白いオーケストラとは


青森の3241小隊に指揮官として配属された実験体・石田沙良と、彼女を護らんと戦う谷口竜馬を巡った儀式魔術。
儀式魔術ゲームは2006年2~3月に実施された。

実験体であるために寿命の短い石田沙良を救おうと、或いは少しでも生きながらえさせようと、谷口竜馬は死力を尽くして戦う。
その戦いはセプテントリオンの介入を招き、同時に夜明けの船(アルファ残党)からの介入も招いてしまい、
更にはそれら全てを利用して目的を達成しようとするAの思惑すらも交えて、戦局は混迷を極めた。

プレイヤー側からの介入も統率の取れないものとなってはしまったが、奮闘の結果として、石田沙良及び谷口竜馬の生存は確定。
後の儀式魔術、ターニの帰還を経て、彼らの無事は一先ず守られる事となった、はずである。

竹内優斗はこの儀式魔術中に死亡したと告知されたが、同終盤には香川優斗として復活、再登場している。
香川の名前の初出はこのイベント。

テンダイス上での記録及び経緯はこちら

(余談だが、アイドレス最終戦の戦場が青森である事は、
この白いオーケストラにセプテントリオンが再度の干渉を試みている関係であるらしい。詳細は不明)