|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ファイアーエムブレム トラキア776

クリア条件:EDを見る
開始時間:
終了時間:
参加人数:

前作『聖戦の系譜』と世界観を共有した作品。
『聖戦』内ではあっさり片付けられている部分をピックアップしたお話。
「(FE)シリーズ屈指の高難度」と任天堂も認めた難ゲー
それ以前に書き換えサービスで供給されていたが、どちらにせよ現在はレアゲー。
エリートモード(経験値2倍)は裏技?
↑このモードすら難しいのにエリートモードが禁止じゃあ進めそうにないよ・・・
↑説明書に載ってないコマンド入力技なのでどう考えても裏技です。
↑SFC末期の説明書はチラシだから微妙だよ。どうも裏技の再定義が必要だな・・・・明らかにバグなのは禁止で仕様はおkだが使用は控えてほしいと。
↑↑説明書の過信は禁物だ。このソフトは元々NPのソフトだから説明書には最小限のことしか書かれてない。

776の由来はグラン歴776年の出来事なので決して「777」を「776」と間違えたわけではない。
ちなみにトラキアは舞台となる地方の名前。


本作から「体格」の要素が導入され、
この数値の高いユニットは重い武器でも攻撃速度が下がらなかったり他のユニットを担げたりする。
アイテムの価格がやたらと高いため、このシステムの応用である「捕獲」で敵からアイテムを奪って使うor売ることがとても重要。

「体格」は捕獲を省いた形で後のシリーズ作品に継承されたが、
受け継がれなかったシステムとして、戦闘するたびに増加して最大HPを上回ると次のステージで出撃できなくなる「疲労」がある。
一軍メンバー以外の使用・育成も意識せねばならず、難易度を高めている要素の一つ。
主人公はシステム上休むわけにはいかないので例外として全く疲れない。

最終的に生存者人数&ターン数を基準とした評価が表示されるが、明確なエンディング分岐は存在しない。
高評価であればエンディングで表示される一枚絵が追加されたりするが、普通にクリアするのも難しいこのゲームで速攻プレイを行うのは至難の業。
ちなみに最高の評価はSではなくSSSである。