偵察行為




作戦

----

○汎用

【装備】
  • 偵察用機材には、歩兵サイズで重量負担にならない程度に高度なものを持っていく。
  • 事前に偵察や持込み装備品について、レクチャーを受けておく。
  • 荷物はザックに入れていく。ザックは容量よりもシンプルな形状であることを優先し、角に引っかかったりしないように注意すること。防水加工もしておく。
  • ザックへ荷物を詰める際は、上部に重いもの、底部に軽いものを詰めることで、疲労を軽減することが出来る。
  • 装備品が不要な音を立てないように、音を立てそうな部分はガムテープで固定しておく。金属同士の接触などにも注意。(猫妖精の感覚で、人間の可聴域より外の音にも気をつけておく)
  • しっかりとした滑り止めが付いた靴を履くことで、スリップしたり余計な音を立てたりしない事ができる。
  • 衣類には、防寒性に優れた生地を使っておく。雅戌や如月敦子、影法師などは雪山に挑んだ経験があるので、その時の経験談を聞いて、しっかりと対策を整えてから向かう。
  • 現地の土を顔や衣服などに塗りつけるか、衣服の色をあらかじめ合わせておくことによって迷彩を行う。
  • 埃などを吸い込んで咳き込んだりしないように、口と鼻は布でカバーしておく。
  • 水分補給は出来るようにしておく。
  • 事前に糖分を摂取し、脳への血の巡りをよくしておく。
  • 出撃前に弁当を食べました。満腹にならず、栄養も足りている状態とし、偵察のためのベストコンディションを確保しています。



【情報確保】
  • 瞑想通信などでデータをやり取りし、全員が情報を共有できるようにする。無線も使えるならば積極的に使っていく。
  • 事前の偵察情報を考慮して行動する。
  • 先行して詩歌藩国での冒険に挑んだ各国に、情報を貰っておく。それらの国には聯合国も多いので、情報を貰うのは簡単でした。
  • 玄霧藩国にも古代遺跡は存在し、そこへの冒険は何度か(幻影使いアイドレスの設定文章などを参照)行われている。探索経験はあり、今回はその時の経験を活かしていく。

○偵察・探索

《陣形》
  • 各人が別の方向を見ることで死角を補い、効率よい探索を行う。
  • 先頭に立つ者の視界は狭くなりやすいので、後続は積極的にフォローに回る。
  • 指揮官は指示を出しやすいように後者の位置に配置する。
  • 幻影などの魔法でカモフラージュされている可能性を考慮し、魔力にも気をつける。詠唱戦部隊と情報をやりとりし、アドバイスを受ける。
  • 後方にいる詠唱戦チームや医療チームと連絡を密に取り合い、専門的な知識による助言を貰うことで情報解析の効率を高める。
  • 情報収集、整理、連絡など担当者を決めて、それぞれが自分の役割に専念することでスムーズに行動を行う。
  • 偵察する際は、「いつ、どこで、どの程度の規模の部隊が、なにを装備し、なにをしていたか」を確実に把握し、仲間に伝える。

《地形》
  • 岩陰など、隠れやすそうな場所については注意を多く傾ける。
  • 大きく開けた場所など、敵性存在が集まることの出来る場所についてはより強く警戒する。大型の敵が存在する可能性も忘れない。
  • 洞窟内ということで、音が非常によく反響する。極力こちらは音を立てないようにしつつ、響いてくる音がないか聞き、情報を得る。
  • 標識など、道しるべになるような情報を発見した場合も鵜呑みにしない。それを利用したトラップが仕掛けられている可能性を考慮する。
  • 曲がり角、遮蔽物には十分に注意し、不用意に飛び出さない
  • 天井や壁の中など、通常ありえない場所からの襲撃にも気をつける。

《体術》
  • 分岐や広場などにすぐに飛び込んだりはせず、一度周囲の様子を伺う。
  • 把握した地形や敵などの位置情報については、都度地図に落として共有化する。
  • 曲がり角など、見えない場所を調べる際には、まず顔を出す。鏡などは反射してこちらに気づかれる可能性があるので使わない。
  • 音によって情報を得る際は、地面などに耳を当てて音を聞き取る。その際、他2名は周囲の警戒を行っておき、また音を立てない。
  • 薄暗い、または完全なる暗闇の中では、かすかな光源も非常に目立つ。発見した場合、すぐに味方へ知らせる。
  • 明るい場所から暗い場所へ移動する際はあらかじめ片目を閉じておき、闇に目を素早く順応させる事で視界を少しでも良くする。
  • 猫妖精はオペレーター技能がある=情報処理能力が高いため、入手した情報をより正確に分析することができる。
  • 一度、周辺視を利用して動くものを探し、違和感を感じないかどうかチェック。詳細は後から確認する。
  • 手を耳にあ立て、集音効果を高める。
  • 壁や床に耳を当てて、伝わってくる音を聞き取る。
  • どこで聞かれているか判らないので足元・足音に注意。ついでに、足跡がないか、埃が積もっていたりしないか調べる。
  • ドアや曲がり角では聞き耳を立てて、足音などがしないか気をつける。
  • 暗い場所を探索するときは一度片目を閉じるなどして目を慣らしておく。暗視スコープなどをつけていられる場合はこの限りではない。
  • 一度通った曲がり角には目印をつけて、堂々巡りになるのを防ぐ。
  • 夜目にも夜戦装備にも頼りきらず、両方を使い分けてより正確な情報を入手するよう心がける。
  • 猫妖精のアイドレス着用者は、感覚・聴覚・視覚・嗅覚それぞれが人よりも優れている。更には猫の第六感的なものも備わっていると考えられるため、偵察には非常に有用である。
  • 常に使えそうな遮蔽物も把握し、奇襲を受けた場合にもぐりこめる位置を見つけておく。
  • 常に退路を確保する。退路情報なども、必ず後方のチームに通達しておくこと。
  • 移動する場合はあらかじめ姿勢を低くし、常に危険に備えておく。
  • 科学技術だけで解明できないような存在があることも充分考慮し、電子機器などに頼り切らない。
  • さじ子指揮官は嗅覚に非常に優れている。この嗅覚も積極的に活かし、周囲の警戒を密にする

《装備》
  • 夜間戦闘行為が可能な猫妖精アイドレスであれば、洞窟内の暗闇であっても視界の制限を受けにくい。
  • 情報のやり取りについては極力瞑想通信を使い、音を立てないとともに距離を隔てた場所へも伝える。
  • 音を立てそうな装備品ははずしたりテープで止めて固定したりする。
  • 大きい武器は何かで包んでおくか、迷彩を施しておく。
  • ミノタウロスが居たりトリアシが居たり、戦闘があれば火薬の臭いなどがするはずなので匂いにも気をつける。
  • 風向き、風の通る方向にも留意する。猫忍者のヒゲは感覚器として高性能。
  • 怪しそうなところは棒や杖などを使って遠くから確認する。転ばぬ先の杖というか、10フィート棒のように。
  • 建造物に戦闘跡がないかなど調べる。人が暮らして居そうな場所であれば、どのくらい前に使っていたものかも見当をつける。
  • 一見安全に見える場所でも急がず慌てず慎重に行動すること。
  • 一度探索した場所は地図を作成しておく。これは後方の医師部隊に具体的な指示を出す事で行ってもらう。

《他》
  • 玄霧藩国にも古代遺跡は存在する。遺跡などの探索経験が既にある。
  • akiharu国より国民の救出依頼が広く伝わっており、その際に探索の際の情報も届いている。
  • 森国人は背こそ高いが、やせぎすなので狭いスペースでも活動に支障がない。


イラスト

----





#ref error : ファイルが見つかりません (URL)

SS


----
「寒いよー」
「やかましい」
心温まる会話を行うのは偵察隊のさじ子とサイレンの二人組である。なお、前者がさじ子で後者がサイレンの物だった。
こんな会話を見ると、二人は仲が悪いのかと思えるかも知れないが、実際そんなことはない。会話だけでなく、少し不安そうに寄り添って歩くその姿も見たならば、むしろ逆に思う者の方が多いだろう。
二人は息と足音をひそめて歩いた。結構寒いので、呼吸にすら気をつけないと白い息が目立ってしまう。これって偵察よりも待ち伏せとかで有効な方法だよなーと考えながらさじ子はちらちらと周囲を見た。マスク(?)をずらし、ぴんとはられた猫のひげがぴくぴくと震えている。どんな微細な反応も逃さないとばかりに、二人は集中した。
まあ、遠くから見ると、猫が二匹じっと立ちつくしてぴくぴくしているようにしか見えないのだが。いやまあそれはそれで和む、という意見もあるが、実際偵察行為を行っている二人にしてみれば細心の注意を払っているわけで、和んでいる余裕なんかは当然持ち合わせていなかった。
「ねえ、さじ子さん」サイレンがぽつりと呟く。
「うるさいだまって探れ」にべもないさじ子。
「カレーの匂いがする。これって敵と関係あると思う?」
「……あ、ごめん。それ私がさっき食べたやつ」
心の底から無関係であった。サイレンはがくりと肩を落とす。
「珍しく匂いでも見つけられたと思ったんだけどなぁ」
「だから素直にひげに頼れ、ひげに。何のために伸ばしてると思ってるんだ」
「うう……面目ない」
がっくりとうなだれながら、サイレンは再びひげをぴくぴくさせた。名前に相応しいサイレンとなってくれればいいのに、とさじ子は思った。口にしようかとも思ったが、あまりセンスがない発言だと思って、やめた。黙ってひげをぴくぴくさせる。
二人の偵察は、今しばらくの時間を必要とする。

(行為)RP


----

応援RP


----
しじま 「偵察がんばって!危ない所は避けて、美味しい所だけ頂いて帰りましょう。」
玄霧  「偵察は大事だぞ。出来れば敵がいなければベターなんだがな」
hako「未踏の地、っていうのより、人の手にかかった遺跡の方が危険度上ですよねぇ… 罠に敵に崩落に。意識集中してくださいー、充分気をつけてー」
hako「前衛からしんがりまで、たくさんの目と耳で協力すればきっと手がかりゲットですよー。空気の流れとか水の音とか、ミョーな岩の軋みとか…ないでしょか」
ゆーね「限界を超えた先に聖地が待っている頑張れうひょー!」
くぅ「今度はどこから攻めてくるの・・・? 見つけて!」
マイム「空に浮いていたり…は、しないですよね? …思い出したら、腹立ってきました」
マイム「あちらより先に、攻撃できるようにしないと」
マイム「見つからないように、コッソリと…」
如月「そーっと、そーっと……見つかったら殺されるわよー……」
黒霧「何ともはや。最近多いよね、こういうの。まあ半青梅異例で不思議な生き物探しにいかされるよりはましだけど」
黒霧「さて、今回の敵さんはどちらかなっと」
アポロ「今のところ、異常無し、ですか。…気は抜けませんけど」
イク「 配置は・・みんなの予測どおり展開してくれてたら、先取りできるんだけど 」
イク「 予測するんだ、情報を処理して、えーと ・・・・・・・こっちかな? 」
睦月 「偵察の皆ガンバレー! 慎重にかつ速やかにだぞー!無駄な時間はなくせー!」
越智大治郎 「探せ探せ探せ!!そこにいるぞー」
睦月 「そうだー 四方八方に注意を向けろー!敵は威圧感も大きいはずだー 見つけやすいぞー!」
越智大治郎 「息を殺してー大丈夫みつからないよー」
睦月 「大丈夫だー 君達は越智さんの女装を覗いても見つからなかっただろー? だから大丈夫だぞー(ぇ」
越智大治郎 「Σ何を言い出す」
睦月 「ふふふ、場を和ませようとしただけだ。緊張し過ぎると上手くいかないからな。肩の力を抜いて自然体でやれー!」
越智大治郎 「よーしダイジョブダイジョブ,がんばれー」
マイム「気をつけて下さいね~」
マイム「敵は体が大きそうなので、隠れるのには向かないかも? 絶対先に見つけられますよ!」
マイム「行ってらっしゃい!くれぐれもお気をつけて…!」
アポロ「無理せず、頑張ってくださいね…」
睦月「周囲に目を配るんだ!」
睦月「気配を探ったりもしろー」
睦月「微細な変化も見逃さないでー」
くぅ「落ち着いてやれば大丈夫よ」
くぅ「慎重に、慎重に。焦ったら何も出来ないよ」
くぅ「よく周りを見てー。見落としの無い様にー」
くぅ「何一つ怪しい物は見逃さないようにっ」


さちひこ@アウトウェイ : 「偵察がんばれー」
玄霧@玄霧藩国 : 「視覚・聴覚をフルに活用するといいぞ」
イク@玄霧藩国 : 「猫ひげで感知してー!」
月代由利@世界忍者国 : 「同業者ふぁいとー!!!!!」
睦月@玄霧藩国 : 「耳を立てて音を拾うんです!」
南無@るしにゃん王国 : 「猫って動くものに敏感なのでしたっけ、暗い所は得意ですよね」
室賀兼一@リワ : 「(静かに、そっと、抜き足猫足忍び足…)」
城華一郎@レンジャー連邦 : 「心を研ぎ澄ませー!」
神室想真@紅葉国 : 「忍者なんですからお手の物のはずですよね。頑張って下さいな」
高渡@FEG : 「猫の耳はよぉーく聞こえるために大きいんですよ!」
よっきー@悪童同盟 : 「まずは落ち着いて。風の動きとか匂いにも気をつけて」
守上藤丸@ナニワアームズ商藩国 : 「偵察の基本は焦らない事ですよーっ。頑張って!」
ノーマ・リー@るしにゃん王国 : 「夜目は利くんだからおちついてーー」
さちひこ@アウトウェイ : 「けっぱれー」
山吹弓美@え~藩国 : 「抜き足差し足忍び足ー見つけても見つかるなー」
ゆうみ@悪童同盟 : 「忍者がんば!」
乃亜Ⅰ型@ナニワアームズ商藩国 : 「忍び足は猫の十八番!頑張って下さい~」
花井柾之@え~藩国 : 「猫忍がんばれーーー!」
蒼燐@リワマヒ国 : 「聴覚も利用してー」
氷野凍矢@世界忍者国 : 「耳をすませてーーー」
織子@ナニワアームズ商藩国 : 「集中して、焦らずに頑張ってください!」
山原水鶏@FEG : 「静かに、静かに…」
真神貴弘@無名騎士団藩国 : 「目を皿のようにして、耳をそばだててしっかり情報を集めてー」
TAKA@たけきの藩国 : 「最初の一歩、丁寧に行きましょう」
玄霧@玄霧藩国 : 「夜目が効くなら多少暗くても問題ないはず!見逃すなよ!」
とよのか苺@FEG : 「猫の直感をいかしてください」
高梨ひひひ@FEG : 「とにかくなんか見つけようぜ!なんもないはずがねーしな!」
雅戌@玄霧藩国 : 「見つけに行きましょう。助け出しに!」
ゆうみ@悪童同盟 : 「そそーっと、すばやくGo!」
城華一郎@レンジャー連邦 : 「肉食獣らしい野性の忍びを見せてくれ」
森沢@海法よけ藩国 : 「あせらず慎重に、些細なことにも注意してね」
東 恭一郎@リワマヒ国 : 「自然以外の音に注意してね!」
マイム@玄霧藩国 : 「気をつけてくださいー。慎重に!」
イク@玄霧藩国 : 「最初から全力前進!!! あわよくばよりも慎重に!」
神室想真@紅葉国 : 「雰囲気も重要ですよ。怪しげなところは重点的に…」
城華一郎@レンジャー連邦 : 「壁や床のチェックも忘れずに~」
高原鋼一郎@キノウツン : 「ボロボロの古城だけど何かし仕掛けがあるかも知れないんで気をつけてー」
浮椎吾@都築藩国 : 「察知!察知!」
ゆうみ@悪童同盟 : 「最初が肝心だからね!」
扇りんく@世界忍者国 : 「気をつけて。そーっとそーっと、慎重にですよ~」
とよのか苺@FEG : 「肉球で足音もしないはず!」
城華一郎@レンジャー連邦 : 「メモも大事よ。どこにヒントが隠されてるかわからないよー」
月代由利@世界忍者国 : 「慎重すぎてしんじゃったりとかもあるから、『適当に』頑張ってー」
テル@るしにゃん王国 : 「きっと」
イク@玄霧藩国 : 「不用意に触るよりも感覚を研ぎ澄まして感じてくださいーー」
テル@るしにゃん王国 : 「きっと何か見つかるのですよ! 頑張って!」
浮椎吾@都築藩国 : 「猫の聴覚見せてやれー」
高原鋼一郎@キノウツン : 「忍んでいけー」
山吹弓美@え~藩国 : 「目を大きく開いて、耳をぴんと立てて!」
東 恭一郎@リワマヒ国 : 「キノウツンの人達が帰ってこないんだから、何かあるから注意して」
夜継景屠@玄霧藩国 : 「地面に盛り上がってるところないー?気になるところはチェックしてみてねー」
高渡@FEG : 「戦闘してるなら派手に騒いでるはず」


森沢@海法よけ藩国 : 「足下に気をつけて。枝やがれきにつまずかないように慎重にね」
織子@ナニワアームズ商藩国 : 「視野を広くして、よ~く見てください~。」
扇りんく@世界忍者国 : 「大丈夫、落ち着きつつ攻めの姿勢で偵察を!」
よっきー@悪童同盟 : 「高地からは見通しいい分目立つから気をつけて」
守上藤丸@ナニワアームズ商藩国 : 「戦闘音楽の正体を確かめないとですね!落ち着いて、焦らず、お気をつけて!!」
蒼燐@リワマヒ国 : 「出来るだけ姿勢を低くしてー」
とよのか苺@FEG : 「雪の上に痕跡とか無いかな?」
高原鋼一郎@キノウツン : 「全景を見て異常があったらそこをしっかり見るんだー」
真神貴弘@無名騎士団藩国 : 「見つからないように慎重に!」
山吹弓美@え~藩国 : 「良い眺めよねー。しっかりと、自分の見つけなくちゃいけないものを見極めて!」
イクト@FEG : 「落ち着いて、あたりの状況を調べてください」
ノーマ・リー@るしにゃん王国 : 「しっかり聞いてー 見逃さないようにー」
スゥ・アンコ@るしにゃん王国 : 「基本中の基本アルよ。しっかりやれアル。」
夜継景屠@玄霧藩国 : 「体勢低くして見つからないようにー」
GENZ@無名 : 「耳を澄まし、目を見開いて探すんだ…!」
玄霧@玄霧藩国 : 「丘自体にも気をつけろよ。急に動き出すかも知れないからな」
室賀兼一@リワ : 「こっそり遠くを視察だ!タウリンはみんな足りてる? 風のにおいに異変は無い?」
ちゃき@るしにゃん王国 : 「太陽を背にすると見つかりにくいぜ!」
ゆうみ@悪童同盟 : 「匂いだけじゃない、いろんなものに気をくばって!」
マイム@玄霧藩国 : 「高い場所からはいろいろよく見えるはずですー」
月代由利@世界忍者国 : 「丘からかー。 向うにばれないようにねー」
高梨ひひひ@FEG : 「うらー、ここ大事だぞー!宝もみっけて、いるなら危ないものも見つけとけ!」
TAKA@たけきの藩国 : 「相手に見つからないように慎重に行動してくださいね」
花井柾之@え~藩国 : 「丘の上は見通しがいいだろうから、相手に気付かれないように気をつけろー」
S43@るしにゃん王国 : 「気を抜くなよー」
ゆうみ@悪童同盟 : 「姿勢は低く、低くね!」
東 恭一郎@リワマヒ国 : 「高いところからだから、よく見えるはずだよ。こっちが見つかっちゃわないように気をつけて」
守上藤丸@ナニワアームズ商藩国 : 「足元にも気をつけてくださいねー」