|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

AⅢ S.V.

クリア条件:6マップ全てで資金を500億円にする
開始時間:2009/09/06(日) 22:00:57.27
終了時間:2009/09/16(水) 20:55:34.04
参加人数:3

発売元 パック・イン・ビデオ
発売日 1995/09/29
価格 10,800円
容量 16Mbit
その他 スーファミマウス対応


概要

正式名称は「A列車で行こうⅢ スーパーヴァージョン」。シリーズ最新版は8まで登場している、日本ではシムシティと並ぶ有名な都市開発シミュレーションゲーム。
最近DSでも出たが結果は・・・らしい

シムシティと異なるのは、プレイヤーの立場が市長ではなく、ある私鉄の社長であること。
鉄道や子会社を経営して、資金1兆円を目指すも良し、複雑な路線網を構築するも良し、はたまた開発されたマップを見てニヤニヤするも良しである。

前作などと比較して明確な目標が与えられていない。但し資金が底をつくとゲームオーバーになるので注意。
実況におけるクリア条件は1兆円達成、もしくはロケット発射場建設が分かりやすいだろう。
  • IIIの他バージョンだととりあえず500億円突破が目標らしいのでとりあえずそこまでにしてみた

攻略

マップ

6種類。だだっ広いマップ1を除く他の5つはクセや制約が様々(マップ5も広いが少し難しい地形になっている)。

鉄道

このゲームの主旨となる交通システム。

通な人なら様々な路線網を編み出せるだろうが、ポイントなどの設定画面が扱いづらいので、苦手な人は山手線のような環状線を作ればいいだろう。旅客列車の発車時刻はラッシュ時間帯の8時と20時がベスト。最大保有編成数は列車とバス“合わせて”16編成までなので、貨物列車はできるだけ少なくしたい。

旅客列車は「211系」や「AR3」あたりがコストパフォーマンスに優れている。車両開発によって好みの車両を作ることもできるが・・・

バス

今作は道路やバス停が建てられ、バスを走らせることができる。ただ先述の16編成制限より、輸送力のないバスは使う機会が少ないだろう。道路については、駅近くに敷設すると傍に他社がビルを建てることがある。景観の足しにどうぞ。

資材

鉄道施設を除く建造物建設、つまり街の発展に必要な材料。マップ外から持ち込んだり工場で生産したりなどして調達する(工場から一度持ち出す必要あり!)。

子会社

基本的に駅に近いほうが儲かる。システムの限界からか、マップ内に自社他社合わせて87個までしか建設できない。

特殊建造物

本社を除き建設までに一定年数の誘致活動が必要となる。撤去はできないので場所選びは慎重に。

保有可能な最大株数が1万6000株と低い上、各銘柄とも値の変化の幅が小さいため、儲けることが難しい。
ちなみに5以降の作品では信じられないほどの乱高下する設定になっており、地道に稼ぐことが馬鹿馬鹿しいくらい儲かってしまうようである。

その他

人事(組織改変)

総務部人事は誘致活動に影響する。マップ内人口が8万人を超えている場合、「国立公園」を除く他の誘致ができるが、その成功確率が、黒田喜太郎なら60%、綾瀬ひとみなら40%、他の3人なら50%になる。その他の部署の人事は業務上特に影響はない。

社内行事

毎年行っていると・・・?

攻略?

金儲けにおいて路線構築が面倒な人は、立地場所に利益が左右されにくい大ビルを、建てられるだけ建ててしまうのが手っ取り早い。


主1 MAP1,2,5,6

標準的なMAP 障害物がほとんどない 川が若干面倒なぐらいか

下の埋立地部はつかわなくても到達できる

MAP3と一緒で人口がすくないのがきつい

人口はあるが線路をしきづらい。環状線にしづらいMAP

おまけ

資金2000億達成

資金5000億達成


主3 MAP4
放置し続けて500億達成

主2雑感
何のかんの楽しいゲームだったのではないかと思います。
PC版もやってみたかったですね。処理速度も速かったでしょうし。
箱庭ゲームなのでまったり続けるのが好きな人向けなのではないかと思いました。

MAP3