※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ヘッドフォンチルドレン』

作者:成田 駿(ナリタ シュン)
ステータス:完結済
タグ:長編、ヘッドフォン少女、現代
リンク:(別窓

コメント:
「わたしの知っている人が亡くなると、その人はわたしを殺すために夢に現れるようになる」  
 高校一年生の春、霧野小夜は事故死したクラスメイトの母親、小暮紀美子に、毎夜夢の中で絞殺されるようになる。
 ただの悪夢かはたまた幽霊の仕業か、記憶が薄れず、現実と変わらないリアルな臨場感がある『死の体感』は徐々に小夜の体を蝕んでいく。
 怪奇現象を止めるために事故現場に訪れた小夜の前に突如現れたのは、小さな顔に似合わない、無骨で大きなヘッドフォンをした少女だった。
「幽霊なんてこの世にはいない」
 白いブレザーに身を包んだ少女は続ける。
「だからさ、あなたが苦しめられている女性の正体もね、幽霊なんかじゃないんだよ」
 ヘッドフォン少女×オカルトの化学反応が生み出す新世代学園小説!









| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー