21600102政策

■北海島近辺への出兵に関する声明文■


 玄霧藩国政庁です。


 昨今の北海島近辺の動乱に対し、国民の皆さんには負担をおかけしています。
 皆さんのお陰で、戦域は縮小され、被害に遭われる共和国民の方はかなり抑えられました。
 ありがとうございます。

 いよいよ、後は騒乱の元の打破を残す所まで事態を進める事ができましたので、
このたび、共和国軍による鎮圧作戦を行なう事となりました。
 これにともない、わが国の藩国部隊も、現地に出撃する事となります。

 この出撃は、動乱の沈静化を行い、広く共和国全土に平穏を取り戻す事を目的にしています。
 そのため、藩国部隊に対しては、潤沢な兵站の用意による食料の配給を行ない、
戦後、褒章も出される予定です。

 今回は、聯合関係にある国のみならず、共和のほぼ全ての国が合同で参加する戦闘となる事が予想されます。
 戦場も、非聨合国となる場合があり、現地での活動に何かと不都合も出ることとなるでしょう。
 当然のことながら、藩国部隊による戦地での掠奪や横暴などについてはあってはならず、
これを厳しく禁じると共に、共和国司令部の下、公正なる取締りを行なっていきます。

 玄霧藩国は、共に和する仲間を助けるため、全力を尽くして本件に当たります。
 国民の皆さんにおかれましては、改めまして、どうぞご理解とご協力を、お願い致します。


                         玄霧藩国藩王 玄霧弦耶
                           同 摂政 雅戌