※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


回避性人格障害の症状


   * 非難や排除に対する過敏さ
   * 自らすすんで社会的孤立を選んでいる
   * 親密な人間関係を熱望していながら、その一方で、社会的な場面においてはあまりにも引っ込み思案である
   * 他者との交流を避けようとする
   * 「自分なんかふさわしくない」という感覚
   * 自尊感情(self-esteem)の低さ
   * 他者への不信
   * 極度の引っ込み思案(shyness)、臆病
   * 親密さを求められる場面でも情緒的な距離を置いてしまう
   * 非常に自己意識的(=いわゆる自意識過剰)
   * 自分の対人関係の問題について自分を責めている
   * 職能上に問題を生じている
   * 孤独なる自己認識
   * 自分は人より劣っていると感じている
   * 長期にわたる物質依存/乱用[7]
   * 特定の思い込み(fixed fantasies)に囚われる。


コピペ用
・非難や排除に対する過敏さ
・自らすすんで社会的孤立を選んでいる
・親密な人間関係を熱望していながら、その一方で、社会的な場面においてはあまりにも引っ込み思案である
・他者との交流を避けようとする
・「自分なんかふさわしくない」という感覚
・自尊感情(self-esteem)の低さ
・他者への不信
・極度の引っ込み思案(shyness)、臆病
・親密さを求められる場面でも情緒的な距離を置いてしまう
・非常に自己意識的(=いわゆる自意識過剰)
・自分の対人関係の問題について自分を責めている
・職能上に問題を生じている
・孤独なる自己認識
・自分は人より劣っていると感じている
・長期にわたる物質依存/乱用[7]
・特定の思い込み(fixed fantasies)に囚われる。