■竜の咆哮

  • 世界樹の迷宮5に登場するドラグーンのスキル。3ターンの間、味方1人の狙われ率と全防御力を上昇させる。
  • 滅竜魔法ではない。
  • 自分にかけてタンク役となるのはもちろん、バンカーやネクロマンサーの死霊やハウンドの鳥犬にかけることもできる。活用の範囲は幅広い。
  • ↑かけることは出来るが効果は無いっぽい。ヒーリングガードのお供に使うのが有用だろうか
  • 街の中でシャウトしてはいけない(戒め)
  • ずっとバンカーにかけてたんだが、意味なかったのか……作戦の立て直しが必要だ
  • 龍の咆哮(≧Д≦)
  • ンアッー!
  • 自分が肉壁になってもいいしフェンサーの引き付け回避を支援してやってもいい
  • ↑*2,3 旧作にビーストロアっていうスキルがあるんだからそっちでやって、どうぞ
  • 石化している奴にかけると単体攻撃に便利、しかも毒もシャットアウト出来る
  • 旧作に於ける挑発と同じスキル。引き付け効果や倍率はわからないが、後に二つ名で先制でこれを使えるスキルが登場する。
  • 「世界樹フォォォォォォォウ‼」
  • 咆哮の内容は、いちおう自由。自分の場合は「デス澤さん最高でーすっっっ!!!!」かな…デスから始まりデスで終わるという(どうでもいい
  • せっかくバンカーに引き付けた攻撃を貰ってしまうのは本末転倒。バンカーがないときに死霊や鳥犬を護るのが使い方か。特に死霊は想定外に減るとネクロマンサースキルの威力が大幅に減衰するため有用かも。
  • 後列に下げて自分に使えば、バンカーでカバーできない貫通攻撃から後列の脆い奴を守れる。前列も脆くなければの話
  • ↑その場合、前列ラインガード、後列これと言うのも有効
  • 強化枠の関係上シャーマンの居るPTとは相性が悪い。
  • 選択できるので間違えて柔らかいクラスに咆哮してまわないよう注意
  • 咆哮ディバイドって言うのはどうかな?白亜ノ森辺りじゃ深王相手に有効な手段だったけど
  • ディバイドのレベルにもよると思うが自分に咆哮かけてラインガードしてるのと大差ないと思うぞ。ディバイドのカット率ってかばう味方の防御力には依存しなかった気がするし
  • ディバイド系の特徴としてディバイドスキルを使った本人に向いた攻撃は軽減しないというものがあるからな
  • ↑3深王に有効だったのは、強化されてるとダメージが大きくなる技を強化されてる味方に撃ち込んでくる←強化されてないキャラでかばえば安全! ということだったし
  • アッサリと沈む死神や、召喚に多大なTPを使用する犬鷹等を使うパーティで使うと相性がいい。全体攻撃には竜圧を。
  • さわやかボイスで自分に使うとちょっとおもしろい
  • 速度補正がかなり弱い(ほとんどかかっていない?)。挑発と同じ感覚で使おうとすると発動前に攻撃が飛んでくる事もしばしば。二つ名習得まで我慢しよう
  • ↑一応かかってはいるのだがそれで補いきれないくらい重装備のドラグーンは遅いようである。後列の支援特化型で他人に竜の咆哮をかけるタイプだと軽装備も可能なのだが…
  • 防御上昇効果とあるがあってないようなモノ、★で10%軽減
  • モエルーワ!ババリバリッシュ!的なものと妄想してもいいかもしれない
  • うっかり別のキャラにかけてしまう時もあるけど名前がとても格好良いので好き
  • 武器スキルにあれば水月やら煉獄殺がもう少し活躍したかもしれない
  • 防御上昇効果を過信して全員に撒いていた自分はただの馬鹿
コメント: