■断片/インゴット

  • 世界樹の迷宮5に登場する鍛冶専用アイテム。武器の強化に使用する。銅・銀・金の3種類の金属があり、断片が10溜まるとインゴットひとつになる。
  • インゴットを使用して鍛冶を行う場合、一回につき銅で一段階(素材使用時と同等)、銀で三段階、金で五段階(=最大まで)性能が上昇する。
  • 断片はリサイクルからのみ。現物は宝箱、クエスト報酬の他にレムス君にアイテム図鑑の報告が一定数に到達すると貰える
  • 取りあえず稼ぐ目安とにしては武器が安く素材消費が少なく、大量調達が用意という点だろう
  • バイオインゴット?(サバイバー並感)
  • ↑大将はネオサイタマにお戻り下さい
  • インゴットはどんな武器にも使えるので必要素材が大量に余っている場合断片に変換すると強化が捗る、がセリクの怒涛の強化ボイスがDSから響き渡ることになる
  • ガンガン テロン ヤッターウマクイッタヨ×n こうして作られた武器はリサイクルされ断片となりインゴットが作成される
  • その断片精製の光景がマカシトイテヨ ピッ ピッ ヨシ、セイコウダ×n いずれにせよセリクの怒涛の分解ボイスが響くのは明らか
  • なんかスタンプカードみたいなシステムだよなあ。リサイクル1回につきスタンプ○個もらえて、カードが一杯になったら鍛冶1回分無料、的な
  • 金銀銅で性能一緒なんだから無理に銀以上狙う必要なくねと思うのは俺が初心者だからでしょうか
  • ヨシセイコウダを何回も聞くのがかったるいという人向け。まあ金を狙うくらいなら採取武器で銀インゴット作った方がいいと思うがな
  • どんな素材で作られた武器でも金銀銅に変換される超技術。
  • ↑ビスマスやセレンがつおい武器の素材になる世界だしね…
  • 復活に一定日数かかるFOE・階層ボスの条件ドロップで作れる武器など、強化するが面倒なもので使用したい。
  • 性能に関してはこの項目の上段にある内容が全て
  • 金銀銅をどう組み合わせて鍛冶をしても最終的な性能(+5時点での性能)は同じ
  • どのインゴットを使っても最終的な武器性能は変わらないなら苦労して金インゴットを作る意味って無いような……銅2つと銀1つ用意するほうが遥かに楽で効率的だし、そもそも5段階一気に上げなきゃならない局面ってあるのかな?
  • 銅インゴッドを作るためにローパー探してと延々戦い続けるのは心が折れそうになったよ
  • どういう武器をリサイクルすると銀断片や金断片になるの?
  • 雑魚・採集武器は銅 FOE産は銀 ボス産が金だったと思う
  • 一層/二層通常素材 銅断片×3
    一層/二層採集レア及び条件ドロ素材 銅断片×4
    一層/二層FOE素材 銀断片×3
    一層/二層階層ボス素材 金断片×3
    一層/二層階層ボス条件ドロ素材 金断片×6
    一例だがこんな感じ
  • 剣屍を狩るか芋虫狩るかで銀集めるのが一番早い?
  • ↑2 おお、ありがとう。わざわざその階層で区切ってるってことは、私もリサイクルを重ねているので大体察しが付きました。
  • 即座に復活する、もしくは無限沸きのFOEを倒して銀インゴット稼ぐのが宿屋連泊の手間が無いしよさそう。終盤のレベルがあれば二階層の傲慢の通仙坊とかは御しやすいし
  • 終盤のインゴット稼ぎなら三階層の骸骨FOEが沸きの速さとオートパイロット+A連打でオート狩りできてよさげ
  • ↑5訂正 一層/二層階層ボス素材 銀断片×4 でした。。
  • 利用価値としては銅5=銀1.6=金1。
  • 断片という段階を設けるなら、+1~4の武器もリサイクルできるが貰える断片が減る、という形で良かったと思う
  • 銅インゴットなら1Fで鉱石を掘りながらローパーを狩って鎌と弓をバラすのが基本。
  • ボスやクエストFOEの素材集めの手間を減らせる画期的なシステム。非常にありがたいので次回作でも続投してもらいたい。
  • 強化に限って言えば最終盤ボスの条件ドロップを素材とする最強武器だろうと第1層雑魚産の銅インゴットで代替できる謎技術。
  • ↑しかも無料
  • 4の蟲狩辛かったし、そこから改善されたのかな
  • なお、本物の金は軟らかすぎて使い物にならない。ということは、それぞれのインゴットおよび断片は、銅・銀・金の色をした何かしらの特殊素材なのであろう。
  • 白金が水素を蓄える感じでアルカディアのメダル金属は魔力を蓄える材料かもしれん。MATが上がるのはこれを触媒にして魔力を集約できるとか?ちなみに↑で使い物にならないと言っているが、鉄の2.5倍の密度を誇るので、鈍器の心材になら使えるかも。使える力量があれば、の話だが。なお、金と他の金属面との接触部を腐食環境にさらすともれなくそこから錆びていく模様。
  • 武器のランクによって使うインゴットが違うのかと思ったらそんなことはなかった
  • 不毛なボスマラソンから冒険者を解放したゴッド
  • ↑3 某サンドボックスゲームだと金素材はエンチャントに向いてる設定があるし、魔法金属に加工する技術とかも有りそうだな
  • 銅でも最終武器を+3に出来るのありがたいけど、余りにも便利すぎるからFOE武器には銅3つ使って+1、ボス武器には銅5つで+1くらい使うとかじゃないと金インゴッドの立場が無いかも
  • 最初のは+3じゃないよ・・・+5ね
  • イスミールにかけて、インゴットは断片からではなく鉱石からつくるものだ(Skyrim脳)
  • 大市で低層素材MAX、ただ売却するだけになってもの足りない → 六層素材武器購入 → 低層素材武器購入、素材で鍛冶リサイクル → インゴットにして六層武器強化 → 低層を探索し素材入手で再びモチベーションアップ → そんなまどろっこしいことをやっています。
  • ギルメン「銅や銀はまあ、ともかくとして、なんで金のインゴットは換金できないの? いわゆる、金の延べ棒だよね?」  セリク「たとえば装備の製作費用ってのは売値に反映されるよね。それに対して武器の鍛冶やリサイクルにかかる費用は、インゴットに含まれてるんだ。つまりインゴットには、純粋な特殊素材と加工費用という2つの意味合いがあるのさ」
  • ギルメン「それはわかるけど…なぜインゴットが換金できないのかというのは別の話では?」  セリク「それは、そういう決まりだから」  ギルメン「決まりって…」  セリク「それ以上の難しい話は、オイラにはわからないよ。レムスさんあたりに聞いてみたらどうかな?」  ギルメン「……。」
  • ギルメン「と、まあそういうわけなんですが…」  レムス「たしかに君たちの言っていることも一理ある。それが探索の手助けになるのなら、評議会に意見を提出するのもやぶさかではないよ。ただ…」  ギルメン「…ただ、とは?」  レムス「何しろ古い慣習なものでね…組織や行政、政治というものは、変化や前例のないことを好まない傾向があるんだ」
  • ギルメン「でも…どんなことでも、初めてのときには前例はないわけですよね?」  レムス「それは、その通りなのだが…場合によっては街の経済に大きな影響を及ぼす可能性もないとは言えない。いちおう今の仕組みで安定している以上、評議会が消極的、否定的な反応をすることは充分にあり得る。門前払いの扱いとなるか、良くて長期間の議論は避けられないだろう。そのあたりはどうか理解して欲しい」  ギルメン「はあ…(これだからお役所仕事ってのはなぁ……)」
  • 世話人「では、そろそろ私は…あとは若いお二人にお任せするということで…」  女性「あの…ドラ夫さんのお仕事は冒険者と伺ってますが…」  ドラ夫「はい、世界樹の探さk…勤務時間は不規則なんですが、ギルドのメンb…同僚に相談すれば、その辺は配慮してくれると思います」  女性「冒険というのは、やはり危険なことも…」  ドラ夫「まあ不意打ちされて全滅なんてのもザラですが、蘇生も案外カンタンですから」  女性「……。」  ドラ夫「あ、あの…月並みで恐縮ですが、ご趣味は…」  女性「私も月並みなんですが、読書や音楽鑑賞といったところです…ドラ夫さんのご趣味は…?」  ドラ夫「そうですね…最近はリサイクルしたインゴット集めに凝ってます」  女性「?…インゴットというのは…貯蓄や投資のような…?」  ドラ夫「いえ、インゴット自体は換金できません。ただ武器の鍛冶に使えるだけで」  女性「……。」  ドラ夫「これが画期的なシステムでして、強化しても不要になった武器が無駄にならないんです。断片が一定数たまるとインゴットになるんですが、金銀銅と種類がありまして(以下延々」
  • これがないと鍛冶できないと思い込んでしばらく鍛冶敬遠してたのは俺だけに違いない
コメント: