■LV

  • 世界樹の迷宮シリーズに登場するパラメータ。レベルキャップをしなければ上限は70。世界樹1のみレベル上限は70、それ以外のシリーズ作品は最大99となっている。
  • Ⅱでは引退する度に上限が1ずつ上がり、Ⅲ以降は三竜(Ⅴはクエストボス)を一匹撃破する度に80→90→99と解放されていく
  • ボウケンシャーの中にはギルメンのLV差を極力なくさないと死んでしまう病の人がいる。経験値をあわせないと死んでしまう病も存在するとか
  • 世界樹はどんな職でも必要経験値が同一だから生じる病なんだろう、他のRPGだとキャラによってレベルの上がり方に差異があるから
  • セカダンでは不思議のダンジョンシリーズに合わせて、最初から上限が99となっている。敵モンスターにも、冒険者や別の敵を倒したことで敵が強くなる、というシステムもある。
  • 転職・引退・休養と、制約付きではあるがレベル下げる方法もある。
  • 敵側にも設定されている。SQ1では彼我のレベル差により与・被ダメージにがっつり補正がかかる。他はSQ4以降の作品でFOEのオーラ色に関与するくらいで存在感はさほどでもない。…でいいんだっけ?
  • 5では異常のかかりやすさとかあるんじゃないかなぁ。コウモリが分かりやすい。
  • 攻略に適したLVは今いる階×3あたりが丁度いい感じ。四層あたりになるとスキルが揃ってくるので階数×3よりは若干下がる
  • 個人的に1層が15、2層が30、3層が40、4層が50、5層が60が突破目安と思っている。医術防御+逃走を連打していた旧1以外は自然とそんなレベルになっていた。
  • 二人旅や三人旅だと勿論目安レベルも変わる。戦闘後の経験値も違うし。
  • Vでは20人旅だったので階数×2(例:ラスボスで50弱)程度のレベルだった…勿論6層では上げましたよ
  • ここのページには書いている人はいないけど、適正レベルって言葉は何か違う気がするんです…。
  • 世界樹の迷宮は高難易度だが、基本的にレベルを上げまくれば何とかなる程度である
  • しかし裏ボスだけは(基本的に)Lvでゴリ押しができない。裏ボスまでのゲーム内容はダンジョン踏破も含めて、比較的誰にでもプレイしやすいよう考慮されているのだろう
  • ↑3 適正レベル=開発が想定しているであろう平均攻略レベル、といった意味合いではないでしょうか。
  • それなら目安レベルの方が僕は好きです。適正って書くとそれが正しい、それ以外無いといった感じがしてあまり好きじゃないんです。
  • その発想はなかった。今後は自分も目安レベルという言葉を使わせてほしいです。
  • SQに限ったことではないのだが、特に戦闘後自動的にLvが上がるRPG等の場合、ゲーム内の世界で「誰が基準を作り誰が判定・判断し、その瞬間に突然何が起こっているのか」と常に疑問を感じてきた。自分的に「基準」は〈そのゲーム内における自然の摂理〉「何が起こって」は〈そのゲーム内における生物の強化成長過程〉と解釈してきたが、自分的に説明づけにくいのが「誰が判定・判断し」の部分である。段位とか等級別とかいう類は人が基準を作るが『おもに第三者が判定・判断する作業』が生じてくる。端的に言うとボクシングでの『計量』や相撲の『昇進』もその部類だろうか。例えば某有名漫画では『スカ○ター』という機器を登場させた。そういった設定がリアリティや納得感というものを演出する。古くはWizにおいて『蓄積した経験値を街に持ち帰り宿泊時にLvアップする』という仕組みがあった。これは宿泊施設になにがしかの不思議な機能というような脳内設定補完の材料にもなる。SQにおいてのこの部分をどうするかは今も自分の課題である。『アナライズ』はひとつの鍵になるだろうか。
  • ちなみに同様の機能を持つ『解析グラス』が登場したのは新1からではなかったかと記憶している。これは素材が必要な店売消耗品である。
  • 一方で魔物にLvが設定されたのはSQ4からかもしれない(記憶に自信はない)ちなみにボウケンシャーは一度魔物を倒せばドロップ品以外の詳細な各数値情報等を得ることができる(情報の確度はさほどでもない)素材入手時に相当綿密な分析をしているものと思われる。
  • ↑3 宿泊時にLvアップは寝てる間に「筋肉痛→超回復が完了している」「休憩中や夢の中で経験を整理・反芻している」あたりで理由付けできると思う。ファンタジーは大抵リアルよりも回復力高いだろうからね。
  • ↑4 5では二つ名習得の条件にレベル20以上が含まれている。二つ名を任命しているのがギルド長のエドガー氏だとするならば、彼は他人のレベルを判定できる、ということになる。
  • 詰まったら大抵はレベルを上げれば解決するが、単調になりやすいのでそれは最後の手段にとっておくプレイヤーも多い
  • 5ではレベルが十分だと戦闘から安定して逃走出来るようになってくるのでわかりやすい。
  • 新2とVの毒のダメージは撒いたキャラのLvの数字そのものを参照している。Lvというパラメータがダメージに直結している世界樹では珍しい例。
  • ↑6 モンスターのLvは初代からずっと設定されてる。ただし実際に戦闘に影響があるのは旧1のみ。
コメント: