|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ロマンシング サ・ガ2

クリア条件:EDを見る
開始時間:
終了時間:
参加人数:



解説


ロマサガシリーズ2作目。
サガ2大発明のひとつ、「閃き」システムを生み出した作品。

資金増殖やマップチェンジなど、明らかにバグを利用した裏技は禁止。
例の凶悪術は仕様なので禁止ではないが…そんなもんなくてもクリアできるんだぜ?

攻略知識無しの初回プレイの場合、プレイスタイルにもよるが
最後の最後でラスボスに勝てず何時間も苦労するといった初心者泣かせの罠にハマりやすい。
(終盤にてラスボス戦で有用な術や見切りを覚えていない、
 術は回復術ぐらいしか使わないので新術を覚えることがまずない 等)


武器で(あるいは素手で)攻撃すると時々新しい技を閃き、以降必殺技として使えるようになる。
敵が強ければ強いほど、強い技を閃くことができる(自分の強さは関係ない)。
技を8個覚えていると閃かなくなるので、常に7個以下にしておくこと。
キャラによっては閃けない技もあるので、閃きたいときはなるべくその道の達人を仲間にしよう。
得意武器と得意閃きが食い違っているキャラもいたりする。
敵の技を受けた時それを回避する「見切り技」を閃く事もある。

術法

術法研究所で覚えることができる。前作と違って無料。
火と水、風と地の術は相反するため同時に覚えることはできない。
術の技能レベルを上げていると、いつのまにか新しい術法を覚えることができるようになる(告知されない)。

技能レベル

HP以外のパラメータは成長せず、技能レベルというものが成長する。
成長させるにはその技能を使わないとダメ。
まんべんなく成長させてもキャラ交代の際に無駄になるので、そのキャラの得意技能を専門的に使わせたほうがいい。
武器 特徴
剣・大剣 剣は片手用武器で、盾を併用できる。
大剣は両手を使うため盾を併用できない。
斧・棍棒 どちらも片手武器なので盾を併用できる。
棍棒は補助的な技を、斧は威力重視の技を覚える。
槍・小剣 槍は両手武器、小剣は片手武器。
槍を使うには腕力、小剣は器用さが必要で、両立したクラスはあまりない。
両手武器。後列にいる敵を狙えるが威力は低め。多くの敵を同時に攻撃できる技が多い。
体術 武器を装備しなくても使うことができ、レベルが上昇すると威力が上がる。
両手を使うため盾は併用できない。

特徴
攻撃重視の術法で、序盤から覚えられるため使いやすい。
しかし熱属性に強い敵にはダメージが通らない。
序盤から使うことができず、
回復・補助系の術ばかりで攻撃用の術がないのでちょっと育てづらい。
攻撃用の術は「ウインドカッター」のみだが、レベルが上がると威力が飛躍的に上昇する。
他は補助用。
ロマサガ1と違って「土」ではない。序盤はこの術の使い手がおらず、育て始めるのが遅れる。
皇帝が最初から覚えている系統の術。攻撃・回復・補助と色々揃っており使いやすい。
天に相反する属性の術。ゲーム中のイベントの進め方によっては習得できるかもしれない。

クラウン(お金)について

主人公は皇帝なので、お金は基本的に国庫から出す。
武器・防具・施設などを作成するには大金がかかるため、必要だと思ったものだけ作成するようにしよう。
一度戦闘すると、国庫に収入分のお金が入る。
国の勢力を広げると収入も多くなり、効率よく稼げるようになる。
店での買い物は財布に入っている10000クラウンから出す。使ったら国庫から財布に入れるか、宝箱の財宝を見つければ補充できる。

陣形

特定クラスを皇帝にして陣形道場へ行くと、新しい陣形を編み出す。
陣形には順番に攻撃するもの、攻撃力アップなどの特殊効果があるもの、特定の位置にいるキャラに攻撃を集中させるものなど様々。