※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主要


伊東千歳

1980年2月5日162cm51kgのA型。愛称は「ちー」ハンドルネームは「ちとせ」、「毒舌貧乏姫」の称号もつけられている。主に蓮太と西村の悪事の後始末をしていることが多い。決断力が早いがせっかちなため損をしていることが多い。熱しやすくさめやすい。もっぱら前半はフォロー、サポート役に徹しているが後半は自らリーダーとして動いている。胸がおおきいことから「乳しか能がない」と言われる。思ったことを口にするが気が弱い。3歳のときに両親に捨てられ伊東家で育てられているが男兄弟(一番近くて10歳違う)ばかりだったせいか大事に育てられた。26歳のとき、本当の母親と再会し、「二度と会いたくない」と行っていたがSERENⅡ序章で一緒に住むことを決めていることから和解している(?)ようだ。結婚するタイプは「金持ち」「背が高い」などあげたらキリがないためか彼氏ができなくて苦悩する。奥手でありどうすればいいかわからなくて相談していることもしばしばである。蓮太が好きだったが告白する前に彼が菊池かなめと付き合ってしまったため「この大ばか者」と言っている。西村が「二人は永遠の平行線」というように付き合うことは一度もなく結局、すれちがったままで時は流れている。結構はら黒く、妄想もよくしている。いじいじしている人やガキくさい人が嫌い。運はないほうで宝くじ、競馬、パチンコなどは全戦全敗している。

石田蓮太

1979年5月7日180cm81kgのO型。愛称は「れんた」「れんたろう」、企画制作部のある会社課長からは間違って名前を覚えられて「ダイスケ」と呼ばれる。影響をうけやすい性格で煙草や酒もすすめられてすぐにはじめた。釣りが趣味。もっぱらやんちゃな男として描写されている。西村が悪すぎるため善人に見られ女性にモテまくるという幸運ももっている。時間にだらしなく、優柔不断なところもありよく千歳にとがめられている。根本的にインドア派でよく「みんなのゴルフ」「実況パワフルプロ野球」「三国志」「スーパーロボット対戦」などをもくもくとやっている。インターネットに関しては千歳よりも上で見えない相手には温和に対応しているが、見える相手には容赦なく横暴。誰にでもタメ口、命令口調。菊池かなめとつきあうが破局した後はかえでという女性といつのまにか付き合っていて結婚する。他にある趣味は麻雀。強運。

西村光司

186cm76kg。蓮太と高校からの親友であり悪友。「俺以外の恋愛の成就は気に食わない」といって策といっては破局させている。バスケット部だったからか運動能力もズバ抜けているがもっぱら蓮太と二人でゲームしていることが多い。面倒見もよく大久保の世話までもしている。悪知恵がはたらくのか合コンでは偽名をつかったりもしているが「お持ち帰り」を成功したことがない。将来の夢がなく、なんとなく教育学部にすすんだが(そこしか合格しなかった)広瀬千鶴の純粋さに惚れ彼女が「学校の先生になりたかった」という夢を勝手に引き継いで第二章では教師になっている。(何故か最終章では教師をやめて漁師になっている)井上由香と結婚して子供も4人いる。憎みたいけど憎めないカリスマももちあわせているのでたちが悪いようだ。「貴様」などという言葉を平気でつかう。独特の個性の持ち主でSEREN公開時は人気投票1位。

大久保弘樹

蓮太、西村の高校の同級生。チビデブメガネロン毛という女にもてない最悪の条件を全てを満たしており趣味もギャルゲーである。大学受験に失敗するが家が金持ちなためか第二章最終回まで「受験生」のままである。(要するに8年ほど受験に失敗している)ローソンでバイトもしている。女なら誰でもいいという考えの持ち主で誰にでも告白をしている。

菊池かなめ

ともだちちゃっとの住人。慎重な性格で一回目の全国オフは様子見で欠席したが二回目から登場。行動力があり札幌に引っ越して蓮太とつきあうようになる。千歳とは犬猿の仲。西村とも仲がいいほうでなく彼の策を逆手に取ることもしばしば。いつの間にか出てこなくなりいつのまにか出てくるという神出鬼没的。やはりいつの間にかアメリカ人と結婚している。