TextView


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TextViewの基本サンプル

XML定義で表示する場合とオンコーディングで表示する場合の2パターンです。


オンコーディングの場合

JAVAソース

package jp.src_test;
 
import android.app.Activity;
import android.graphics.Color;
import android.os.Bundle;
import android.view.ViewGroup.LayoutParams;
import android.widget.TextView;
 
public class src_test extends Activity {
  /** Called when the activity is first created. */
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
 
   TextView test_txtview = new TextView(this);-------------------(1)
   test_txtview.setText("TextViewのテスト表示");------------------(2)
    test_txtview.setBackgroundColor(Color.rgb(255, 33, 66));-------(3)
    test_txtview.setTextColor(Color.rgb(0,0,0));-------------------(4)
 
    setContentView(test_txtview, new LayoutParams(--------------(5)
        LayoutParams.FILL_PARENT,
        LayoutParams.WRAP_CONTENT));
  }
}
 
(1) TextViewクラスを宣言します。
(2) 表示する文字列を設定します。
(3) 背景色を設定します。
(4) 文字の色を設定します。
(5) TextViewのサイズを指定して表示させます。


XML定義の場合

JAVAソース

package jp.src_test;
 
import android.app.Activity;
import android.graphics.Color;
import android.os.Bundle;
import android.view.ViewGroup.LayoutParams;
import android.widget.TextView;
 
public class src_test extends Activity {
  /** Called when the activity is first created. */
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
 
    setContentView(R.layout.test_textview);-------(1)
    TextView tview=(TextView)findViewById(R.id.txtview);-------(2)   }
}
 
(1) "test_textview"という名前で作成されているXMLファイルを呼び出します。
(2) 表示したTextViewのインスタンスを作成します。


XMLファイル

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  android:orientation="vertical"
  android:layout_width="fill_parent"
  android:layout_height="fill_parent"
  >
<TextView
  android:id="@+id/txtview"-------------------(3)
  android:layout_width="fill_parent"---------(4)
  android:layout_height="wrap_content"---------(5)
  android:background="#ff3366"---------(6)
  android:textColor="#000000"---------(7)
  android:text="TextViewのテスト表示"---------(8)
  />
</LinearLayout>
 
(3) "txtview"という識別名でTextViewに一意になる識別子を与えます。
(4) サイズを指定します。
(5) サイズを指定します。
(6) 背景色を指定します。
(7) 文字色を指定します。
(8) 表示する文字列を設定します。

このサンプルでは"test_textview"というXMLファイルを定義してTextViewオブジェクトには"txtview"という識別子を与えています。 プログラム側は定義名と識別子で画面表示を行います。


実行結果

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|