一方通行(今更年上好きとか言えねェよなァ・・・) > 4スレ目 > 1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

過去ログ
 


あらすじ(若干のネタバレがあります)



一方通行は学園都市最強のロリコンというレッテルを貼られていたが、
実は彼、自分より年上の女が好きという性格であった。

女子大生くらい~80以上までというレベル5級のストライクゾーンを持つ彼は
偶然居合わせた御坂美琴と上条当麻と話し合い、誤解を解くに至った。


誤解を解いたは良いが、出会いが欲していた彼は『アイテム』と出会い、麦野沈利に惚れてしまった。
ニート状態から脱却するため学園都市最強の素性を隠し、めでたく下っ端雑用『ラビット』として暗部入りを果たす。
ちゃっかり美女4人と同棲を始め、時にぶつかりながら順調に仲間との絆を深めていった


そんな中、麦野の誕生日にアイテムの仕事が舞い込む。
内容は「ピンセット」なる装置を守る事。
一方通行はすぐさまレベル5が来る事を予測し、アイテムをサポートする形で独自に動き出す。
現れたのはスクールのリーダー垣根帝督であった。


垣根帝督との激戦により帝督は未元物質を昇華。一方通行は黒翼を発現する。
垣根は重症を負い逃走。ラビットはアイテムのメンバーに一方通行だとバレてしまい、

結果的には垣根からピンセットを守った。その数日後、めでたく麦野の誕生日を全員で祝えたのだった。


 
 


一方「

滝壺「あ、たんぽぽだ」

麦野「春だなぁ。あ、これって西洋タンポポじゃなくて日本タンポポじゃない?」


一方(なンでこンな事になったかなァ


滝壺「知らない。でもきれいだから好き」

麦野「花の~名前は~しら~なくて~も~

麦野「の後なんだっけ」

滝壺「知らない。でも良い歌」


一方(そこに咲ーいてー きれーいーだーからー…♪

一方(似合わねェな)

一方(
 



・・・・・・・・・・
・・・・
・・


~数日前~

フレンダ「さて、ようやく退院って訳ね」

一方「車椅子だけどな」

フレンダ「杖突きに言われたくないわね」

絹旗「で、私が押すんですか」

フレンダ「悪いわね。抜糸完了しても上半身の負担は避けたいからって理由で手押しだからね」


麦野「



冥土返し『神経の縫合と投薬の為にしばらく通院になるね』

麦野『あのフレンダは』

冥土返し『大丈夫、歩けるようにしてみせる』

麦野『よろしくお願いします』

冥土返し『ただ電動車椅子はやめておこう』

麦野『?』

冥土返し『言っただろう?彼女に一番利く薬は君達の『笑顔』だ。だから君達が彼女を押してあげた方がいいだろう』

麦野『!ありがとうございます!』
 
 
 

麦野(笑顔ねぇ



フレンダ「麦野ー?どうしたの?暗い顔して」


麦野「え!?そんな顔してた?」


フレンダ「いや、そこまで深刻そうじゃなかったけど


麦野「あーまあ、そのなんというかアンタ食べ物とかどうするんだっけ?」


フレンダ「一応腸や内臓は繋がってるから消化のいいものだけど


絹旗「もしかして退院祝いのご飯ですか?そろそろ昼時ですし」


麦野「あーまあそんなとこ。どっか外食行く?」


滝壺「健康館とか?」
 
 
 

フレンダ(……う~ん流石に車椅子ってのもなー)


フレンダ「あははー。そうね!おいしいもの食べたいなー」


一方「いや、俺が飯作ンぜ」


絹旗「?いいじゃないですか。折角の退院祝いですし」


一方「」カチッ


絹旗「!?いきなり人の手を触っt」


《聞こえっか?チビガキ。金髪の気持ち考えろ》


絹旗(これは生体信号による通信ですか?)


《大脳新皮質の言語部位に信号を直接伝達してンだ》


いいか?車椅子で料理屋とか行って変に目立ちたくねェだろ?

 障害者ってのは他人からの視線や周囲の人の気遣いが一番辛ェンだよ》


絹旗(あラビット
 
 
 

一方「いいかァ?寿司ってのはテメェのような手じゃ出来ねェ。俺の手の質感、触ってわかったろ?

    俺の能力を全開にした最強にヘルシーな寿司を麦野s金髪に提供できンだよ」


絹旗「わかりました。じゃあラビット、お昼ごはん超期待してますから」


一方「ケッ、作ったらありがたく食えよ」


フレンダ「ま、確かに期待できるかもね」


一方「まァな」


滝壺「うん、楽しみ」


一方「あンがとよ」


麦野「まぁ、そう言うならお願いね?」


一方「オゥ!!任せろォ!そォ期待されちゃァ仕方ねェよなァ!!」


三人「「「」」」
 
 
 
・・・・・・・・
・・・・・

「「「「ごちそうさまでしたー」」」」


一方「ンお粗末さン。金髪、胃の調子はどォなンだ?」


フレンダ「いやー、結局いつも病院食で味気ないものばっかだったしねー。うん、良かったわ」


一方「あァー麦野さン、そのォなンつーか


麦野「うん?あー生魚はあんまし隙じゃないけどコレはおいしいわ。うん」


一方「!ほ、本当か!」


滝壺「うん、バーナーで生魚を炙ったネタなら、むぎのも抵抗なく食べられるね」


麦野「生魚ってあの最初の舌触りっていうのが嫌なんだけどこれはレアかミディアムレアの肉って感じね」


絹旗「ラビットにしては超悪くないですね」
 
 
 

麦野「特にあの炙りサーモンは焼き鮭よりも癖になるね。ラビット、またお願いね?」


一方「お、オゥ!!!」


絹旗(私とラビットとで買い物に行ったからわかりますが、寿司のネタは学園都市最高級の卸市でとったものですからね

    恐らくどこかの高級レストランで使われるような超高級ネタですよ。滝壺さんが今口にしてる大トロは恐らく一貫だけで四桁行くでしょうね)


一方「チビガキ、金髪を部屋まで連れてってベッドに寝かしてやれ」


絹旗「はいはい」


一方「滝壺、食器を適当に浸けといてくれ。終わったら米の予約も頼ンだ」


滝壺「わかった」


一方「麦野さンはゆっくりしててくれ」


麦野「あれ?いいの?」


一方「いいのもクソもねェだろ。むしろ俺になンか仕事くれ」


麦野「あーじゃあちょっと話があるんだけど」


一方「!?」
 
 

~麦野の部屋~

一方「あァー麦野さン?(オイオイこりゃァついにキタぜ)」


麦野「悪いわね、忙しいでしょ?」


一方「ンな事ねェよ!ぜェンぜン暇ですしィー!?」


麦野「あははは!まあ、良くも悪くもラビットは真面目に働いてるわ」


一方「あ、あンがとよ悪くってなンかあったか?」


麦野「いや悪くっていうのはねフレンダの事かな」


一方「(なンだよてっきり麦野さンからのハッ、アホらしいぜ)」


麦野「アンタ、あの子にちょっと気を遣い過ぎじゃない?」


一方「!」


麦野「あのね、確かに重症から退院したばかりだけどアイツはそんなヤワじゃない。強い奴よ」
 

一方「俺はそンな別に(金髪に良くしてンのの半分以上は麦野さンの点数稼ぎとは言えねェよなァ)」


麦野「まあアンタも障害を持ってるからフレンダに対して優しくしてるんだろうけどさ、アンタがそこまで苦労する必要はないって」


一方「


麦野「私は気が付かなかったけど、アンタがわざわざ外食を選ばなかったっていうのもフレンダは気付いてるんじゃない?」


一方「チッ、ただの気まぐれだ」


麦野「ハァまあ、アイツもラビットにそこまで何かさせてもらおうとは思ってないって」


一方「


麦野「そのうちフレンダから何か言ってくるかもよ?アンタも肩の力抜きなさい」


一方(流石麦野さンの意見は大人だぜェ!たまンねェ!)


麦野(心なしか恍惚としてるけど大丈夫かなぁ?)
 



一方(

一方(一応金髪に言っとくか?)

一方(いや、変に勘繰られンのはメンドクセェ)

一方(


ガチャ

絹旗「それじゃ、って!ラビット!」

一方「!まだ金髪の部屋に居たのか」

絹旗「ええ。ラビットもフレンダに何か?」

一方「ンあァ」

絹旗「わかりました。では、ごゆっくり(まぁ、フレンダとラビットは二人にしても大丈夫でしょうね)」

一方「?あいよ」
 
 

フレンダ「あれラビット?どうしたのさ」

一方「野暮用だ」

フレンダ「乙女の手前で野暮用とはねぇ

一方「いや、用は無ェのかもな」

フレンダ「?まぁ、よくわからないけど座りなって」

一方「あァ」スッ

フレンダ「

一方「

フレンダ「あー改めて言うのもなんだけどさ。ありがとね」

一方「!!」

フレンダ「アンタが居なかったらあのとき第二位に殺されてたって訳よ」

一方「(なンだよ、そっちか)それ入院中にも聞いたぜ」

フレンダ「病室でお礼したけどさ。みんなが居る前だったしね~」

一方「別にいいっての。下っ端が上司を助けンのは当たり前だろ」

フレンダ「その上司ってのムズかゆいからやめて
 
 

一方「

フレンダ「で何?アンタは用も無しにここに来た訳?」

一方「何て言やァ良いンだ?麦野さンから釘刺されたからって言うのか?)」

フレンダ「何?もしかしてお盛んなラビットは私にまで欲情しちゃった訳?」

一方「自惚れンな金髪。冗談はその胸の絶壁だけにしろ」

フレンダ「あー!!!!!!!思い出した!!アンタ私の胸揉んだでしょ!!!」

一方「あァー無ェモンを揉むとか知らねェなァ」

フレンダ「殺す」

一方「オウ、やってみろ」

フレンダ「麦野ー!!!ラビtt」

一方「すンませんでしたァ!!!!」

フレンダ「よろしい」

一方「チッ

フレンダ「んっん~~!?今ウサギ君から舌打ちが聞こえたよーなー?」

一方「なンでも無いです」

フレンダ(面白いわね)
 
 
 
 

フレンダ「ふーははっ!!あーやっぱりラビット虐めるのは楽しいなー」

一方「お前なァ

フレンダ「でも無理してるラビットを見るのは楽しくないなー」

一方「?」

フレンダ「ハァ、無理したってわかるっつーの。アンタが私に気ぃ遣ってる事くらいさ」

一方「!!」

フレンダ「大方ここにきたのも麦野か滝壺に釘刺されたからでしょ?」

一方「

フレンダ「図星と取るわよ?いいラビット?私はね、結局麦野への想いに悩むラビットよりも

      私に変に気を遣う『らしくない』ラビットの方がはるかにキモイんだっての」

一方「俺は別に」

フレンダ「別に?麦野へのアピールのつもりで私に気を遣ってるならここに来てないって」

一方「悪ィ」

フレンダ「ハァンっとに面倒臭いわね)」
 

フレンダ「そこの棚の二段目にあるファイル取って」

一方「?ほらよ」

フレンダ「えーっとあったあった。ホラ」

一方「ンこりゃァ」

フレンダ「そ。アミューズメント施設が集中する第六学区のフリーパス」

一方「二枚あるっつーのは」

フレンダ「悩める下っ端少年への『上司』からのお薬って訳よ」





フレンダ「そいつで麦野とデートしてきなさい」

 

一方「で、ででででデートォおおおおおおおおお!!!!!!????」

フレンダ「そう。そんでいい加減前に進んだら?」

一方「だ、だがよ

フレンダ「言ったでしょ。アタシは気にしないでいいって。気を遣われるのも疲れんのよ?」

一方「金髪

フレンダ「さ、行った行った!善は急げよ!」

一方「オウ!金髪!コイツは借りが出来たなァ!!アリガトゥ!!」ガチャ

バタン


フレンダ「ふふふ面白い事になってきた訳よ」
 

一方(やべェ麦野さンとデェト麦野さンとデェト……カカカッ!!)

一方(こりゃァひょっとしたらひょっとすンじゃねェの?)

一方(上手く行けば

    『麦野さン

    『名前で呼んで?』

    『沈利

    『ラビット

    『沈利刹那 in the世界!!』

    『キャッ!お願いラビット、優しくして』)

一方「クカカッキキキ」ニヤニヤ

滝壺「あ、らびっと。もうすぐ夕方だけどごはんの支度とかどうするの?」

一方「ン?滝壺か。飯ねェそォだな、たまには中華風とか――

滝壺「その券どうしたの?」

一方「あァ?金髪にもらったンだよ。コレでm」





滝壺「私と行こう?らびっと」
 

一方「あァあァ!!?ちょっと待て!!コイツは」

滝壺「約束」

一方「あァ!?約束ゥ?」

滝壺「大丈夫、らびっとは約束を反故にするような人じゃないって信じてる」

一方「?」

滝壺「一方通行(今更年上好きなンて言えねェよなァ・・・)

    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1269602743/

    >>867

一方(しまった!)

滝壺「だから一緒にいこ?」

一方(~~~~~~~~ッ!仕方ねェ!!)

滝壺「らびっと?」

一方「わかった



         ただし約束通り麦野さンと一緒にだ」
 
 


・・・
・・・・・・・

~そして現在~

麦野「ラビット、これって日本タンポポだよね?」

一方「ンあァ、カントウタンポポだな。根っこが外来種より短ェからここでも生えてンだ」

麦野「へぇー」

滝壺「あ、あれがゲートかな?」

麦野「そうじゃない?それにしてもラビットよく『3枚』も持ってたわね」

滝壺「?」

一方「あ、あァ。知り合いに不幸の避雷針が居てよ。福引で一発だったぜ」

麦野「何それ。あ、ここが最後尾ね」




滝壺「結構長い列だね。入るのにどれくらいかな?」

麦野「あ、最後尾1時間待ちだってどうする?」

一方「そっちじゃねェよ。こっちだ」


受付「こんにちは!第六学区最大のアミューズメントパーク、イースターランドへようこそ!」

一方「大人三人」ピッ

受付「あ、フリーパスですね。〈ピッ〉こちらの券は今日限りとなりますのでどうぞごゆっくり!」

麦野「へぇあの券って代金タダだけじゃなくて六学区の遊園地の順番もパスなのね」

一方「流石に遊園地内の乗り物とかは順番待ちをするけどな」

滝壺「なんかいいものもらっちゃったね」

麦野「そうねありがとう、ラビット」

一方(金髪にデカイ借りが出来たな)
 
 
 

一方「ン。そンじゃァまず最初は遊園地の定番からだよなァ?」

麦野「ん~定番って言われても

滝壺「アイスクリームとか?」

一方「フツー遊園地でアイスクリームって出るか?」

麦野「ラビット、滝壺に普通を求めちゃ駄目だって

一方「とにかく、眠気覚ましには丁度いいジェットコースターだな」

麦野「へぇ」

滝壺「」コクリ

一方(!!これも金髪のレクチャー通り!)
 
 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。