※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界設定


1998年6月21日、伊東千歳がレポートついでにインターネットに挑戦したことから物語が始まっている。「意味のある偶然」がテーマ。


ともだちちゃっと

人気がそれほどないチャットルーム。管理人はレイシア。1997年開設~2002年3月に閉鎖されている。大学生、社会人層があつい。

ファーストフード

千歳がオフ会で金欠難になったことからはじめたアルバイト。店名はでてこないが階級が「メイト」とでてくることからロッテリアだと思われる。主にバイト内での恋愛がかかげられているが破局ばっかりで1組しか成就していない。個性が強い人が多い。

大学生活

インターネット、ファーストフードと違って大学では友達の話がでてこない。単位はきちんととってることからここでは友達はあまりできなかったと思われる。(ほかより個性が弱くてでなかったのかもしれない)それぞれの物語での冒頭で由香と食べながら話しているのがきっかけというパターンが多いことから、千歳は由香の話にのせられやすい性格ということがよくわかる。

企画制作部

会社名がでてこないが企画制作部という部署がある会社は限られている。(作中で取材とあることから報道か新聞関連か?) 陰湿だった部署をかえたいと思っていた新人滝本真奈美が採用を落とそうとしていた人事部に頼み込んで千歳を合格させた。以後、滝本は千歳と後に千歳が強引につれてきた蓮太をフォローする形になり、成功し、30歳という若さで課長まで出世している。(それなりの苦労があるらしい)この会社は第一章の途中から最終章まででてくるながい舞台。美人がおおいが性格は悪いということから「バラに見えるイバラの部署」とも呼ばれている。それなりの業績をあげているようだ。やはり個性が強い人しかでてこない。