南京大虐殺の正体

■映像の捏造





■写真の捏造





満州事変から支那事変に至る「日中歴史問題」全般については、中国はなぜ反日か? を参照願います。
ここでは「南京大虐殺」に焦点を絞って説明します。

「南京大虐殺」については、
 (1)現在では、中国や朝日系・毎日系メディアの主張する(かって主張していた?)「30万人虐殺」説については、もは
   や信じる者は国内では少ないものと思われます。
 (2)問題は、規模はずっと小さいが通常の戦闘行為とは別に数百人から数万人規模の市民虐殺があった、とする説です。
   保守派の一部や当サイトの閲覧者にも、この説を信じ込む者が相当数見受けられます。
 (3)更に、"日本は中国に侵略戦争を行ったのだから、事実関係や人数に関わらず日本は中国の言い分を(事実とは限ら
   なくとも)無批判に肯認せよ"とする論調もあります。現在の朝日系・毎日系メディアの基調はこちらと思われます。
以下、史実に即して(2)及び(3)の当否を論証します。

1.「南京」までの経緯:支那事変(日中戦争)は侵略戦争だったのか

◆「侵略」か「侵攻」か・・・まず言葉の定義から
①侵略…他国の領土に侵入してその領土や財物を奪いとること(例:侵略戦争)[広辞苑]
 = aggression…the action of attacking without provocation[ODE] (挑発によらない攻撃行為)
②侵攻…他国または他の領土を攻め侵すこと。侵犯[広辞苑]
 = invasion…an unwelcome intrusion into another's domain[ODE] (他国の領域への招かれない侵入)

◆支那事変(日中戦争)は中共の陰謀工作で勃発(侵略戦争ではない)
支那事変に至る過程を丹念に調べると、共産党の延安移転後に連続して不可解な事件が起きている事が分かる。
①共産党討伐を優先し満州国を半ば容認していた蒋介石の国民政府と、②事変不拡大方針のはずの日本が、何者かによって無理やり戦争に引きずり込まれていった様子が下の年表から伺える。
1 昭和11年(1936) 10月 共産党延安に移転 蒋介石の討伐を避けるため、江西省瑞金から陝西省延安に移転
2 12月12日 西安事件 共産党討伐軍督励のため西安に入った蒋介石が、旧満州軍閥の張学良に拘禁され助命と交換に共産党への攻撃停止を呑まされた事件
3 昭和12年(1937) 7月7日 盧溝橋事件 北支事変勃発(※但し日本は戦線不拡大方針)
4 7月29日 通州事件 北京近郊の通州で日本人居留民230数名が中国兵に虐殺され、国内世論沸騰("暴支鷹懲"当時の日本は米国の9.11状態に)
5 8月13日 第二次上海事変 上海租界が中国軍に攻撃される。日本の意に反して華中に戦線拡大
6 9月 第二次国共合作 12月7日には、国民政府(蒋介石)重慶に移転
7 12月13日 日本軍南京攻略 直後から「南京虐殺」のプロパガンダ始まる(欧米、特に米国に対して日本に制裁を加えるよう政治工作)
中共の工作により起きた盧溝橋事件の3週間後に、北京近郊の通州で中国兵による日本人居留民(実際には朝鮮系民間人多数含む※朝鮮人は当時は日本人)虐殺事件(通州事件)がおき、日本国内の世論が激高。
更にその2週間後に、今度は上海の居留地に中国軍の攻撃があり、遂に日本は居留民保護と中国懲罰のため本格的軍事行動に出ざるを得なくなった。
 いわば、9.11テロに襲われたアメリカが、世論激高してアフガニスタンに軍事"侵攻"するに至った状況に相当。
 (中国軍が上海の日本租界に"侵略"したために勃発した、という意味で国際法上「中国の侵略戦争」と言ってもいい)

2.通州事件 ;実際にあった大虐殺

「南京大虐殺」の真偽を考える場合に大きなヒントとなる実際にあった大虐殺「通州事件」についてリンク先から引用します。
昭和12(1937)年7月29日、北京の東方は、冀東(きとう)防共自治政府の首都・通州(下写真は当時の通州)で「大虐殺」がなされました。いわゆる「通州事件」と呼ばれるものです。「南京大虐殺」が大々的に取り上げられるのとは反対に、何故か、意図的に年表からも削除されている事が多く、教科書にも全く取り上げられる事の無い、この「通州事件」について、今回は書いてみたいと思います。
「通州事件」 ── 又の名を「通州大虐殺」とも呼ばれるこの事件は、「廬溝橋事件」の3週間後、起こりました。
当時、通州には、「廬溝橋事件」の余波で避難していた婦女子や朝鮮人(当時は日本国籍だった)を含む日本人居留民、天津特務機関長・細木繁中佐ら軍人等200余人が住んでいました。通州には、日本軍の守備隊も駐屯していたのですが、たまたま、主力が南苑攻撃の為、町を離れ、僅か110名の留守部隊しか残っていなかった所へ、支那保安隊千数百名が襲撃を掛けたのです。
通州を襲撃した支那保安隊は、多勢にものを言わせて日本軍守備隊を全滅させ、余勢を駆って、何とあろう事か、日本人居留民をも「標的」にしたのです。支那保安隊は、日本人居留民を通州城内に全員集め、城門を閉めた上で(要は城外へ逃げられない様にして)、日本人居留民の住宅一軒々々に火を放ち、女性には暴行を加えた上で局部に丸太を突き刺す等して殺害、子供は両手・両足を切断し、男性には首に縄を巻き付けた上で引き回す等、「残虐」の限りを尽くしたのです。前回のコラム(『83.「日本軍国主義」の象徴 ── 「南京大虐殺」等あり得ない!!』)で指摘した「屠城」。正にその「屠城」が現実のものとして、支那保安隊によって繰り広げられた訳です。
「廬溝橋事件」は、日本軍と支那・国民党軍と言う軍隊同士による軍事衝突でした。しかし、「通州事件」は、支那保安隊による日本人居留民 ── 「民間人」への殺戮行為でした。これは、明らかに国際法違反です。しかも、その殺害方法が、正に「屠城」そのものであり、残虐極まりないものであった事も重要です。支那は現在も、ありもしなかった「南京大虐殺」を持ち出しますが、こと「通州事件」については、自らの過ちであるにも関わらず、謝罪も補償も一向にする気がありません。支那が「正しい歴史認識」と言うのであるならば、虚構の「南京大虐殺」を主張する前に、まず「通州事件」における日本人居留民虐殺について明確に謝罪すべきです。
通州事件については犠牲者名簿があり、当時、日本の外務省も公式声明を発した(デリシャス冷珈琲氏)
※他にも支那国民党軍政権下の軍閥等による日本人などの外国人虐殺・掠奪・暴行は、「 済南事件 」(1928年)や「 南京事件 」(1927年)が存在する。済南事件の犠牲者の凄惨な姿は虚構の「南京大虐殺」の犠牲者の姿に捏造利用されている。他にも上海、蕪湖、鎮江、九江、漢口、杭州、南昌でも虐殺・掠奪・暴行が行われた。

3.南京攻略戦の実写映像・陥落当時の南京市内の様子

通州事件や第二次上海事変に対する懲罰戦として国民の関心も高かった南京攻略戦には、当時の2大新聞であった毎日新聞から約80名、朝日新聞から約70名の報道陣が派遣され、水も漏らさぬ報道合戦が展開されました。
"THE RAPE OF NANKING" IS JUST A PROPAGANDA(南京入城式~城内の実写映像)
※「4.中国側のプロパガンダ映像」の最初の動画と比較すると事実と捏造プロパガンダの違いがよく分かる。

南京陥落当時の貴重な映像(朝日世界ニュース号外&特報)
※コメントを消したい場合は、右下のヒヨコをクリックして下さい。

南京陥落当時の市民映像① 南京陥落当時の市民映像②

南京陥落当時の市民映像③ 南京陥落当時の市民映像④南京市民多数(★必見)

南京陥落当時の市民映像⑤

4.中国側のプロパガンダ映像、旧日本兵の証言のからくり

※不快な映像があるのでご注意願います。映像の評価は各自に任せます。
南京大虐殺 日本軍によるアジアでの 残虐行為Part 1 南京大虐殺 日本軍によるアジアでの 残虐行為Part 2
※日本の対中侵略の計画書とされた「田中上奏文」については、中国側が既に偽書と認める見解を示している。

Testimony of History-The Rape of Nanking 歴史の検証ー南京大虐殺30万の証明
※動画の最初の部分の出演者:夏淑琴さんについては、「5.南京:夏淑琴事件に関する考察」を参照。

南京大虐殺の証拠としてショッキングな写真・映像がよく示される が、時間・場所・人物の特定のない写真・映像をもって一方的に虐殺があったとするのは無理がある。
The Fake of Nangking(南京虐殺は捏造) で分かるように写真・映像は、政治目的によって如何様にも捏造・改編でき、実際にも第一次世界大戦の頃から現在まで、対戦国同士、あるいは対立するマスメディア間で盛んに捏造写真・映像によるプロパガンダ合戦が展開されている。※参考:レバノンでの戦闘におけるロイター通信のねつ造写真(MeineSache氏ブログ)

次に、NHK,TBS,朝日系メディア等で盛んに流される元兵士の証言のカラクリについて検証します。
殺人の無数な日本の古い兵
この人はいわゆる「中帰連」運動家で 悪名高い「撫順戦犯管理所」で中共の思想教育を受け 帰国後一貫して日本の戦争犯罪を糾弾し続けている。
731部隊にも参加して 慰安婦性奴隷狩りもやって 南京大虐殺もこの人がやって コレラ菌や毒ガスもばらまいたと証言している
およそ史実とされる旧日本軍の戦争犯罪には すべて1枚噛んでいると言っていいほど証言している
入隊が40年なのに南京攻略が37年なのはご愛嬌「俺は全部やった!日本は謝罪しろ!」まさにスーパー日本兵
なにしろマスコミが旧日本軍の悪事について書きたいと思ったら みんなとりあえず結論ありきでこの人のところに行く。
そして金子が「俺たち日本軍はこんな悪事を働いた!」と証言し それが新聞や雑誌・TVで無批判に報道され それが海外にまで伝わり 「ほらみろ、やっぱりやってるじゃないか!」という外圧となる。
もう完全に出来上がった図式である。
スーパー日本兵金子安次
金子安次とは何者か?
ジャパン・タイムズが報じた「三光作戦」
都城23連隊(宮崎県)関係者に名誉毀損で訴えられ、敗訴して謝罪した朝日新聞

5.南京:夏淑琴事件 に関する考察

日本でも裁判になったこの事件についてはデリシャス冷珈琲氏が詳しい検証をされています。以下引用。
●検証
①賊が「なかに入れろ」と要求したら、馬氏が戸を開けた。
夏氏が犯人に懇願し馬夫人が犯人に質問しており、会話をしているのだから犯人は支那人。
②婦人が強姦された後、胸を銃剣で刺され、膣に瓶を押し込まれ、赤ん坊は銃剣で刺殺され、他の少女も刺殺され、膣に杖が押し込まれた…
犯行手口から犯人は支那人。
③戸を開けた者を直ちに撃ち殺す連中の前に別の者が跪いて他の者を殺さないように懇願したなんて有り得ない。
④8歳の子供が犯行日時は12月13日9~10時と認識し、更に14日間も経って記憶していたなんて有り得ない。
⑤事件後、向かいが日本軍の宿泊所になり、日本兵が家の庭を通る足音が聞こえる都度布団に隠れ、兵士達が毎日来て家から物を持って行ったのに、4歳の妹も泣き喚いたりせず二人で古シーツの下に隠れていたので発見されなかったなんて有り得ない。
⑥傷を負い這っていた8歳の夏淑琴が、銃殺された母の死体が横たわる部屋で、誰にも見つからず14日間も4歳の妹と生き続けたなんて有り得ない。
⑦12月1日に南京市長、12月8日に支那軍司令長官が、全市民に安全区に移るよう命令し、警察や支那軍による強制退去が行われ、12月13日には安全区以外の南京には誰も居なかった。
犯行は13日より前に支那軍か支那人盗賊が行った。
⑧仮に12月13日の犯行だとしても、南京は前夜から本格的な戦闘状態に突入しており、近所の連中が当該事件に恐れて避難したなんて有り得ない。
⑨安全区国際委員会のマギーが日本軍による犯行だと考えれば、現場の日本軍憲兵隊に通報しなければならなかったのに通報しなかった。
●結論
 犯人は支那軍か支那人盗賊であり、犯行は日本軍が入城した12月13日よりも前に行なわれていた。
日本軍には、アリバイがあった(中略)
マギーの解説書によれば、当時8歳の夏淑琴は犯行日時を12月13日9~10時と証言していた。
しかし、12月13日9~10時に日本軍はまだ犯行現場に行き着いていなかった。
アリバイがあった以上、夏淑琴事件の犯人はやはり支那軍か支那人盗賊のだったことになる。
日本人は普通は中国語を全く話せません。簡単な文体と人称代名詞を覚えたあと筆談で中国人と意思疎通を図るのが普通です。検証①を読んだだけで、これは日本人の犯行ではないな、と分かるはずです。それから検証②は実際にあった虐殺事件「通州事件」を想起させます。
にも関わらず、南京市玄武区裁判所はこの犯行が日本軍によるとする一方的断定の下に東中野氏らに謝罪を求める判決を下し、なぜか日本での一審・二審も、それを踏襲する不当な判決を下しています。
弁護士出身の社民党党首や元日弁連会長 の例を見るとおり、司法界における自虐史観の浸透振りも凄まじいと言わざるを得ません。国家の根幹に関わる由々しき事態であり、多くの国民がもっと関心を持つべきです。
日本の戦後はGHQの公職追放から始まった 国家の名誉を守るのは政治家の責任

6.まとめ

中国側が「南京大虐殺」があったと主張するならば、せめて犠牲者数百名を出した通州事件と同等の客観性を持った資料
を示すべきです。
それさえ出来ないのですから、「南京攻略戦から攻略後における死傷者は通常の戦闘行為における範囲を超えない」とい
う結論にしか成り得ません。
結局、「南京大虐殺」というのは、①通州事件で日本人民間人を実際に虐殺し、また②戦後にチベットで大虐殺を続けて
いる中国が、「自分が日本軍の立場だったら南京で実行した」であろう行為を「日本軍が行った」として展開した、中国
ならではのプロパガンダに過ぎません。
※参考中国の歴史・中国文明

※南京問題小委員会の報告(自民党:西川京子議員)
南京問題小委員会(subcomittee on The Fake of Nanking)① 南京問題小委員会(subcomittee on The Fake of Nanking)②
|
南京問題小委員会(subcomittee on The Fake of Nanking)③

南京事件に関する新事実◇まさに歴史を見直すべき時(桜井よしこ氏)
 歴史を振り返るとき、常に私たち日本人の心の傷としてとらえざるをえないのが南京事件である。戦後教育を受
 けた私は、長いあいだ、日本人は南京で虐殺行為をしたのだと思っていた。報道の分野で仕事をするようになっ
 て初めて南京大虐殺説に疑問を抱くようになった。かといって特に南京事件の調査をしてきたわけではないが、
 外交問題の取材などに関連し幅広く書籍や資料を読むようになった。
 その結果、中国側のいう30万人虐殺はありえないことなどは、比較的すぐに納得できた。
 問題はそこから先である。南京での虐殺はなかったとする書籍や資料を読んでも、私にはなかなか、それは認め
 られなかった。30万人よりはずっと小規模ながら、一般市民の虐殺はあったのではないかとの見方をぬぐい去る
 ことができないできた。
 そんな私の目を大きく開かせる書籍が出た。 
 『「南京事件」の探究』(文春新書)である。著者の北村稔氏は立命館大学教授で団塊の世代、中国近・現代史の専門家だ。北村氏はできうる限り、イデオロギーを排除して客観的事実を掘り起こすことで南京事件を見詰めようとした。
 南京虐殺が存在したと確定されたのが東京と南京で行なわれた戦争裁判の判決書によってであることから、北村氏は2つの判決書がどのような資料と証言によって作成されたかを調べ、それらを逐一、調査する手法をとった。その結果、驚くべきことが分かったのだ。
 南京事件を最初に世界に知らしめたのは、オーストラリア国籍の記者、ティンパーリーの書いた What War 
 Means:the Japanese Terror in Chinaという書籍である。南京事件の翌年の1938年に早くも出版された。
 ちなみに彼は英国のマンチェスター・ガーディアンの中国特派員だった。
 一流紙の特派員で、中国とも日本とも関係のない第三国の人物による書籍との触れ込みで、彼の書籍には信頼が
 寄せられ、残虐行為の有力な証拠ともなった。南京大虐殺の日本断罪は、この書物から始まったともいえるのだ。
 北村氏が発掘した事実は、ティンパーリーの隠された素顔に関するものだ。じつは彼は公平なジャーナリストなどではなく、蒋介石の国民党の対外宣伝工作に従事していたというのである。
 上の事実は『新「南京大虐殺」のまぼろし』(飛鳥新社)を書いた鈴木明氏も指摘しているが、北村氏はさらに調査を進めてさらなる新資料にたどりついた。
 そのうちの1つは国民党中央宣伝処の曾虚白処長の自伝だ。自伝のなかで曾は次のように書いている。
「ティンパーリーは都合のよいことに、我々が上海で抗日国際宣伝を展開していた時に上海の『抗戦委員会』に
 参加していた3人の重要人物のうちの1人であった。(中略)
 我々は秘密裡に長時間の協議を行い、国際宣伝処の初期の海外宣伝網計画を決定した。我々は目下の国際宣伝
 においては中国人は絶対に顔を出すべきではなく、国際友人を捜して我々の代弁者になってもらわねばならな
 いと決定した。ティンパーリーは理想的人選であった。
 かくして我々は手始めに、金を使ってティンパーリー本人とティンパーリー経由でスマイスに依頼して、日本
 軍の大虐殺の目撃記録として2冊の本を書いてもらい、発行することを決定した」
 こうして極めてタイムリーに日本断罪の書が出版されていった。
 公平な第三者の著作のはずが、じつは国民党宣伝部の資金を受けていた人物によって書かれたものだったのだ。それが
 元になって南京大虐殺説が生まれてきた。となれば、南京大虐殺は存在しなかったのだ。
 詳しくはこの書を読み、そのうえで、何が歴史の真実に近いのかを一人ひとりが考えてみてほしい。事実は目前に見えている。まさに歴史を見直すべき時なのだ。
      (週刊ダイヤモンド:平成13年12月1日号]

『南京事件』松原仁x渡部昇一① 『南京事件』松原仁x渡部昇一②
※民主党:松原仁議員と渡辺昇一教授の対談
南京事件:それでも日本のマスコミは黙っているのか① 南京事件:それでも日本のマスコミは黙っているのか②

7.南京大虐殺に関する最新ニュース

(※このコーナーは別ページ南京大虐殺に関する最新ニュースを表示したものです。
目次より直接それぞれの項目に飛ぶことは出来ませんので、お手数ですがスクロールしてご覧ください。)


南京大虐殺に関する最新ニュースはここに集約してください。

 反日議員を落選させる会 「南京大虐殺」という虚妄 
    http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/archives/389992.html
 反日議員を落選させる会 シナの友好に騙されるな
    http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/archives/388270.html

 【南京の実相】 一次資料-国際連盟「2万人虐殺」すら却下 [ch桜]
    http://jp.youtube.com/watch?v=l44Dht22Sk8
    中国が主張する30万人虐殺とは大嘘です。戦争捕虜を含む2万人虐殺でさえ事実無根として戦後間もなく却下されている。

 なぜ南京大虐殺は捏造だらのか
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm5976484
    元兵士の証言を含む


このフラッシュ公開サイト http://jpn.nanjingpedia.com/wiki/?TheTruthOfNanking
ニコニコ動画  http://www.nicovideo.jp/watch/sm1445272

鳩山首相が南京で虐殺があったと認める答弁をする可能性(中国が期待)  (草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN)

■参考



■自虐史観から完全に目覚めるために!セットで読む歴史解説ページ


当サイトは、日本人の自虐史観(東京裁判史観)からの完全脱却を目指します。
ブログランキング応援クリックをお願いいたします(一日一回有効)。



    当サイトは日本唯一の愛国放送・チャンネル桜を応援しています!




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
トップページ /メニュー/常連用
選挙期間対応について
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
再始動
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2016-12-04 06:48:08 (Sun)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2118

更新情報Twitter



更新順にページ一覧表示 作成順[昇順]にページ一覧表示 ページ名順にページ一覧表示
タグ検索 :


タグ一覧 タグ登録が多い順

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→こちら
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする








  サイト運営  

サイト編集











周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民進党










自民党









その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障












 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









主要連動サイト





【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。