プラグイン設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プラグインとして追加

Android SDKをeclipseのプラグインとして使用する設定を行います。

eclipseを起動して下さい。
起動が完了したらメニューから [ヘルプ(H)]-[新規ソフトウェアのインストール] を選択します。
この画面が表示されたら"追加"ボタンを押下します。

名前とロケーションを入力して"OK"ボタンを押下します。
(1)名前:任意(例:AndroidSDK)
(2)ロケーション:https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
前の画面+に戻るとダウンロードができる一覧が表示されます。


全て選択した後に"次へ(N)"ボタンを押下して下さい。


確認画面が表示されるので"次へ(N)"ボタンを押下して下さい。


インストール画面が表示されます。
"使用条件の条項に同意します(A)" を選択すると"完了(F)"ボタンが押せるようになるので押下します。


インストールが完了すると下記の画面が表示されるので、再起動します。


再起動が完了したらツールバーを確認します。
AndroidSDK用のAVDマネージャアイコン が登録されています。



Android AVDマネージャの設定

Android SDK用ツールの設定を行う。
完了すればeclipseからAndroidアプリケーションの開発とエミュレーターの起動ができるようになります。


eclipseのメニューバーから [ウィンドウ(W)]-[設定(P)] をクリックして設定画面を表示します。
画面が表示されたら左側のメニューからAndroidを選択します。
画面の表示内容が切り替わったら、SDKロケーションの欄に [SDK_HOME] を入力します。


ロケーションの設定が済んだらAVDマネージャを起動します。
アイコンをクリックください。


AVDマネージャが起動したら左側のメニューからAvailable Packagesを選択します。
画面が切り替わりURLが表示されるので、チェックボックスにチェックを入れます。


画面が切り替わって、ダウンロード対象となるファイルの一覧が表示されます。
"Install Selected"ボタン を押下して下さい。


確認画面が表示されるので"インストール"ボタンを押下します。



インストールが開始されます。
全てインストールされると画面が閉じます。これで環境の構築は完了です。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|