|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

スーパーダンクショット

クリア条件:優勝してEDを見る
開始時間:2014/10/25(土) 23:38:07.29
終了時間:2014/11/08(土) 21:00:37.35
参加人数:2

HAL研究所のゲーム・・・だよね?
なんで全編英語なんですか?・・・それはSculptured Software開発の洋ゲー輸入だからです。
(日本以外のタイトルは NCAA Basketball / World League Basketball)

視点が3Dでグルグル回りまくるため、間違って自陣に向かっていったり
向いてる方向がわからなくなってバックパスになったりと
操作性が最あk・・・あまりいいことはない。
パスするときに出るポジションマークが緑色なら安全、赤ならとても危険。

試合中BGMがない。HAL研なのに。

皮肉にもこれがHAL研発売最後のSFCソフトになってしまった。

1試合につき8分×4クォーターで計32分かかるので
時間に余裕があるときに攻略すべし

◆試合時操作方法
オフェンス時 ディフェンス時
X 使用しない ボールを奪う
A パス ボールとバスケットの間で最も近くにいるディフェンダーに操作変更
B シュート(ゴール近くでダンク) ジャンプ
Y 使用しない 操作キャラ変更
L フォーメーションの変更 フォーメーションの変更
R フォーメーションの確認 フォーメーションの確認
セレクト タイムアウト タイムアウト
Bボタンと十字キーの組み合わせで5種類のダンクが出来る

◆Team Options内訳
Switch Defender on Pass
ボールとバスケットの間で最も近くにいるディフェンダーに自動的に切り替わる
Don't Switch on Pass
手動でA/Yボタンを押さない限り他のディフェンダーに操作が切り替わらない

Fastbreak
敵がシュートした瞬間、相手コートへ駆け上がる
Don't Fastbreak
敵のシュートが決まるかこちらがボールを持たない限り、ディフェンスに徹する

Crash the Boards
攻撃側でシュート時、全てのオフェンスプレーヤーがリバウンド目掛けて行動する
Don't Crash the Boards
攻撃側でシュート時、何人かのプレーヤーはディフェンスに回る


<攻略情報>情報提供して頂いたので掲載 感謝!

このゲームはリアルタイムで行うので1試合が長いが、それを短縮する為に
相手のファウルを誘って8人退場させる戦法が有効。
その方法は
  • 真正面からダンクを狙う(自分の前にディフェンスが居ないのがベスト)
  • するとありえないスピードでディフェンスが正面に回りこんできて、ファウルになる可能性が高い。
  • ただし、この時上キーを押しているとオフェンスファウルになる場合があるので、押すのはBボタンのみ。

とのことです。

(2主)
1主のパスを引き継ぎ
チームは「Golden State」、2試合目終了時点より開始

リーグ戦(12戦)を突破するとプレーオフ進出となり
そちらにも勝利するとFinalFourへ進出となります

決勝の相手は「Portland」
85-50で勝利しました

こちらがED
バスケットボールの歴史等が語られている模様

まさかの顔出しスタッフロール
しかもループしています

・2主雑感

バスケはごく基本的なルール程度しか把握しておりませんが、参加してみました。
タイトル通りダンクはバシバシ決まるので、この点のみに於いてそれなりの爽快感はあると思いますが、ゲーム中これといったBGMや演出等もなく、選手交代等の時間を含めると1戦あたり1時間前後にもなる試合を淡々とこなしていくのは、中々骨が折れる作業でした。
また全編英語のみで構成されているのも、自分のような英語力が低い者にとっては非常に辛い所です。

難易度については、初見ノーリセットで一度も負けることなくクリアすることが出来たので、かなり低い部類に入るのではないでしょうか。
相手にもよりますが大まかな得点パターンのようなものもあるので、その辺りを掴んでしまえば負けることはほぼ無いと思います。