|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

テクモスーパーNBAバスケットボール

クリア条件:プレーオフ優勝
開始時間:
終了時間:
参加人数:

テクモスポーツ五連戦、一発目はバスケットボール。
NBAルールについては wikipedia 参照

全編英語の洋ゲー。

十字キー:選手の移動

オフェンス時
A:パス
B:シュート(長押しで離したときにシュートを打つ)

ディフェンス時
A:選手カーソル移動
B:ジャンプブロック
Y:スティール
LorR:プッシング



1主
シカゴ・ブルズを選択。
マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、ホーレス・グラントを擁する最強チームなのでほぼ負けなしで進行。

試合後半になるとコンピュータがタイムアウト→なぜか自ゴール前で相手スローインという謎仕様を乱発してくる。
こぼれ球を拾ったと思ったらいつの間にか相手のスローインになっていた。
な… 何を言っているのか わからねーと思うが、おれも 何をされたのか わからなかった…

そしてパスカットも頻発。スローインや超至近距離のパスカットは当たり前。ゲーム再開からのパスカットで3、4ゴールを決められることも。

とはいえ、コンピュータの強さはだいたい一緒で、スティールからのカウンターでだいたい勝てる。

辛かったのは100を超える試合数。レギュラーシーズンは全部コンピュータに任せてもよかったかも。


レギュラーシーズン成績。最後の5試合だけコンピュータに任せたけど勝率9割で一位通過。

プレーオフもストレート勝利

ファイナルはポートランド・トレイルブレイザーズ。

ちなみにハーフタイムではチアが見られる。毎回同じ人でうれしくない。

1回負けたけど優勝。

優勝したあとGAME STARTを選ぶとエンディング。何回でも見ることができる。


最終成績。ゴール率は3位独占。得点数もジョーダンが一位。あとは全部ランク外。