■バタフライバレル

  • 新世界樹の迷宮で登場する武器。
  • 特殊な掘り込みの溝で射撃時に不快音を鳴らす蝶模様の銃身と複眼でできた照準器を持つ銃。
  • X 装備していると「いらつく羽音」のスキルが使用可能。(※要・鍛冶強化)
  • 列対象の頭封じのため、これを持たせたガンナーやファーマーがいると第3迷宮あたりまでは「ボスを含めて」厄介な敵を封殺できる。お世話になったボウケンシャーも多いはず
  • ちなみにいらつく羽音は補助スキル分類であり銃専用とは書かれていないが、一応「銃スキル」ではあるらしくアクブ中は2回発動する
  • 成功率もそこそこ高く、しかも発動が恐ろしく早い。収穫祭と組合せ、即死を狙うのも面白い。
  • ガンナーが使い続けるのは流石に厳しいものがあるが、そもそも火力に数えないファーマーなら持たせっぱなしでも気にならない。節約にも繋がってグッド。
  • 発動の早い列頭封じってだけでいつまでも使っていられる神器
  • サブガンナー付けるまでずっとファーマーの愛銃だった
  • 非常に作り易いのも有用性を高めている。後列運用しているファーマーに長期間装備させたっきりのボウケンシャーも多かったのでは?
  • 杖職がいるならコレを使って次はオウルスタッフを作るべし
  • 素材の感電した複眼がまぁ名前通り条件ドロップなのでファーマー使っているのにうっかり素通りして結局使わないままクリアというもったいないことをした…
  • 一層というか「序盤に出るけど終盤まで使っていける武器」、Ⅴからの恒例と化しているようなそうでもないような 次は何が神器となり得るのか
  • Ⅴ以降の鍛冶システムの強みよね、アタッカーは仕方ないにしろ補助役の武器の選択肢が大幅に増えてる ⅢⅣの鍛冶だと基本的に終盤の武器の方が空きスロットも性能も高いからどんどん持ち替えて行っちゃうし(Ⅳルーンワンドみたいな極一部の例外こそあれ)
  • うちのガンナーは第八迷宮序盤までこれを装備していました。今後の状況によっては再び装備する場面もあるかもしれません……。
  • 相手のHPにダメージを与えない封じなので、条件ドロップを狙って削り倒してしまう心配がないのもいいです。おそらく射撃時の不快音効果と思われるので、空砲なのか……特殊な掘り込みの溝を持つ銃であれば常時効果が発動してしまうはずなので、通常射撃には不快音を防ぐ特殊弾を使用しているのか……射撃した側には影響を与えず、狙った相手にだけ効果を及ぼす何らかの特殊な技術が用いられているのか……色々と想像が膨らみます。
  • 少しナウシカの鏑弾を彷彿とさせます。
  • バタフライエフェクトによって、ぐずるで蹂躙されるという未来をも変えてしまう。
コメント: