr ソフトウェアがファイルをロック、サブスクライバーではない[ファイルを開く際のパーミションエラー]
  • 55 volOnLinErr ドライブボリュームが既に MountVol で接続されている
  • 56 nsDrvErr ドライブが存在しない(不正なドライブ番号をマウントしようとした)
  • 57 noMacDskErr Mac ディスクでない(sig バイトが違っている)
  • 58 extFSErr 外部ファイルシステム - ファイルシステム識別子がゼロ以外
  • 59 fsRnErr ファイルシステム内部のエラー : リネーム中に古いエントリが削除されたが復元できなかった*
  • 60 badMDBErr マスタディレクトリブロックに問題がある
  • 61 wrPermErr ライトパーミッションエラー、サブスクライバーではない

Font Manager エラー
  • 64 fontDecError フォント宣言中のエラー
  • 65 fontNotDeclared フォントが宣言されていない
  • 66 fontSubErr フォントの置き換えが発生

ディスク、シリアルポート、クロックの仕様に関するエラー
  • 64 lastDskErr
  • 64 noDriveErr ドライブがインストールされていない
  • 65 offLinErr 接続されていないドライブへの読み/書きの要求
  • 66 noNybErr 200 回中 5 個のニブルを見つけられなかった
  • 67 noAdrMkErr 有効なアドレスマークを見つけられなかった
  • 68 dataVerErr 検証比較の読み込みに失敗
  • 69 badCksmErr アドレスマークチェックサムがチェックされていない
  • 70 badBtSlpErr 不正なアドレスマークビットが数ニブルずれている
  • 71 noDtaMkErr データマークヘッダが見つからなかった
  • 72 badDCksum 不良データマークチェックサム
  • 73 badDBtSlp 不良データマークビットが数ニブルずれている
  • 74 wrUnderrun 書き込みアンダーラン発生
  • 75 cantStepErr ステップハンドシェイクに失敗
  • 76 tk0BadErr トラック 0 検出を変更していない
  • 77 initIWMErr IWM を初期化できない
  • 78 twoSideErr 片面のドライブで他の面を読もうとした
  • 79 spdAdjErr ディスク速度を正しく調整できない
  • 80 seekErr アドレスマーク上のトラック番号誤り
  • 81 sectNFErr セクタ番号がトラック上に見つからない
  • 82 fmt1Err トラックフォーマット後にセクタ 0 が見つからない
  • 83 fmt2Err 十分な同期がとれない
  • 84 verErr トラックの検証に失敗
  • 84 firstDskErr
  • 85 clkRdErr 同じクロック値を 2 回読めない
  • 86 clkWrErr 書き込まれた時刻を検証できない
  • 87 prWrErr 書き込まれた PRAM を読み取り検証できない
  • 88 prInitErr InitUtil は PRAM が初期化されていないことをみつけた
  • 89 rcvrErr SCC 受信エラー(framing、パリティ、OR)
  • 90 breakRecd ブレーク受信(SCC)

AppleTalk エラー
  • 91 ddpSktErr ソケットオープンエラー *または*
  • 91 eMultiErr 無効アドレスまたはテーブルがフル
  • 92 ddpLenErr データ長が大きすぎる *または*
  • 92 eLenErr パケットが大きすぎる、または、書き込みデータ構成の最初のエントリが 14 バイトのヘッダ全体を含んでない
  • 93 noBridgeErr 利用可能なルーターがない[ローカルでない送信用]
  • 94 lapProtErr 追加/取り外しプロトコルエラー *または*
  • 94 LAPProtErr プロトコルハンドラは既に追加されている、ノードのプロトコルテーブルはフル、プロトコルが追加されていない、または、プロトコルハンドラのポインタが 0 でない
  • 95 excessCollsns ハードウェアエラー[書き込み時の過度な衝突]
  • 97 portInUse ドライバオープンエラーコード(ポート使用中)
  • 98 portNotCf ドライバオープンエラーコード(パラメータ RAM はこの接続用に設定されていない)
  • 99 memROZErr ROZ ハードエラー
  • 99 memROZError ROZ ハードエラー
  • 99 memROZWarn ROZ ソフトエラー

Scrap Manager エラー
  • 100 noScrapErr スクラップが存在しないエラー
  • 102 noTypeErr フォーマット入手不可[スクラップにそのタイプのものがない]

Storage Allocator Errors
  • 108 memFullErr メモリの不足[ヒープ領域に十分な空がない]
  • 109 nilHandleErr GetHandleSize が baseText または substitutionText で失敗、NIL マスターポインタ[ハンドルが HandleZone または他で NIL だった]
  • 110 memAdrErr 奇数、または範囲外のアドレス
  • 111 memWZErr 空きブロックを操作しようとした、GetHandleSize が baseText または substitutionText で失敗[WhichZone に失敗(空きブロックに割り当てた)]
  • 112 memPurErr ロックされているまたはパージできないブロックをパージしようとした
  • 113 memAZErr ゾーンチェックのアドレスに失敗
  • 114 memPCErr ポインタチェックに失敗
  • 115 memBCErr ブロックチェックに失敗
  • 116 memSCErr サイズチェックに失敗
  • 117 memLockedErr ロックされているブロックを動かそうとした(MoveHHi)

HFS エラー
  • 120 dirNFErr ディレクトリが見つからない
  • 121 tmwdoErr 利用可能な空き WDCB がない
  • 122 badMovErr 派生するエラーに移動
  • 123 wrgVolTypErr HFS ボリュームでない[誤ったボリュームタイプのエラー、または、MFS をサポートしていない(古い)オペレーション]
  • 124 volGoneErr サーバボリュームが接続されていない
  • 125 updPixMemErr pixmap を更新するためのメモリが不足
  • 127 fsDSIntErr 内部ファイルシステムエラー

Menu Manager エラー
  • 126 dsMBarNFnd MBDF のコードが見つからないシステムエラーコード
  • 127 dsHMenuFindErr MenuKey で HMenu の親を見つけられなかった
  • 128 userCanceledErr ユーザが操作を取り消した

HFS FileID エラー
  • 130 fidNotFound ファイルスレッドが存在しない
  • 131 fidNotAFile ディレクトリを指定した
  • 132 fidExists ファイル id が既に存在する

Color Quickdraw & Color Manager エラー
  • 147 regionTooBigError リージョンが大きすぎる、または複雑すぎる
  • 148 pixMapTooBigErr ピクセルマップレコードが 1 ビットピクセルより深い[受け渡すピクセルマップが大きすぎる]
  • 149 notEnoughStack バッファに必要なスタック領域の不足 *または*
  • 149 mfStackErr スタック領域が不足
  • 150 cMatchErr Color2Index がインデックスを見つけられなかった
  • 151 cTempMemErr 一時的な構造体のためのメモリアロケートの失敗
  • 152 cNoMemErr 構造体のためのメモリアロケートの失敗
  • 153 cRangeErr colorTable 要求の範囲エラー
  • 154 cProtectErr ColorTable エントリ保護違反
  • 155 cDevErr 無効なタイプのグラフィックデバイス
  • 156 cResErr MakeITable に無効な解像度
  • 157 cDepthErr 無効なピクセル深度
  • 158 cParmErr 無効なパラメータ

Resourse Manager エラー(I/O 以外)
  • 185 badExtResource 拡張されたリソースが不正なフォーマットである
  • 186 CantDecompress リソース損傷(「the bends」)、圧縮されたリソースを解凍できない
  • 188 resourceInMemory リソースが既にメモリにある
  • 189 writingPastEnd EOF を越えた書き込み
  • 190 inputOutOfBounds 範囲外のオフセットまたはカウント
  • 192 resNotFound リソースが見つからない
  • 193 resFNotFound リソースファイルが見つからない
  • 194 addResFailed AddResource に失敗
  • 195 addRefFailed AddReference に失敗
  • 196 rmvResFailed RmveResource に失敗
  • 197 rmvRefFailed RmveReference に失敗
  • 198 resAttrErr 属性がオペレーションと一致しない
  • 199 mapReadErr マップがオペレーションと一致しない

Sound Manager エラー
  • 200 noHardware 要求されるサウンドハードウェアが使用できない[指定したシンセサイザーはハードウェアサポートされていない]
  • 201 notEnoughHardware ハードウェアが不足している[指定したシンセサイザー用のチャンネルが不足している]
  • 203 queueFull キューにこれ以上追加できない
  • 204 resProblem リソースロード中の問題
  • 205 badChannel チャンネルが不正、または使用できない[チャネルキューの長さが無効]
  • 206 badFormat リソースが不正、または使用できない[「snd」リソースハンドルが無効]
  • 207 notEnoughBufferSpace メモリが不足している
  • 208 badFileFormat ファイルは不正であるか使用できない、または AIFF、AIFF-C でない
  • 209 channel チャンネル使用中
  • 210 buffersTooSmall バッファが小さすぎる
  • 211 channelNotBusy チャンネルは現在使用されていない
  • 212 noMoreRealTime 十分な CPU 時間が利用できない
  • 213 badParam パラメータが誤っている
  • 220 siNoSoundInHardware 利用できるサウンド入力ハードウェアがない
  • 221 siBadSoundInDevice 無効なサウンド入力装置
  • 222 siNoBufferSpecified 指定されたバッファがない
  • 223 siInvalidCompression 無効な圧縮形式
  • 224 siHardDiskTooSlow 録音するハードドライブが遅すぎる
  • 225 siInvalidSampleRate 無効なサンプルレート
  • 226 siInvalidSampleSize 無効なサンプルサイズ
  • 227 siDeviceBusyErr サウンド入力装置は使用中
  • 228 siBadDeviceName 無効なデバイス名
  • 229 siBadRefNum 無効な参照番号
  • 230 siInputDeviceErr 入力装置ハードウェア障害
  • 231 siUnknownInfoType 情報のタイプが不明
  • 232 siUnknownQuality 品質不明

MIDI Manager エラー
  • 250 midiNoClientErr 該当する ID を持つクライアントが見つからない
  • 251 midiNoPortErr 該当する ID を持つポートが見つからない
  • 252 midiTooManyPortsErr システムにインストールされているポートが多すぎる
  • 253 midiTooManyConsErr 接続が多すぎる
  • 254 midiVConnectErr 作成された仮想接続を一時停止
  • 255 midiVConnectMade 決定された仮想接続を一時停止
  • 256 midiVConnectRmvd 削除された仮想接続を一時停止
  • 257 midiNoConErr 指定されたポートに接続は存在しない
  • 258 midiWriteErr 接続されたすべてのポートに書き込みできない
  • 259 midiNameLenErr 31 文字より長い名前を指定した
  • 260 midiDupIDErr クライアント ID が重複
  • 261 midiInvalidCmdErr ポートタイプでサポートされないコマンド