禁書「安価でグリプス戦役を戦い抜くんだよ!」3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁書「先ずは所属組織を選ぶんだよ」

1.エゥーゴ

2.ティターンズ

>>177
 

 

>>177
1

 

 

次に始める話を決めるんだよ。
これは、今まで進めた話だけスキップ出来るんだよ。
ただし!スキップした話は史実通りに進んでしまうから注意するんだよ!

1話 黒いガンダム
2話 旅立ち
3話 カプセルの中
4話 エマの脱走
5話 父と子と…

>>180
 

 

>>180
5

 

 

エゥーゴ編

あらすじ

主人公?インデックスはエゥーゴに参加し、サイド7のグリーンノアで試験稼動中のガンダムMk-Ⅱを脱出する。
しかし、その事でカミーユの母ヒルダをを死なせてうまう事となる。
これ以上の悲劇を回避する為、エゥーゴがガンダムMk-Ⅱを全てティターンズに返す事にした。
だが、ティターンズのやり方に疑問を抱くエマ・シーンの裏切りによりカミーユとガンダムMk-Ⅱは再びエゥーゴの元へ戻る事となった。そして…

1.この話の最初の選択肢までスキップするんだよ!

2.この話を始めから進めるんだよ

>>184

 

 

>>184

1

 

 

選択肢前の状況

リック・ディアスを奪ったフランクリンを追うエゥーゴ勢。カミーユも例外では無く、父を追う為に解体中のMk-Ⅱで出撃する。その時インデックスは…

-アーガマ MSハンガー-

禁書「カミーユは?」

アストナージ「行っちまったよ」

禁書「一歩遅かったんだよ…」

禁書「………」

選択肢を選ぶんだよ

1.カミーユの後を追うんだよ

2.面倒だから止めとくんだよ…

>>188

 

 

 

>>188

2

 

 

 

 

 

 

禁書「面倒だから止めるんだよ」

レコア「………」

アストナージ「………」

禁書「な、なんなんだよ!」

レコア「別に。インデックスって、案外冷たいのねって思っただけ」

禁書「酷いんだよ!

禁書「こうなったら!」

選択肢を選ぶんだよ

1.カミーユを追えばいいんでしょ!

2.ムカつくからティターンズに寝返るんだよ!

3.もうエゥーゴは辞めるんだよ!

>>193

 

 

 

 

>>193

1

 

 

禁書「分かったよ!行けばいいんでょ!行けば!」ダムダム

レコア「始めからそう言えばいいのよ」

禁書「で、モビルスーツは?」

アストナージ「今、ハンガーにあるのはだな…」

選択肢を選ぶんだよ

1.ガンダムMk-Ⅱ

2リック・ディアス

3.ジムⅡ

4.プチモビ

5.MSに乗らずにノーマルスーツで出る

>>198

 

 

 

>>198

1

 

 


禁書「Mk-Ⅱで出るんだよ!」タッ

アストナージ「Mk-Ⅱが出るぞ!」

-アーガマ 右舷カタパルト-

禁書「やっぱり動かすのはガンダムに限るんだよ!」

アストナージ『ライフル持ったか?』

禁書「うん」

レコア『シールドは?』

禁書「持ったよ」

ヘンケン『予備のエネルギーパックは装備したか?』

禁書「シールドに2つ装備したんだよ」

アストナージ『よーし、準備万端だな。くれぐれも無茶はするなよ!』

禁書「分かったんだよ!インデックス、ガンダムMk-Ⅱいきまーすなんだよ!」ドシューン

-アーガマ MSハンガー-

アストナージ「あっ…」

レコア「どうしたの?」

アストナージ「バズーカ持たすの忘れた…」

レコア「大丈夫でしょ、バズーカくらい」

-アーガマ付近-

禁書「カミーユは何処かな…」

選択肢を選ぶんだよ

1.このまま真っ直ぐ進むんだよ!

2.右周りから進むんだよ!

3.左周りから進むんだよ!

>>201

 

 

 

>>200

今は人いないし直後安価でいいんじゃね?
安価なら1

 

 

じゃあ、採用するんだよ!

禁書「真っ直ぐ進んだらカミーユに会える気がする…」ドシューン

-戦闘宙域-

カミーユ「親父…いるんだな?神様がいるって信じたくなったよ、大尉!」

禁書「カミーユ!」

カミーユ「インデックス!」

フランクリン「またMk-Ⅱか?…ふん、カミーユ、お前も人の事が言えんな!」

カミーユ「なに!?」

フランクリン「戦場に女を連れて来る所だ」

カミーユ「なにをっ!?」

禁書「親子喧嘩は止めるんだよ!」

フランクリン「他人が親子の問題に口だししないで貰おうか!」

禁書「うっ…」

カミーユ「そんな言い方ないだろ!自分は愛人、持ってるクセに、今更父親面して!卑怯なんだよ!」ジャキ

禁書「カミーユ!」

選択肢を選ぶんだよ

1.フランクリンを撃つんだよ!

2.最後まで説得すんだよ!

3.説得は諦めて他の戦場に行くんだよ!

>>202

 

 


>>202

2

 

 


禁書「止めるんだよ!親子で殺し合いなんてダメなんだよ!」バッ

カミーユ「インデックス…」

フランクリン「貴様のような小娘が!分かった風な口を利くなぁぁぁぁぁ!!」ジャキ

禁書「え……」

カミーユ「インデックス!」ドシュ

フランクリン「グッ!?」ドガッ

カミーユ「父さん、もう止めよう」

フランクリン「今更、止められん!」

禁書「まだ間に合うんだよ!研究ならエゥーゴでだって出来るんだよ!」

フランクリン「ッ…」

禁書「お父さんはカミーユの残された肉親なんだよ!だから!」

フランクリン「…私は!!」

カミーユ「父さん」

フランクリン「私は…」

禁書「………」ピピピ

禁書「攻撃!?」

ドシューン

フランクリン「…ッ」

禁書「……クッ」シュゥゥゥ

御坂「チッ…」

カミーユ「父さん、大丈夫!」

フランクリン「ああ、あの子がシールドで防いでくれなければ死んでいた…」

禁書「カミーユ…」

カミーユ「ああ」

クワトロ「カミーユにインデックス!それに、ビダン博士か?」

禁書「大尉、カミーユのお父さんを安全な所に」

クワトロ「なに?」

カミーユ「父さんなら大丈夫です。だから!」

クワトロ「信じていいのですね?」

フランクリン「私はあの子に命を救われた。二言は無い」

クワトロ「了解した。私はビダン博士とアーガマに帰還する。すぐ来るからそれまで持ちこたえろよ!」ドシューン

御坂「邪魔が入ったわね。でも…次は逃がさない!」ゴォォォォ

カミーユ「なんだ、このハイザックのパイロットのプレッシャー!」

禁書「凄い威圧感…でも、何か懐かしいような…」

禁書「一筋縄ではいかないんだよ」

選択肢を選ぶんだよ

1.私が先手を打つんだよ!

2.カミーユに戦いは任せるんだよ!

3.カミーユを捨てて逃げるんだよ!

>>205

 

 

 


>>205

1

 

 

禁書「カミーユ、私の援護をお願いするんだよ!」

カミーユ「分かった。このMk-Ⅱは片腕が無いからな」

御坂「先ずは片腕のMk-Ⅱから始末しようかしらね」バキューン

カミーユ「クッ…こっち狙いか!」

禁書「カミーユはやらせないんだよ!」バキューン バキューン

御坂「エゥーゴが仲良くやってんじゃないわよ!」ババババッ

禁書「ッ」ガガガガン

御坂「アンタから死にたいのね!なら、殺してあげる!」バキューン

禁書「そう簡単にやられる訳には行かないんだよーー!」バキューン バキューン

カミーユ「インデックス、援護する」バキューン バキューン
御坂「チッ、馴れ合いしちゃって!エゥーゴのクセに!」スッ

カミーユ「早い!」

禁書「このパイロット、今まで戦って来た相手とはケタ違いなんだよ!」

御坂「そうか…あのMk-Ⅱを庇ってるのね?だったら!」ドシューン

禁書「え?」

カミーユ「来た!」バキューン バキューン

御坂「」スッ
カミーユ「当たれ!」バキューン カチッ

カミーユ「弾切れ!?」カチッ カチッ

御坂「先ずは一機ぃぃぃ!!」ズッ

カミーユ「ッ!」スッ

御坂「避けた!!あのタイミングで!?」

カミーユ「今のは危なかった。でも、武器が…」

禁書「カミーユ、今助けるんだよ!」

選択肢を選ぶんだよ

1.カミーユに気を取られているうちに攻撃

2.ライフル切れしているカミーユにEパックを渡す

3.その場からライフルを乱射

4.やっぱり逃げる

>>211
 

 

 


>>211
2

 

 

 

 

 

禁書「ライフル切れしたカミーユにEパックを渡さないと!」

禁書「カミーユ!これを使うんだよ!」

御坂「なに!?」

カミーユ「ライフルのパック?」

御坂「させるかぁぁぁぁ!!」

カミーユ「インデックス危ない!」

禁書「えっ?」

御坂「隙だらけなのよぉぉぉ!!」グサッ

禁書「がはっ…」

カミーユ「インデックス!脱出しろ!」

禁書「無理、なんだよ…カミーユ……逃げるんだよ…お、お父さんと…仲良…」ズガーン

カミーユ「インデックスーー!!」

御坂「エゥーゴの分際で仲間を助けるからよ。次は…アンタよ!」

インデックスはカミーユにエネルギーパックを渡す為に危険を承知で援護に向かった。
しかし、その隙を付かれ、御坂美琴にサーベルの一撃を受けてしまう。
インデックスはカミーユの身を案じながらこの宇宙へと散った…

1.前の選択肢からやり直すんだよ

2.話の冒頭からやり直すんだよ

3.最初からやり直すんだよ

>>215

 

 

>>215

1

 

 

 

選択肢を選ぶんだよ

1.カミーユに気を取られているうちに攻撃

2.ライフル切れしているカミーユにEパックを渡す

3.その場からライフルを乱射

4.やっぱり逃げる

>>218
 

 

 

>>218
4

 

 

 

禁書「やっぱり逃げるんだよ~」ドシューン

カミーユ「え!?インデックスー!」

御坂「アハハッ、味方を見捨てて逃げるなんて最高ね!さいっこうのクズね!」

御坂「逃げられると思うな!このカスがぁぁぁぁぁ」バキューン

禁書「うごぉぉぉ!!ブースターが…」ドガッ

御坂「敵前逃亡たぁ、良い度胸してるじゃない!」ズバッ ズバッ

禁書「うわぁぁぁ!」

御坂「アハッ!ダルマね。後は、コックピットぶち抜くだけで終・わ・り♪」

禁書「カ、カミーユ助けてよ…」

カミーユ「………」

御坂「ザマぁ無いわね!アンタ見たいな奴がいるから、アイツは!」グサッ

禁書「死にたくないんだよーー!!」ズガーン

御坂「さてと、後はアイツを始末したらおしまいね…」

インデックスは味方を見捨てて逃げ出した。その余りにも身勝手で軽率な行動は御坂美琴の怒りに触れ、インデックスは無惨にも切り刻まれてしまったのだった…

1.前の選択肢からやり直すんだよ

2.話の冒頭からやり直すんだよ

3.最初からやり直すんだよ

>>221

 

 

>>221

3

                                                                next

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。