RO > AGIWIZ > 青とんがり考察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とんがり帽子(青)考察

はじめに

 とんがり帽子(青)(以下「青とんがり」)は、AGIWIZ垂涎の品である。
頭装備なのに、AGI+2&FLEE+5されるのだ! これは実に大きい。

 しかし、弱点もある。頭装備によるINT補正の効果が得られなくなるのだ。
(沈黙耐性が得られなくなるのも、地味に痛い)

 本稿では、青とんがりを有効に活用する方法について記したいと思う。

青とんがりの特徴

 まず、青とんがりの特徴をみてみよう。

利点
青とんがりを装備すると、AGI+2&FLEE+5される。
欠点
青とんがりを装備すると、INT-2される(対とんがり帽子orエルダーウィロウ装備)。

 一言でまとめると、青とんがりは、INT-2と引き換えにFLEE+7を得る装備である

 つまり、青とんがりを活用するには、いかにうまくINTを補うかが鍵となる

青とんがり利用前の装備

 まず、青とんがり利用前の、INT112(FLEE重視)装備とINT120(INT重視)装備について考えてみよう。

INT112(113)装備

 INT112装備は、FLEE重視装備である。

 装備なしの素WIZはINT111(=INT99+Job補正12)であるから、あとINT+1必要である。
一般に、このINTはとんがり帽子で補われることが多い。

効果 装備 装備部位
INT+2 とんがり帽子
FLEE+12 Qオットーロッド
- プパ/属性鎧
- 三減盾
FLEE+20 木琴
FLEE+3 チョンチョン
FLEE+1 Sブローチ アクセサリー
FLEE+3 ククレブローチ アクセサリー

INT120装備

 INT120装備は、INT重視装備である。

 装備なしの素WIZはINT111(=INT99+Job補正12)であるから、あとINT+9必要である。
一般に、このINTは以下の装備で補われることが多い。

効果 装備 装備部位
INT+2 とんがり帽子
INT+4 骸骨の杖
- プパ/属性鎧
- 三減盾
FLEE+20 木琴
FLEE+3 チョンチョン
INT+1 Sイヤリング アクセサリー
INT+2 イヤリング アクセサリー

青とんがり利用後の装備

 次に、青とんがり利用後の、INT112(FLEE重視)装備とINT120(INT重視)装備について考えてみよう。

INT112

 青とんがりを装備すると、とんがり帽子のINT+2がなくなってしまうため、INT112達成にはあとINT+1必要である。

 頭装備以外でINT+1を得るには、以下の方法がある。

有用度 装備 装備部位 制限 欠点 備考
Sイヤリング アクセサリー Lv90以上 AGI-1 持ち替えを全部作る必要がある
Sメモライズブック マジ系のみ 所持量-70 三減盾を全部作る必要がある
イビルドルイドカード 鎧による 自ヒール不可 ヒール時に持ち替えが必要
× 子デザートウルフカード 鎧による 属性鎧不可 他の鎧カードを併用できない
× Sスタッフ 魔法職のみ FLEE-3 青とんがりの効果が落ちる
× イヤリング アクセサリー Lv30以上 AGI-2(-3) 青とんがりの効果が落ちる

 もっとも有効なのは、SイヤリングとSメモライズブックである。
ともに装備部位のカードを利用することが可能で、これらを装備することによるデメリットはほとんどない。
ただし、複数のカード全てをSイヤリングorSメモライズブックでそろえる必要があるため、財布に対する圧迫は大きい。

※裏技として、アスレチックイヤリングを作るという手もある。これなら1個だけで済む。
 ただし、後で売るのはほぼ不可能と思われるので注意すること。

 Sイヤリングを選ぶとFLEE+6Sメモライズブックを選ぶとFLEE+7の効果が得られる。

 次に有効なのはイビルドルイドカードである。
イビルドルイドカードは、一般に不死属性鎧を実現するものとして認識されているが、実はINT+1の効果もある。
しかし、重要な装備部位である鎧がふさがってしまうこと、ヒール時には着替えないといけないことを考えると、
イビルドルイドカードの選択は最善手とは言いがたい。(騎士団へ篭るにはいいかもしれない)

 イビルドルイドカードを選ぶとFLEE+7の効果が得られる。

 子デザートウルフカードとSスタッフとイヤリングは、あまり有効ではない。
この3つを利用すると、たしかに安価にINT+1を得られるのだが、その代償が少し大きすぎるのである。
子デザートウルフカードは属性鎧やプパ鎧が装備できなくなるし、SスタッフとSイヤリングはFLEEが大きく減少してしまうのだ。

 子デザートウルフカードを選ぶとFLEE+7の効果が得られる。SスタッフとイヤリングではFLEE+4の効果しか得られない。

 よって、青とんがり利用時にINT112を実現するには、SイヤリングかSメモライズブックを装備するのが最善と考えられる。
二つのどちらを選ぶかは、所持量とFLEEのどちらを重視するか次第だろう。

INT120

 青とんがりを装備すると、とんがり帽子のINT+2がなくなってしまうため、INT120達成にはあとINT+2必要である。

 頭装備以外でINT+2を得るには、以下の方法がある。

有用度 装備 装備部位 制限 欠点 備考
Sメモライズブック マジ系のみ 所持量-70 三減盾を全部作る必要がある
イビルドルイドカード 鎧による 自ヒール不可 ヒール時に持ち替えが必要
イヤリング アクセサリー Lv30以上 アクセカード不可 アクセスキル時に持ち替えが必要
× 子デザートウルフカード 鎧による 属性鎧不可 他の鎧カードを併用できない

 それぞれがINT+1の効果(イヤリングはSイヤリングと持ち替え)であるため、INT120を達成するには2つ装備する必要がある。

 もっとも有効なのはSメモライズブックである。
INT+1なのにスロットがあり、盾カードを利用することが可能である。
ただし、三減盾全てをSメモライズブックでそろえる必要があるため、財布に対する圧迫は大きい。

 次に有効なのは、イビルドルイドカードとイヤリングである。
イビルドルイドカードは、一般に不死属性鎧を実現するものとして認識されているが、実はINT+1の効果もある。
しかし、重要な装備部位である鎧がふさがってしまうこと、ヒール時には着替えないといけない。
イヤリングは、魔法発動時にSイヤリングと持ち替えることで、安価にINT+1することができる。
ただし、持ち替えの手間が増え、イヤリング装着時はアクセサリーのカードが使えないというデメリットがある。

 子デザートウルフカードは、あまり有効ではない。
子デザートウルフカードを利用すると、たしかに安価にINT+1を得られるのだが、その代償が少し大きすぎるのである。
子デザートウルフカード装備では属性鎧やプパ鎧が装備できなくなってしまうのだ。

 よって、青とんがり装備時にINT120を実現するには、以下の方法が考えられる。

  1. Sメモライズブック+イビルドルイドカード(INT120)
  2. Sメモライズブック+イヤリング(INT120)
  3. Sメモライズブックのみで我慢する(INT119 XD

※INT120装備の場合は、どれを選択してもFLEE+7の効果を得ることができる。

おわりに

 ここまで、青とんがりについてみてきた。少しまとめてみよう。

 青とんがりを装備するとFLEE+7されるが、INTが-2されてしまう
青とんがりを活用するには、このINT減少分をいかに補うかが鍵となる。

※INT112でSイヤリングを装備する時は、青とんがりの効果がFLEE+6になる。

  • INT112を達成するには、SイヤリングかSメモライズブックのどちらかを装備するのがよい。
  • INT120を達成するには、Sメモライズブックを装備し、かつイビルドルイドカードかイヤリングのどちらかを装備するのがよい。

 青とんがり以外にさらに出費がいるのは頭の痛い話であるが、FLEE+7(2レベル分!)の効果は非常に大きい。
がんばって投資し、青とんがりの効果を最大限に引き出したいものである。

参考文献


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|