■麻痺

  • 世界樹と不思議のダンジョンの状態異常。
  • 今作の麻痺はダンジョンシリーズ仕様となっている。つまり、一回かかると他キャラから接触があるまで絶対に動けない(非戦闘状態[行動テーブルに表示されているのが味方だけの時]の場合はターン経過で解除される。これは敵も同様)。味方がなってしまった場合は他キャラで麻痺を食らったキャラと位置を入れ替わる、リフレッシュ等の普通の異常解除系のスキル・アイテムを使う等で解除可能。敵に発生した場合は、基本的にこちらから攻撃等をしかけて手を出さない限り何もできなくなる。相手をするのが面倒ならばそのまま放っておくのも手(PCも、麻痺状態の敵は基本シカトしてくれる)。
  • 麻痺は一度ちょっかいを出すと解除されてしまうのでDOEの討伐には向かないが逆に振り切るにはベストな状態異常かもしれない
  • ↑DOEをせっかく麻痺にしたのに誰も行動しないということが起こるよね。封じ切りやらバステ付与やらできることは他にあるでしょうに……防衛戦も全員指揮にして欲しかった。
  • 毒ダメージで麻痺がとける。損した気分。
  • 麻痺は完全放置だと実に30ターンの持続時間を有する。頭・スキル封じにできなかった災厄の木の根は、倒す前に治療スキル持ちを通路に引っ込ませたい。
  • 普通に回復スキルやアイテムで治療できるが、麻痺しているメンバーと入れ替えるだけで直せる。強化系のスキルを受けることでも解除される。小型DOEはルンマスの雷撃→麻痺→雷撃→麻痺…というループでハメることが可能だったりする。
  • 雷系の印術、ヘヴィストライク、雷撃の印石、麻痺の印石、一時しのぎの印石でこれになる。
  • 状態異常なので緊急時にはリフレッシュを使いそうになるが、実際はどんな行動であれ、麻痺したキャラになんらかのアクションを起こすだけでいい。例えばHPも減っていたらヒーリングで回復すればついでに起きる。逆に言えば敵の麻痺も些細なことで起こしてしまうので、範囲スキル等の扱いには注意。
コメント(※500文字まで)