|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

史記英雄伝

クリア条件:EDを見る
開始時間:2012/11/26(月) 20:02:52
終了時間:2012/12/01(土) 18:38:30
参加人数:1

春秋戦国時代の中国を舞台とした「歴史RPG」。
ゲームバランス、グラフィック、音楽などのクオリティは
お世辞にも高いとはいえないが、史記などに出てくる
有名なエピソードがシナリオに所々盛り込まれ
歴史好きのプレイヤーを喜ばせ…ないだろう。
時代考証や世界観の不統一さ、キャラクター名の安直さ、
セリフの痛さなどがミニゲームの極悪さも
あいまってプレイヤーに苦痛をこれでもかと与えてくること必至。
がんばってください。

ミニゲームの大半がクイズやパズルであり、かなりの種類がある。
RPG要素をなくしてミニゲーム集として出したほうが良かったんじゃないかと思うくらい。

いやー、よく死ぬゲームだった。
メーカーはゲーム業界初参戦だったらしいが、それにしたって事故死が多過ぎるだろう。
祟りだかなんだか知らんが、序盤から場違いな敵が出るダンジョンを設置するのはやめてくれ。
あと、山沿いを歩いてたら山の向こうに出るはずの強敵が出てくるのもなんとかしてくれ。

敵のクリティカルや魔法攻撃の威力があきらかにおかしい。
HP満タンから死ぬことも全然珍しくない。
特に魔法系キャラ(主人公含む)のHPが低すぎる。
普通にやってるのに30回は全滅したんじゃないだろうか?

孫子の教え「三十六計逃げるに如かず」
困ったときはあれこれ考えるより、逃げて身の安全を確保することが最良であるということ。
そんなことを言われても、このゲームは自分より強い敵からは逃げられない。
逃げるアイテム「煙玉」もあるが、使う前に麻痺したら結局死ぬしかない。

主人公はイベントで「竜仙人」へと名前を変える。
プレイヤーが主人公につけた名前は抹消される。
そして別の人物の名前となる。死ぬけど。
防御力は異常に高いが、魔法には無力なので結局虚弱体質のままである。

ボスには眠りの魔法が効くことがある・・・が
ラスボスには異様に効きにくいので普通に殴ったほうが早い。

エンディングのひとコマ「しぼう」
それはひょっとしてギャグで(ry

戦犯ロール
テストプレイヤー?そんなもんいねえ!