総選挙★当選・落選候補リスト(全選挙区版)

次期総選挙の際に誰を当選させ、落選させるべきか、 日本を守る選択 を考えるページ

※2009年8月30日に行われた第45回総選挙の時の情報です。



■当ページの趣旨

当ページでは、各議員の売国・愛国情報を元に、誰を当選させ、誰を落選させるべきかのリストを作成しています。
売国議員リスト愛国議員リスト最高裁判所裁判官リストとの相互反映もお願いいたします。
このサイトに集まる全国各地の有志の編集参加を募ります。⇒情報提供は 掲示板 まで。
現在、認定保留議員リスト の約10名を除き、全11ブロック立候補予定者を暫定評価。しかし民主党の大量の新人候補の政策・政見など重要な情報がまだまだ不足しています。
年度内の完成→総選挙時にフル活用を目指しましょう!
また、総選挙と同時に実施される最高裁判所裁判官国民審査 は罷免選択つまり「×」印記入となります。⇒当ページ下部参照

自分の選挙区 を知りたい人は ⇒ こちら

■目次


■売国度・愛国度の評価基準

売国議員・候補の売国度 愛国議員・候補の愛国度
評価(RATING) S A B C C B A S
超売国活動。
絶対落選させたい。
かなりの売国活動。
ぜひ落選させたい。
密かに売国活動。
できれば落選させたい。
売国性と愛国性を比較した結果、売国性のほうがやや上回っている。
落選候補から外しうる。
・目立った愛国活動は見当たらないが、目立った売国行為も見当たらない場合。
・愛国性と売国性を比較した結果、愛国性のほうがやや上回っている場合。
当選させてもよさそう。
それなりに頑張って愛国活動。
できれば当選させたい。
かなり精力的に愛国活動。
ぜひ当選させたい。
非常に精力的に愛国活動。
絶対当選させたい。
POINTの目安 ~ -10 -9 ~ -6 -5 ~ -3 -2 ~ 0 0 ~ +2 +3 ~ +5 +6 ~ +9 +10 ~
属性の目安 護憲リベラル
革新、極左
一般リベラル
進歩派
雰囲気リベラル ノンポリ
リベラル寄り
ノンポリ
保守寄り
雰囲気保守 一般保守 真正保守
歴史認識の目安 自虐隷属史観 自虐史観 中立 正統史観
POINT=0は、所属政党の評価により愛国度:C または売国度:C に分類
評価の計算式 = 以下の 評価要素ごとPOINT合計

分類 売国的要素 POINT . 愛国的要素 POINT .
1.特亜特権 (1) 外国人参政権賛成 -3 (1) 外国人参政権反対 +3
       (2) 人権擁護法案(人権侵害救済法案)賛成 -3 (2) 人権擁護法案(人権侵害救済法案)反対 +3
       (3) 国籍法改訂に賛成 -3 (3) 国籍法改訂に反対 +3
       (4) 重国籍容認    -3 (4) 重国籍反対    +3
       (5) 上記に関する議連役員 -1 (5) 上記に関する議連役員 +1
2.歴史認識 (1) 従軍慰安婦あった派 -3 (1) 従軍慰安婦否定 +3
       (2) 南京大虐殺あった派 -3 (2) 南京大虐殺否定 +3
       (3) 沖縄集団自決命令あった派 -3 (3) 沖縄集団自決命令否定 +3
       (4) 恒久平和議連 -3 (4) 伝統と創造の会 +3
       (5) 「アジア連帯」所属 -3 (5) 日教組問題究明議連 +3
       (6) 歴史リスクを乗り越える会 -3
       (7) 国会図書館法改正案(恒久平和局設置)提出者 -3
       (8) 上記に関する議連役員 -1 (8) 上記に関する議連役員 +1
3.憲法・防衛 (1) 憲法9条護憲派 -3 (1) 自主憲法制定(憲法改正)推進派 +3
       (2) 自衛隊の海外派遣に反対 -3 (2) 自衛隊の海外派遣に賛成 +3
       (3) (イラク3邦人拘束に対して)
自衛隊撤退を要求する緊急アピール賛同
-3 +3
       (4) 集団的自衛権の行使に反対 -2 (4) 集団的自衛権の行使に賛成 +2
4.外交方針 (1) 国連中心外交・平和主義外交 -3 (1) 日米同盟堅持・強化 +3
       (2) 東アジア共同体推進 -3 (2) 領土議連 +1
       (3) アジア共通通貨推進 -3 (3) 上記に関する議連役員 +1
5.拉致問題 (1) 日朝友好議連 -1 (1) 拉致議連 +1
       (2) 朝鮮半島問題小委員会 -1
       (3) 北朝鮮経済制裁に反対・慎重 -1 (3) 北朝鮮経済制裁に賛成 +1
       (4) 北朝鮮経済制裁に断固反対 -2 (4) 北朝鮮経済制裁積極推進 +2
       (5) 上記に関する議連役員 -1 (5) 上記に関する議連役員 +1
6.靖国神社・皇統護持 (1) 靖国問題研究会 -3 (1) 閣僚として靖国神社参拝 +3
       (2) 靖国神社参拝批判発言 -2 (2) 靖国神社参拝 +2
       (2) 靖国神社参拝批判発言 -2 (2) 靖国神社参拝 +2
       (3) 靖国神社参拝(但し分祀論)※本来は評価しない (+1)
       (4) 国立追悼施設推進 -1 (4) 国立追悼施設に反対署名 +1
       (5) 女系天皇容認 -1 (5) 女系天皇反対 +1
       (6) 上記に関する議連役員 -1 (6) 上記に関する議連役員 +1
7.特定政党・グループ (1) 公明党 -10 (1) 平沼グループ(但し個別判断が必要) +1
       (2) 社民党 -10
       (3) 共産党 -6
       (4) 民主党(横路グループ、元社会党) -6
       (5) 民主党(菅グループ) -3
       (6) 民主党(リベラルの会) -3
8.その他の議連 (1) 外国人材交流推進議連(移民1000万受入推進) -1 (1) 日本会議議員懇談会 +1
       (2) 外国人材交流推進議連(移民1000万受入推進)提出者 -3
       (3) パチンコ議連 -1
       (4) サラ金議連 -1
       (5) 上記に関する議連役員 -1 (5) 上記に関する議連役員 +1
9.その他 (1) 個別の売国的行為・発言・その他の調整事項 (1) 個別の愛国的行為・発言・その他の調整事項

■政党全体の売国度・愛国度

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

■ブロック別・選挙区別評価

※氏名検索する場合は、最初に「+」をクリックして開いてから行って下さい。

◆北海道

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆東北

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆北関東

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆東京

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆南関東

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆北陸信越

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆東海

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆近畿

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆中国

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆四国

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆九州

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆比例単独候補

↓本文はここをクリックして表示
+ ...

◆集計結果1:政党別愛国・売国度  定量分析

愛国議員リスト 売国議員リスト 認定保留議員リスト の情報を要約・数値化し、各政党の真の姿(愛国・売国候補の分布状況)を定量的に分析したページ


Ⅰ.自民党(公認予定候補者)   (計 292 小選挙区)
1.自民党 売国度 愛国度 評価保留 候補未決 合計 候補を立てない選挙区
  S  .   A  .   B  .   C  .   C  .   B  .   A  .   S  .   -  .   -  .   -  .   -  .
北海道       1 4 3 2 2     12  
東北 1     3 9 9 3       25  
北関東 1   3 4 6 9 8     1 32  
東京     1 1 5 5 8 4     24 1 東京12区
南関東 2   1 4 11 8 5 2     33 1 神奈川6区
北陸信越   1   1 8 6 3 1     20  
東海   2 7 4 10 7 1 2     33  
近畿 2 2 3 5 11 13 4 2     42 6 大阪3・5・6・16区、兵庫2・8区
中国 3 2 3   6 4   1   1 20  
四国   2 1 4 5 1         13  
九州   3 2 4 15 4 6 4     38  
小選挙区計 9 12 21 31 90 69 40 18 0 2 292 8 ※公明党候補が立候補する選挙区
S+A+B+C合算 売国候補   73 ( 25.0 % )  愛国候補   217 ( 74.32 % )  0 2 292  
      ※森岡正宏(奈良1区、郵政選挙で落選、自民党に公認申請中)及び、公認調整中の現職候補(森山真弓・萩山教巖・武田良太など)を含みます
    

★ポイント★
1.最頻値が愛国度:C、次が愛国度:B、つまり実態としては、正規分布とは言わないが、愛国度:B寄りのCを中央に両側
  に綺麗に裾を引いた山形の分布となっている。
2.但し、愛国度:Cというのは「党議拘束に従う」程度のノンポリ候補で、本当に確りした愛国的政治理念・信条を持っ
  た者は愛国度:A-Sの58人と見ておいた方が無難。
3.その一方で確信犯的な売国候補、つまり売国度:A-Sに分類される者も21人おり、その多数が有力議員であることにも
  留意が必要。(詳細は「売国議員リスト」参照)

Ⅱ.民主党(公認予定候補者)   (計 273 小選挙区)
2.民主党 売国度 愛国度 評価保留 候補未決 合計 候補を立てない選挙区
  S  .   A  .   B  .   C  .   C  .   B  .   A  .   S  .   -  .   -  .   -  .   -  .
北海道 4 6 1       1       12  
東北 3 4 7 4 3   1       22 3 秋田2区、宮城6区、山形3区
北関東 4 4 7 6 3 1 4       29 3 栃木3区、群馬5区、埼玉11区
東京 7 6 2 3 2     1   1 22 3 東京8・11・25区
南関東 3 9 7 8 4 1 1       33 1 神奈川8区
北陸信越 5 4 4 1 1 1 2     1 19 1 富山2区
東海 5 9 8 6 1   4     33  
近畿 4 18 9 6 6     1   1 45 3 大阪10・13区、兵庫9区
中国 1 11 1 2 1 1     1 18 2 広島6区、島根2区
四国 2 5   4             11 2 香川3区、愛媛2区
九州 3 8 8 6 2 1 1       19 9 福岡11区、佐賀3区、大分2区、熊本4・5区
宮崎3区、鹿児島3区、沖縄1・2区
小選挙区計 41 84 54 46 23 5 14 2 0 4 273 27 ※社民党候補を推薦15、国民新党候補を推薦8、
S+A+B+C合算 売国候補   225 ( 82.42 % )  愛国候補   44 ( 16.12 % )  0 4 273     新党日本候補を推薦1、無所属候補を側面支援3
      ※田中真紀子(新潟5区、無所属、民主党と統一会派)及び、河村秀三郎(宮崎1区、無所属、民主/国民/社民3党推薦)を含みます
    

★ポイント★
1.最頻値が売国度:A、次が売国度:Bとなっており、左側(売国側)に大きく傾いた極めて歪(いびつ)な分布となっている。
2.売国度:Sの度数だけでも全体の15%(売国度:S-Aで全体の45%)を占めており、確信犯的な売国的政治姿勢を持つ者が
  現職・元職・新人を問わずに多いことが分かる。
3.その一方で、右側の愛国度:Aにも小さな山が出来ていおり、愛国度:Sと併せて全体の僅か6%弱だが、民主党にも強固
  な愛国派が存在することが伺える。
  (但しこの割合の少なさでは党内の政策決定に主張が通るはずもなく、「保守票狙いの客寄せ」「いずれ離党か地方首
  長転出が関の山」と見られても仕方がない)

Ⅲ.国民新党(公認予定候補者)   (計 11 小選挙区)
3.国民新党 売国度 愛国度 評価保留 候補未決 合計 うち民主党推薦候補
  S  .   A  .   B  .   C  .   C  .   B  .   A  .   S  .   -  .   -  .   -  .   -  .   -  .
東京         1           1 1
南関東         1           1  
近畿       1 1           2 2
中国     1   1   1       3 2
九州     1 1       1 1   4 3
小選挙区計 0 0 2 2 4 0 1 1 1 0 11 8
S+A+B+C合算 売国候補   4 ( 36.36 % )  愛国候補   6 ( 54.55 % )  1 0 11  
    

★ポイント★
1.「郵政改革に反対」から来る保守的イメージとは裏腹に、実際の愛国議員の割合は5割強で、自民党より20%も低い。
2.但し、売国度:S-Aの極端な売国候補が一人もいないことは評価してよく、愛国度:S-Aの候補も各々一人ずついる。
3.難点を付け加えれば、党首の綿貫民輔(比例単独出馬)がナゼか「外国人参政権賛成」であること。どうしても国民新党
  支持という人はここをきちんと問い質して欲しい。

Ⅳ.社民党(公認予定候補者)   (計 31 小選挙区)        ※全員が売国度:S
4.社民党 売国度 合計 うち民主党推薦候補
            S            .   -  .   -  .   -  .
北海道 1 1  
東北 6 6 3
北関東 2 2 1
東京 1 1 1
南関東 2 2  
北陸信越 5 5 1
東海 1 1  
近畿 3 3 1
中国 1 1  
四国 2 2 2
九州 7 7 6
小選挙区計 31 31 15
S+A+B+C合算 売国候補   31 ( 100.0 % )  31  

★ポイント★
1.特になし。
2.しかしNHKは、ナゼ頻繁に福島瑞穂の映像を流すのか。政治に疎い人は、そこの所をもっと考えよう。⇒「NHKの正体」

Ⅴ.公明党(公認予定候補者)   (計 8 小選挙区)        ※全員が売国度:S
5.公明党 売国度 合計
            S            .   -  .   -  .   -  .
東京 1 1  
南関東 1 1  
近畿 6 6  
小選挙区計 8 8  
S+A+B+C合算 売国候補   8 ( 100.0 % )  8  

★ポイント★
1.特になし。今やほぼ常識となってはいるが、公明党=創価学会であることを忘れてはいけない。
2.即ち、議員全員が創価学会信者であり、愛国心や日本精神、大和魂の欠片も持ち合わせていない非国民である。
3.神奈川6区(元NHK・元社会党議員の池田元久(民主党現職)と公明党)、大阪5区(典型的サヨク活動家の稲見哲男(民主党
  元職)と公明党)は全国屈指の売国奴対決として注目

Ⅵ.共産党(公認予定候補者)   (計 149 小選挙区)        ※全員が売国度:A
6.共産党 売国度 合計
            A            .   -  .   -  .   -  .
北海道 5 5  
東北 10 10  
北関東 9 9  
東京 25 25  
南関東 19 19  
北陸信越 10 10  
東海 8 8  
近畿 38 38  
中国 7 7  
四国 6 6  
九州 12 12  
小選挙区計 149 149
S+A+B+C合算 売国候補   149 ( 100.0 % )  149  

★ポイント★
1.特になし。共産党も反日売国政党だが、公明党と敵対しており、自民/民主/社民のパチンコ・サラ金利権を暴露する
  など一定の有益性もあるため、売国度:SではなくAと評価する。
2.共産党は、これまでずっと、全国300小選挙区にくまなく候補を立ててきたが、今回は本当に半減してきた。これも
  「革命のための高等戦術」なのだろうか。

Ⅶ.諸派・無所属(有力候補)   (計 33 小選挙区)
7.諸派・無所属 売国度 愛国度 評価保留 候補未決 合計 赤字民主党推薦候補または側面支援候補
  S  .   A  .   B  .   C  .   C  .   B  .   A  .   S  .   -  .   -  .   -  .   -  . 集計対象33候補の内訳   青字愛国度:S の候補
北海道                 2   2   杉村太蔵(現)、佐藤健治
東北     1   2       1   4   升田世喜男、藤井陽光、佐々木重人、村岡敏英
北関東   1 1   1 1         4 2 中村喜四郎(現)、 渡辺喜美(現) 、植竹哲也、 小泉龍司