※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HP上でのJavaScriptのエラーは、観覧側からエラーを出させないようにするしか
対応できない場合があります。
もしくはHPを更新・開き直しで解決できる場合もありますが
禁止にしてしまえば、テキストは通常に観覧可能となります。

JavaScript を禁止するのは簡単です。主要なブラウザで JavaScript を無効にする手順は以下のとおりです。他のブラウザでも同じような手順で設定できます。

  • Internet Explorer(Windows) 「ツール」→「インターネットオプション」→「セキュリティ」→「レベルのカスタマイズ」→「スクリプト」→「アクティブスクリプト」、「無効にする」をチェックする。

  • Internet Explorer(Macintosh) 「編集」→「初期設定」→「Web コンテンツ」→「アクティブコンテンツ」、「スクリプトを有効にする」のチェックをはずす。

  • Netscape 「編集」→「設定」→「詳細」、「JavaScript を有効にする」のチェックをはずす。